« 巨大生茶@東京駅 | トップページ | Ryuさんのサインほしさに »

2005/03/25

Sambaサーバをたてながら「入門書」を考える(2)

昨日の日記でも書いたように、僕は新しい何か(特にシステムやパソコン関係)を学ぶときに、まずムックや雑誌の特集から入る。

今回まず読んだのは、Linuxネットワークサーバ構築ガイド2004

このムックを買ったのは「WindowsユーザーのためのSamba導入講座」が目当てだったのだが、その他にも
・ネットワークトラブルシューティング
・バックアップとディザスタリカバリ
といった記事も興味をそそった。

「WindowsユーザーのためのSamba導入講座」は、NT4.0ファイルサーバをLinuxにリプレースしよう、という講座なんだけど、LinuxやSambaのインストールについては殆ど書いていない。普通だとこれじゃ困るんだけど、今回は既にRed Hat Linuxがインストールされたサーバがある(サーバを買ったときにインストールしといてもらった)ので、この点は僕にジャストミートではあった。

で、ざ~っと読んでいくとPart1としてSambaの設定、ユーザの作成と管理、グループの作成と管理・・・・と続いていく。この通りやっていくとSambaサーバが構築できそうな気がしなくもない。

「しなくもない」、というのは、それぞれがとても簡単に書かれていて全体の流れをつかみやすい、だけど逆にあまりに簡単すぎて「本当にこの通りで出来るの?」って心配になるってこと。
経験的には、なかなか書いてあるとおりには出来ないもんだよね。

あと、ひとつ気付いたのは「sambaとはなんぞや」みたいなことは一切書いていないこと。
確かに、タイトルが「WindowsユーザーのためのSamba導入講座」なんだから、sambaがなんだか知らない人は読まないだろうから、この構成はアリだろう。

「入門書」というと「そもそも」から長々書かれていることが多いけど、「Samba導入講座」であれば、「どうすりゃいいのさ?」から書き始めてもらった方が入門者からするとありがたいよね。だいたいにおいて、理論とか理屈とかは後から知りたくなることが多いはずだし。

「WindowsユーザーのためのSamba導入講座」の章立てを見ると
Part1.入門編「まずは使ってみよう」
Part2.概要編「SambaとWindowsの比較」
Part3.中級編「Samba2.2との相違と移行ガイド」
Part4.上級編「ドメイン構築とWindowsからの移行」
Part5.応用編「Samba3.0の活用」
となっている。

当面僕に必要なのはPart1とPart4、あとは慣れてきたらPart5も使うかもしれない。
リプレースにはPart2が大事かもしれないけど、そもそもWindowsで真面目にファイルサーバをたてていたわけじゃないので、僕には不要。ちょっと分からないのがpart3でNTからのリプレースならSambaのバージョン比較やバージョンアップなんかいらない気がするけど・・・・。

このあたりに良い「入門書」へのヒントがありそうな気がする。

とりあえず、これを読むとsambaサーバが出来るか、試してみた。
結果は・・・・このムックだけじゃ無理だった。
というのも、「何をしなくちゃいけないか」は大体わかったんだけど、「どうすればいいか」がもう一つ分からなかったからだ。

例えばネットワーク設定で「ホスト名が"Localhost"と表示されている場合は正しく設定されていないので、ネットワーク設定ツールで設定し直そう」って書いてある。ネットワーク設定ツールの存在とかを知っている人であればこれでOKだろうけど、そもそもそこが分からないとお手上げ。

まあ、このあたりが紙面の限られているムックの限界なのかもしれない。

ということで、「入門書」についてここから学べることは・・・
・理屈から入らず実務的・実践的なところから入った方が良さそう
・「何をしなくちゃいけないか」をコンパクトに見せると良さそう
・「どうすりゃいいのさ」をツール類の使い方も含めて具体的に示すと良さそう
というあたりだろうか。

次の「入門書」に行ってみよう。早くサーバたてなくちゃ・・・・。

|

« 巨大生茶@東京駅 | トップページ | Ryuさんのサインほしさに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/3430685

この記事へのトラックバック一覧です: Sambaサーバをたてながら「入門書」を考える(2):

« 巨大生茶@東京駅 | トップページ | Ryuさんのサインほしさに »