2011/09/06

明日(9/7)オンラインのランチョンセミナーに登壇します

いや~、またまた超久々の更新になってしまいました。皆さん、お元気ですか。

明日、9月7日(水)12:00-12:50に熊本大学eラーニング推進機構のeラーニング授業設計支援室で定期開催している「ランチョンセミナー(第103回)」に登壇します。

このセミナーはAdobe Connect を使ってオンラインでの参加(視聴+チャットでの発言)も可能ですので、熊本以外に在勤・在住の方もご参加いただけます。もちろん熊大関係者以外も大歓迎です。

明日の私のお題は「マイケル・サンデル『白熱教室』のスタイルを検討する」です。

去る8月6~8日に開催されたCIEC(コンピュータ利用教育学会)全国大会で、NHKテレビや書籍類で「白熱教室」として紹介された、ハーバード大のマイケル・サンデル教授が行う「正義論」の授業のスタイル(インタラクティブな講義形式)を検討する同じタイトルのパネルディスカッションが行われ、私(北村)もパネリストとして参加しました。

そこで発表した「『白熱教室』でどのような動機付けがされているか」等の話題の提供や、どのような議論があったかというご報告をします。

よろしければ、ご参加ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/12

授業法第3回

20080112jugyouhou
今日は、日本弁理士会知財ビジネスアカデミーの「授業法(基礎)」 。全4回のコースですが、今回、僕は第3回・第4回の模擬授業のコメンテータとして登板。

今日は、本物の学生を前にした模擬授業の1回目で、授業のガイダンスを行い、学生さんたちには「この授業を受講したいか?」といった評価(投票)をしてもらうというもの。

今回、気づいたことは・・・
実務家としての自分のアピール不足
「弁理士の~です」と講師自己紹介をする人が多いのだが、そもそも学生の多くは弁理士という仕事が分かっていないので、自己紹介後も講師を見る目が変わらないことが多い。実務家教員としては「こんな仕事をしていて、こんな実績があります」「こんな修羅場をくぐりました」といったことをアピールし、学生から畏敬の眼差しで見られるようになりたいものです。

グループワークが大流行
模擬授業の中で、シラバスを配布し、どのような授業を展開するかを説明するのですが、「グループワークを取り入れ・・」という人が多かったのが特徴的でした。この模擬授業では「100人を対象とした知的財産概論」を題材としてるため、グループワークは容易ではない(不可能では無いにせよ)のですが、そこを安易に考えてしまった人が多かったようです。

ただ、これは学校現場でも同じでFDの議論でも「双方向の授業をしよう、だからグループワークを取り入れよう」ということをしばしば耳にします。もちろん、それも間違いでは無いのですが、グループワークが崩壊したときの悲惨さが分かっているのかな?とか、講義だって十分双方向にできるのに・・・と思うことが少なくありません。

もしグループワークをするなら、それが何故必要か?グループワークが最善な方法か?実現可能か?リスクマネジメントは?他の手段は無いのか?といったことを考え抜く必要があると思います。

この「授業法」でも「グループワーク」選択の妥当性を考えてもらうと同時に、代替手段を考えていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/07/14

「授業法」第3日

今日は「授業法」の第3日目。受講者は本物の学生を前に模擬授業をし、本物の学生に評価してもらう。

今日の課題は「オリエンテーション」。各自が設計してきた科目「知的財産概論」の第1回の授業で、「どの授業を履修しようか」と品定めをする学生を前に、自分の授業をアピールするというもの。10分間の模擬授業の後で、学生に「この授業を受講したいか」「この授業は社会人になったとき役立ちそうか」「この授業は眠くなさそうだ」「この講師に魅力を感じる」といった項目について投票してもらい、意見を言ってもらう。

総じて言うと、学生が「履修しよう」と思うのはは
・講師との相性が悪くない(嫌いなタイプの講師ではない)
・何を言っているか理解できそう(論理的である、声が聞きやすい)
・面白そうで、知的好奇心が刺激される(実務家教員ならではの話が聞けそう)
・単位が取れそうだ
と感じる科目のようだ。

そして、オリエンテーションに求められるのは例えば次のようなことのようだ。
・授業の全体像やコンセプトが分かること(どのような知識領域かが見えること)
・具体的にどのように授業が進むかイメージできること
・評価や単位認定がどのような手段と基準でなされるかが明確なこと
・自分達の将来にどのように役立ちそうか分かること
・その講師ならではのトピックなどの「目玉」が分かること

どれも当たり前のようだが、これが案外難しい。
今回の受講者は「実務家教員の卵」だからなおさらなんだけど、既に大学で授業をしている教員にもこれができているかどうか・・・・。

なお、次回の「授業法」は「十八番」、つまり各受講者が一番得意な部分、一番自信がある部分の模擬授業を実施する。どのような授業が出てくるか、そして学生がどう評価するかが楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/09

2007年版「授業法」初日

今日(6月9日)は、ここ数年取り組んでいる「授業法」研修の初日。今年の「授業法」も昨年同様、日本弁理士会知財ビジネスアカデミー(通称「知ビアカ」(^_^;))の一科目として行われる。

この研修はサブタイトル「大学等で知財科目を教える人の必須科目」の名の通り、弁理士や企業の知財部員の皆さんが、大学で知財を教える際に必要な授業設計、シラバスの書き方や授業の進め方を4日間に渡って学んでもらうものだ。大学の経営学部で「知財概論」を教える、というケースに従い、自分なりに授業を組立て、実際に模擬授業を実施する。

このシリーズはすでに4年間やっているけど、修了者の中にも実際に非常勤講師や教員として大学で教える人が増えている。

今年の「授業法」ではテキストを一部改訂することにした。ここ半年で熊大と大分大で教員向けにインストラクショナルデザインのワークショップを行ってきた。そこで得たノウハウをオリジナルテキスト「シラバスの書き方」に反映させた。

初日は、事前課題として「シラバスの書き方」を読んだ上で自分なりに書いたシラバスを持参してもらい、そのシラバスについて受講者の相互コメント+妹尾先生と僕によるコメントで叩き、学んでもらうというプログラム。

去年までは体裁が整っていなかったり、一見してシラバスの体を成していないものが殆どだった。で、それは分かっていながら敢えてそこから「シラバスって何?」といったところ教えることにしていた。つまり、ある種「確信犯」的に不親切なテキストにしていた(去年までの受講者の皆さん、ごめんなさい!)

が、今年はそのレベルは事前に解決してもらい、初日からシラバスの中身に入るように
今年の受講者から出てきたシラバスは、テキスト改訂の結果かなり体裁は整ってきて、一見すると良さそうに見えるものが多くなった。ただし、中身は「このままじゃ授業は出来ないか、出来ても大変」というものが殆ど。

その原因としては・・・
1.授業の「出口」(学習目標)と「入口」(前提知識)が明確になっていない。そのため、最終的にどこに向かうかが自分にも分からなくなったり、あれもこれも押し込んで肥大化してしまったり、逆に必要な学びが欠けていたりする。

2.授業の経験が無いため、90分で収まらない一コマの計画を立ててしまったり、学生に過大な期待をしてしまたり(ちゃんと予習と復習をしてくれるだろう、とか)して、現実性に欠けてしまう。

このあたりのことは、「多分、一度シラバスを書いてみて、叩かれてみないと分からないだろうな・・・」ということで、まさにこの研修を通じて学んだもらいたいことだ。

次回までにシラバスを改訂してきてもらうことになっている。
どんなふうに改善されてくるか、とても楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/25

JSiSE第1回研究会

JSiSE第1回研究会 『eラーニング環境のデザインとHRD(Human Resource Development)/一般』に参加した。今日は発表の予定もなく、一日、じっくりと皆さんの発表を聞けると思っていたら、開会直前に「午前中の司会よろしく」と幹事の仲林先生@NIME、松居先生@早稲田大に言われ、大あわて・・・・(^_^;)

発表の中で印象に残ったものをいくつか。

「仮想学習環境における問題解決型学習を促進するためのセルフアセスメントの提案 -学習体験に基づく考察-」熊大大学院の多賀さん、豊永さんの発表。何を隠そう、僕が担当していた科目「インストラクショナルデザインII」について学習者に学習の途中でセルフアセスメントをさせることで、学習をより確実なものとさせる提案。教員が非力な分、頼もしい受講者が改善を考えてくれている(^_^;)。

 「情報演習における苦手のバロメーターに関する調査研究 ―アンケート結果に基づく仮説の構築―」
萱津理佳さん@長野県短期大学の発表。「Excelが情報に関する苦手のバロメーターになるのではないか」というもの。これは、企業での僕の体験値とも合う。今後に期待。

 「SCORM2004を拡張したダウンロード型モバイルラーニング環境」仲林さん@メディア教育開発センタの発表。
eラーニングの標準規格であるSCORMをケータイにも使えるような開発を続けられている。ひとつの教材を会社や自宅ではパソコンで、そして通勤途上ではケータイで学習できるようになりそう。

「教授トランザクション理論に基づく教材シェルの実行環境の開発」市川さん@岩手県立大学&熊本大学大学院の発表。インストラクショナル・デザインの知識が無い人が、効果的な教材が作れるようなシェル(データの入れ替えが可能なシステム)の開発をされている。

 【特別講演2】「eラーニングと四足の草鞋(わらじ)」古賀暁彦さん@産業能率大学。Sanno e-Learning Magazineでおなじみの古賀さんは、教育事業者(産業能率大学eラーニング開発センター長)、学生(桜美林大学大学院 大学アドミニストレーション専攻M2)、講師(熊本大学大学院 教授システム学専攻の非常勤講師)、eラーニング普及促進者(日本イーラーニングコンソシアム 活用事例委員会 副委員長)という4つの面からeラーニングに関わっている。まとめとして、「一度に着手するには限界があり、どれも中途半端になるけど、一つのネタを別のフィールドで活用することができるし、色々な視点から見るとニーズが分かってくる。」とおっしゃていた。いえいえ古賀さん。どの草鞋も並みじゃないですよ。(^_^;)。

 「遠隔大学院で論文指導をどう行うか:熊本大学教授システム学専攻の事例から」は我らが専攻長の鈴木先生。同期型の学習は出来るだけ避けたい、でも同期型の学習が有効な面もある、という話(ジレンマ)が中心。教授システム学の内幕話も連発で僕はハラハラしつつも、「なるほど、自分達がやっていることって、こういう見方ができるのか・・・」と改めて勉強になった。

 「大学教員の教育力向上に向けたeラーニングコンテンツの試作」加藤由香里さん@東京農工大学。ファカルティ・ディベロップメント(FD:教授団の資質開発・教育力充実に関する組織的取り組み)をeラーニングを使ってやろうという試みのご披露。「研修やセミナーだと『授業と重なって出られない』と言って出てこない教員がいるので、その対策としてeラーニングは有効」というお話が印象的だった。

 「知識社会におけるコラボレーティブ・ネットラーニングの活用モデル -e-ラーニングを協働と学習のインフラとして活用するには-」下山博志さん@(株)人財ラボ。今後はWeb2.0的にネットワーク上で協調的に知を生成(協創)していくようなコラボレーティブ・ネットラーンイングが企業内教育の中で主流になっていくだろう、という発表だった。

研究会の後は懇親会。そしてその後は三鷹駅そばの居酒屋で恒例「熊大ナイト」が開催されたのでした。これも大事な「同期型」学習の機会・・・・。
20070524_1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/05

データを眺める(CIEC研究会)

今日(1/5)はCIEC(コンピュータ利用教育協議会)の第66回研究会「実践研究における定量的評価の手法に関するワークショップ」 http://www.ciec.or.jp/ja/study/info_ciec66.html に参加。僕自身、実践研究が中心になるため、それをどうやって定量的に評価していくかが関心事(というか悩みどころ)なので勉強しに行った。

本来、研究における定量的評価や統計的な分析は、最初からしっかりとした分析目的を定めてデータを取ってそれを分析していく、ということが理想だし、そう進めることもあるけど、一方で、学校の実践やその成果物は必ずしも明確な目的・計画のもとに実施されているとは限らない。それどころか、当日の講師や参加者の皆さんの話を聞くと、そうではない方が多いようだ。

このような「必ずしも計画的に設計されていない事象の評価を行うためにどうすればよいか」がこの日のテーマ。

報告1「児童・生徒の心の発達とメディア環境等との関連に関する研究」(八王子市立清水小学校 教諭 松波 紀之先生)は急用ができて聴講できなかったんだけど、「基礎からわかる?統計学」と題された配付資料には、統計学の基礎と教員の視座からのポイントが示されていた。

報告2は同志社大学文化情報学部 助教授 宿久 洋 先生による 「必ずしも明確な目的・計画の下に取られていない(大量・複雑な)調査データからの知識発見」。宿久先生は統計を専門にし、大学での統計を教えられている他、統計科学の教育学習環境などにも取り組まれている。講演では実際に授業で使われているスライドも見せていただいたが、統計の「意味」、つまり「何が見えるか」を中心に授業を進められている様子がうかがえた。

宿久先生は「統計的な分析は本来は目的ありきで、可能な限り目的を明確化した上で目的に合わせたデータ収集をするのが基本だが、現実には先にデータが出てきてしまう」と認めた上で、先にデータが出てきた時にもできる対処として

  • データを眺める=データを要約し、それを視覚化していく(とにかく図を沢山書いてみる)
  • データに対応した解析を行う
  • 解析結果(事実)とその解釈を区別する
  • 結果を妄信しない

    を挙げ(これらは目的に合わせたデータであっても留意すべき点)、特に最初の「データを眺める」ことの重要性を強調されていた。

    ちなみに家に帰ってから 同志社大学文化情報学部の教員紹介ページhttp://www.cis.doshisha.ac.jp/professor/n_02/index.htmlを拝見したが、宿久先生の紹介が興味深い上、教員紹介サイトの作りも良くできている。

    Jmp1
    午後は、SAS Institute Japan株式会社 JMPジャパン事業部 竹中 京子さんによるワークショップ「統計解析ソフトJMPを用いたデータ分析の基礎」。JMP(ジャンプ)の使い方を体験版を操作しながら学んだ。この手のソフトを使うのは初めてだったんだけど、かなり面白い。宿久先生が強調されていた「データを眺める」が簡単にできる。こういうツールは高機能・高性能であることも大事かもしれないけど、それ以上「簡単」であることが大事だと思った。「いろいろな方法を使って、様々なカタチで眺めよう」って思って気軽にやってみるためには手順や操作が簡単でなければね。他のソフトは知らないんだけど、少なくともこのJMPは統計の専門家ではない(一応大学では必修科目として勉強したはずなんだけど・・・)僕でも、まさに気軽に使えそうだった。

    Jmp2
    機能として面白かったのは決定木(ディシジョンツリー)の生成。デモでは何千からもなるキノコの中で食べてはいけない毒キノコをどうやって峻別するかの決定木を作ってみてくれた。まずにおいで分類することでかなりの毒キノコを峻別し、次にヒダの色・・・というように生成してくれる。これは、マーケティングなどで良く使うツール(例えば大量の母集団の中から、DMを送って有効なのはどの条件の人たちかを絞り込む、といった使い方)をするそうなんだけど、学習目標を明確化するための分析にも使えそうな気がした。

    ちなみにアカデミックプライスは63,000円と値段も手頃。他の受講者によると、この種のソフトとしてはかなり安い部類で、値段の割には機能は充実しているらしい。

    以上のような実践的な研究会で、良い「聴講初め」になった。

  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006/12/26

    新人研修・OJTを成功に導くための「新人育成セミナー2007 ~実践編~」

    2007年1月29日にレビックグローバル社主催の下記セミナーに登板します。
    よろしければお越しください。
    ちなみに定員90名に対し、すでに50名くらいの申し込みがあるそうです。

    ===========================
    新人研修・OJTを成功に導くための「新人育成セミナー2007 ~実践編~」

    今求められる自律型人材を育成するために企業がすべきこととは何か、また用意すべき環境とはどのようなものか、注目を集める「ワークプレイスラーニング」と「OJT」の考え方を中心とした“実践的”な新人育成方法について熊本大学大学院助教授の北村士朗氏にご講演をいただきます。
    さらに、導入研修で効果を上げるためのツールと、配属後の育成を支援する仕組みについて、具体的な事例を交えながらご紹介差し上げます。人材開発、教育ご担当者の皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

    ■セミナー概要

    対象 人材開発、教育ご担当者
    日時 2007年1月29日(月)13:00-16:00(開場:12:30)
    会場 トスラブ市ヶ谷(東京都新宿区市谷仲之町4-39)

    ・都営新宿線曙橋駅下車徒歩6分
    ・都営大江戸線牛込柳町駅下車徒歩8分
     (牛込柳町駅東口より外苑東口通りに出てください)
    ・地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅下車徒歩15分
    ・JR市ヶ谷駅下車徒歩20分

    参加費 無料
    申込み 定員制(90名様)
    先着順とさせていただきます。
    「お申込みフォーム」よりお申込みください。
    ■セミナー内容(ご紹介する内容は変更する場合があります。あらかじめご了承ください)

    第1部 13:00-14:30
    「OJTの“いま”そして“これから”~ワークプレイスラーニングで新人を育てる~」
    熊本大学大学院助教授 北村士朗氏

    第2部 14:50-16:00
    「新人育成の手法と事例のご紹介」
    株式会社レビックグローバル
    ナレッジ&ラーニング事業部 取締役事業部長 斎藤茂清

    詳細・お申し込みは・・・・
    http://www.revicglobal.com/ja/news/061215.html
    =============================

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006/12/16

    学生って怖い(?)

    今日(12月17日)は東京は秋葉原にある日本弁理士会アキバウイングで日本弁理士会知財ビジネスアカデミーの「授業法(基礎)~大学で知財科目を教える人の必須科目~」第3日。今期は学会などと重なってしまったため、3日目からの登板となった。

    初日・二日目はシラバスの試作とクラス内での吟味・議論をする。そこでの議論を知るために、事務局から提出されたシラバスと受講者間の相互評価の結果を書いたフィードバックシートを送ってもらった。興味深かったのは、学習目標や成績評価が曖昧なものは、「Q1.この先生の『知的財産概論』を履修したいと思いますか?」という評価項目についての点数が低かったこと。やはりしっかりしたシラバスは、その科目の魅力にも直結するようだ。

    20061216jyugyouhohou
    さて、3日目は授業法名物、本物の学生による授業の評価が行われる。受講者は科目の第一回の冒頭10分、つまり科目のガイダンスを行う。通常、この部分を聞いて学生はその科目を履修するかどうかを決める。今日も、「この授業をを履修したいか?」「友人に履修を勧めるか?」「社会人になったときに役立ちそうか?」といった項目について,「学生役」として集まってもらった本物の学生10人から評価してもらう。

    今日、学生からのコメントで興味深かったものをいくつか並べると・・・。


    <履修したいと評価した学生のコメント>
    ・講師の人間性に魅力を感じ、授業を聞いてみたいと思った。
    ・この科目は楽勝そうなので、MLで友人に「単位もらえそうだぜ」と勧めようと思った。
    ・何人かでローテーションして代返し、毎時間の資料さえゲットすれば単位が取れそう。
    ・大学の先生からは聞けなそうな、現場の話が聞けそうで勉強になりそう。

    <履修したくないと評価した学生のコメント>
    ・事実の羅列だけの授業はつまらない。何かを語りかけてくれないと。
    ・(携帯を身近な知財の例として挙げた受講者に)携帯は身近すぎて話題性がない。
    ・講師の人間性は魅力なんだけど、話が論理的じゃないので聞く気になれなかった。
    ・大学の普通の先生と同じでつまらなそうだから、履修する気になれなかった。

    学生の怖さを受講者は痛感したようだ。
    ちなみに「大学の普通の先生みたいでつまらない」という発言が結構多かった。う~む・・・・・。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006/12/14

    学内からの研修実施提案

    20061213sdwg_001_1
    今日の人材育成WGは、メンバー以外のプレゼンから始まった。先日実施した係長研修の参加者の一人が、学内のコミュニケーションを良くし、生産性とモチベーションを上げるために、コミュニケーションスキルの研修をしてはどうかという提案を自主的にしてくれた。聞いていてとても嬉しかった。係長研修のテーマは「自らが起点になって何かを始める。何かを変える」だったんだけど、それが目の前で実践されているんだから!これこそ、自分が所属する組織内の教育を組織の一員として実施する醍醐味だよね。

    提案は、新入職員研修の参考にするとともに、選択制の研修として検討することになった。

    もう一つ嬉しかったのは、提案をしてくれた係長にそのままWGをオブザーブしてもらい、最後に感想を聞いたら「とても良い雰囲気の中で、とても熱い議論がされていてすごいと思った」と言ってくれたこと。こういうWGは楽しく、激しくやらなくちゃね!

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006/12/02

    2006九州PCカンファレンスin熊本大学(初日)

    20061202pcc_001今日(12月2日)は2006九州PCカンファレンス in 熊本大学の初日。

    鈴木先生の基調講演「インストラクショナルデザインとeラーニング」に続いてパネルディスカッション「eラーニングの現場・現状・現実」にコーディネーターとして登板した。

    パネラーは英語教育のeラーニングに取り組まれている西嶋 愉一(金沢大学外国語教育研究センター)、遠隔教育のご経験が長く、基礎学力の測定と向上に取り組まれている鍵山 茂徳(鹿児島大学学術情報基盤センター)、文科省「IT人材育成プロジェクト」の研究指定校として高校でeラーニングを授業や資格取得などに活用されている太田 浩樹(熊本工業高等学校)、そして熊本大学の情報教育の中心スタッフである右田 雅裕(熊本大学総合情報基盤センター)の各先生だ。

    普通、こういったパネルって何となく予定調和的だし、壇上の人たちの周りでは物事がうまくいっている印象を聴衆としては抱いてしまい、聴衆は「それに比べてうちは・・・」って思ってしまうことが多い。下手をするとコンプレックスさえ抱いてしまうことも・・・。僕も聴衆としてはそうだったけど。

    そこで今回は、壇上の皆さんに「悩み、相談したいこと」を出していただき、それを会場の皆さんと一緒に考えていこうというしつらえにした。どんなお悩みかは資料をごらんいただきたい。

    資料(PDF 132KB)

    もちろん会場の皆さんからのご相談もあり。しかも、「会場の皆さんもパネラー」と宣言し、壇上のパネラーが会場の誰かを指名して発言してもらってもよい(とうか指名されたら発言しなくちゃいけない)というルールにした。

    結果としては、会場と壇上が一体になったセッションになれたのではないかと思う。

    みんないろいろな苦労をしながらも、やっぱりeラーニングの可能性、たとえば従来ではできなかった学習の個別化(受講者のレベルやペースにあった学習の実現)や、時間・距離の制約からの解放、紙の教材や講義ではできなかった何かができる、といったことを信じて頑張っているということ、そしてそのためにも、従来の教育の方法のままeラーニングに載せるのではなく、新しい学習の姿を考えたり、理想と現実のギャップをと捉えいかに理想に近づけるかを考えたりすることが大事、だということをみんなで共有できたと思う。

    パネルの後は懇親会で、そちらでも司会(^_^;)。eラーニングカンファレンスのトラックでも司会的な役割だったので、なんだか今週は司会漬けな週な気がした。

    それはさておき、九州のCIECの皆さん(教員、研究者、生協スタッフ)はいい感じで繋がっていることを感じることができた。これから「ご近所」の皆さんといろいろ仕掛けていきたい。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    その他のカテゴリー

    000_information | 000_お知らせ(旧notebook) | 100_教育・学習 | 110_熊本大学 | 111_教授システム学専攻 | 112_現代GP(elこころ学習) | 113_情報教育 | 114_熊本大学SD(職員の人材育成) | 120_東大先端研&SLC | 121_NPO産学連携推進機構 | 122_日本税理士会知財ビジネスアカデミー | 130_eラーニング | 131_日本eラーニングコンソシアム | 132_日本教育工学会 | 133_CIEC | 134_教育システム情報学会 | 139_sigedu | 140_インストラクショナル・デザイン | 141_授業改善・講師スキル・FD | 142_学習環境デザイン | 150_企業内教育 | 151_教育ビジネス | 151_社会人教育 | 160_キャリア | 170_コンセプトワーク | 180_プレゼンテーション | 190_CS | 200_シスアド稼業 | 210_Linux・Samba | 230_博物館・美術館 | 240_Beatセミナー | 300_身の回りのコト・モノ | 310_萬年筆 | 320_ケータイ(W21SA) | 330_伝統芸能から学ぶ | 390_オモシロイもの | 400_熊本 | 401_熊本土産ミシュラン | 402_お土産ミシュラン@熊本 | 403_熊本ラーメン | 410_秋葉原 | 420_神保町 | 430_丸の内 | 440_福生・青梅・奥多摩 | 450_六本木 | 460_三田線沿線 | 461_三田・田町 | 462_羽田空港 | 500_鹿島アントラーズ | 600_モータースポーツ | 810_アニメ・マンガ | 820_デジタルアート | 830_映画 | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ゲーム | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 音楽