« 2004年12月19日 - 2004年12月25日 | トップページ | 2005年1月2日 - 2005年1月8日 »

2005/01/01

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

2005年が皆様にとって幸多いものになりますよう、心からお祈りしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家の今年の年賀状

nenga2005dあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2004/12/26の日記「娘とGIMPで年賀状」にも書いた我が家の今年の年賀状の絵柄です。
(画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/31

大晦日にはWeb作り

これも毎年の我が家の恒例行事。「新年ご挨拶」のWebページを作っている。

内容は今年(2004年)の我が家の出来事と、来年(2005年)の目標。
撮り溜めたデジカメの画像を見なが3人でこの一年を振り返り、次の年の目標を立てそれを語り合う大事な時間になっている。

このWebページにはプライベートな写真も沢山貼ってあるので、親しい方にしか公開していない(URLとID、パスワードは年賀状や年賀メールに書いてお送りしている)んだけど、もし「おい、私にゃ見せてくれないのかぁ」という方がいらっしゃれば私にメールを下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は大雪!

PICT0569大晦日の今日、かなりの大雪になった。
僕の車はランサーGSR(4WD)なので、進むには良いんだけど、タイヤがスタッドレスタイヤじゃないので、止まれない・止まらない。ちょっと強めにブレーキを踏むだけでABSが効きまくる、という大変な路面状況だった。

ウチの周りは銀世界。今日はおとなしく、せっせと恒例の新年ご挨拶ホームページを制作しよう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/30

萬年筆と年賀状

年の瀬と言えば年賀状。
僕は毎年、年賀状を書きながら、もう一つの行事をすることにしている。
というより、もう一つの行事をしながら年賀状を書いていると言った方が良いかもしれない。

その行事とは萬年筆の掃除だ。
pens

一年間使った萬年筆を全部、超音波洗浄機(よくメガネ屋さんの前に置いてあるやつね)でペン先を洗浄し、その試し書きを兼ねて年賀状に書いている。自分の萬年筆をずらっと並べるだけでも気分が良いんだけど、それに加えてペン先をきれいにしながら、全部の萬年筆の書き味を楽しめる
clean

超音波洗浄機にかけると、固まってしまった萬年筆のインクがどろどろと溶け出して、ペン先はものすごくきれいになる。普通に水で流しただけじゃ、こんなにはきれいにならない。
それにインクの出が良くなる上、凝固した分のインクが無くなるせいか固まりやすい色のインクは色が綺麗に出るようになる。グリーンなんかはどす黒い色だったのが、すごく鮮やかになった。

ちなみに今年買った万年筆は2本。
newpens
上の萬年筆が、モンブランのフィッツジェラルド。誕生日祝いに妻と娘から資金援助してもらい(^-^;)オークションで手に入れた。
下の萬年筆は仙台は大橋堂さんの萬年筆。オアゾのオープンイベントの一環として丸善に出張販売で来られていたときに買った。

ペン先の掃除をしては、2~3枚はがきを書き・・・といった調子で3時間くらいかけて作業は完了。
今年一年、僕と一緒に頑張ってくれた可愛い萬年筆たちをねぎらいながら、楽しく過ごすことができた。

ただ、今年はインクジェット用のはがき(萬年筆と相性が悪い)を買ってしまいちょっと苦労した。
太めのペン先でインクの量が多いとにじんでしまい、反対に細めのペンだと紙の繊維がペン先に引っかかってしまい、どちらも書きにくかった。来年は普通のはがきにしようかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/27

若鹿優勝!エンブレムへの誇りとジーコイズム

大阪は長居スタジアムで行われたJユースCUP2004決勝で鹿島ユースが2連覇中の広島ユースを下しチャンピオンになった。
やった~! \(^o^)/

ここまでの決勝トーナメントは堅守で勝つというトップチーム譲りの試合(守るけど点数が少ないのはトップ譲り・・・という口の悪いサポータも多いけど)を続けてきた鹿島ユース、この試合も0対0のままPKになり、「相手のコースを読むのが得意」と豪語する鹿島のGK杉原がスーパーセーブし、3-1で勝利を収めた。

優勝カップは応援していたサポーターに届けられ、選手・サポータ一緒になって勝利の「オブラディ・オブラダ」を踊り、「アントラーズは無敵だぜ!」を歌ったそうだ。行きたかった・・・(泣)。

僕が思わず(本当に)涙ぐんでしまったのがのが、河崎監督の「やりました!! この(鹿の)エンブレムに誇りを持っていた」というコメント。絶叫していたらしいけど、その気持ちが嬉しい。

僕の大好きな秋田選手が昨年の今頃、アントラーズとして最後の試合になる天皇杯準決勝(僕も大阪まで応援に行った)で負けてしまいピッチを後にする直前に、サポータからの秋田コールに振り返りエンブレムに右手をあてながら、左手を振って挨拶してくれた姿(きっと一生忘れないと思う)を思い出した。

チームのエンブレムは飾りじゃないよね。エンブレムへの誇りをサポータとして大事にしたいし、チームにも大事にして欲しい。

そしてもう一つ、河崎監督はジーコの薫陶を受けて育った指導者。対戦相手を徹底的に解剖する分析、妥協させない練習、そして勝利への執念。「我々はすべてジーコイズムが染み込んでいる」と言っていたそうだ。これも嬉しい。日本代表監督になってからジーコへの批判も多いけど、僕はジーコを尊敬している。僕はスポーツ選手じゃないけど、ジーコの言動から「プロ」というもの、そして「フォア・ザ・チーム」「個性」の大事さを学ばせてもらったからだ。

個性とはチームが成果を挙げるための貢献に必要なもの。
フォア・ザ・チームというのはチームに対して自分を殺すことではなく、チームのために自分の個性を活かし・捧げること。個性を自分のためにしか使わないのであれば、それは単なるスタンドプレイでしかないということ。
そして、チームに貢献するために妥協せずに自分を鍛え、個性を磨き、勝利への執念を持ち続けて戦い続けるのがプロというもの。

こういったことはみんなジーコから学んだ。(って直接お話したことは無いけど・・・)

今年一年、アントラーズ関係では、トップチームの成績不振やサポータとチームの間のトラブルなど良いことが無かったけど、年の最後を思いもしない良い形でしめくくれて良かったし、とても勇気づけられた。
こういった気持ちを持てるのがサポータの醍醐味だよね。来年もチームを信じて応援頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/26

娘とGIMPで年賀状

with_gimp娘と年賀状の作成をした。

我が家ではずっと娘に手書きの原画を描いてもらい、それを加工して年賀状にしている。
今年も娘に手書きで「酉年」にちなんだ絵を描いてもらい、それをスキャナで読み、パソコンで加工し、印刷をした。

今年、従来と違うのは、画像処理ソフトGIMPを使ったことだ。
このソフトはLinux版が有名なフリーソフトで、絵の加工にプロも使うと言われている。ちなみにGIMPはthe Gnu Image Manimulation Programの略。最初にGNUとつくあたりに、フリーな匂いがぷんぷんするでしょ?

ずっと興味を持っていて、インストールだけはしていたんだけど、あまり使う機会が無い=勉強する機会が無かった。
で、年末になって、年賀状の画像を加工する段になって、娘や妻から「きれいに色を付けたい」「絵にグラデーションで色を付けたい」「微妙な色遣いをしてみたい」という要望が出て、じゃあ、ってことで使ってみた。

使ってみるとものすごい多機能で使いこなすのは大変そうだけど、さすがに色々な人たちがよってたかって改善したソフトだけ合って、基本的な部分はとても使いやすく、色付けやスキャンしたときの絵の荒れの修正は全部娘がやってしまった。

ちなみに娘に与えているお下がりのThink Pad 310E(PentiumMMX166)にGIMPをインストールして作業させたけど(写真はその様子)、ほとんどストレス無く使えたようだ。(たまに落ちたみたいだけど・・・(^-^;))

改めて、GNUプロジェクトの素晴らしさを感じ、貢献した多くの人たちへの感謝を新たにした年末になった。

さて、どんな絵になったかはお正月のお楽しみ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月19日 - 2004年12月25日 | トップページ | 2005年1月2日 - 2005年1月8日 »