« スタディラボ | トップページ | 今日はジュビロ戦 »

2005/04/23

はじめての眼鏡(下)

20040523-1
先日書いたとおり生まれてはじめて眼鏡をつくった。

眼鏡をつくった店は神保町の三鈴堂眼鏡店。明治12年創業の老舗だ。
ずっと前から「最初に眼鏡をつくるならこの店」と決めていた。数十年越しの念願が叶ったことになる。
この店のショーウィンドウにはジョン・レノンモデルの丸眼鏡がものすごく沢山ならんでいる。
20050423-2

しかも場所は神保町。ビートルズを子守歌に育ち、ジョン・レノンを信奉している僕としては「この中のどれかしかない」、しかも「神保町・秋葉原育ち」を自称する僕としては「ここしかない」。(それにエリック・クラプトンも丸眼鏡だし・・・)

「眼鏡をつくりたいんですけど」というと、ご主人が膨大なジョン・レノンモデルの中からすぐに6種類ほど出してくれて、一緒に選んでくれたこと。出していただいたどのフレームも掛け心地が良く、デザインも僕好みだった。

この店で本当に良かった、と思った。この店だからこそ、僕に合うフレームをこんなに色々出してもらえたと思う。逆に、このご主人でなければその中から僕に合いそうなものをすぐには選んでくれなかっただろう。合わないものも含めてあれこれ見せてもらうことは誰にでも出来るかもしれないけど。

ご主人は「私はお世辞が下手なんで、似合うモノしかお勧めできません」とおっしゃいながら、一緒にフレーム選びをしてくださった。

どれも魅力的だったので、本当に迷ってしまったが、ご主人のアドバイスのおかげでで納得のいくものを選ぶことができた。

選んだのはチタン製で、鼻あての無いモデル。色はグレー。軽いし、フィット感があるし、何より自分の視野をカバーしてくれるので眼鏡を掛けていることが気にならない。

20050423-3
今日、家族と一緒に店に行き、眼鏡を受け取った。いつもサングラスを買う度に「似合わない」とか「なんか変」としか言ってくれない家族も「すごく似合う」と言ってくれた。店のご主人も「なにか合ったら何時でも持ってきてください。眼鏡は買われた後が肝心ですから」と言いながら、とても嬉しそうに見送ってくださった。

ちなみに、このご主人、連れて行った娘の性格を見事に言い当てた。さすが人生の大先輩・・・・。

久々に買い物客としての感動を味わうことができた。正直なところ、値段は結構高かったけど(眼科での処方箋代分は値引きしてくれた)、とても満足している。こういうのがCSだよね。

|

« スタディラボ | トップページ | 今日はジュビロ戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/3824135

この記事へのトラックバック一覧です: はじめての眼鏡(下):

« スタディラボ | トップページ | 今日はジュビロ戦 »