« プロの仕事!靴磨き | トップページ | 「教育社会の設計」 »

2005/04/16

子供から大人へ(vsJEF)

20050416vsJEF JEFユナイテッド千葉との一戦。結果としては4-2の快勝だったけど、試合内容としては少なくとも楽勝じゃなかった。

前半小笠原が1点入れてから4分後すぐに点を返され、後半も小笠原が3点目を入れた1分後に点を返されるという展開。昨年はこういった展開から同点に追いつかれることが多く、サポーターにとっては嫌な感じがした。

去年の鹿島であれば、ここから守りに入る(そして追いつかれる)ことが多かったが、今年は違った。まだ攻め続け、好調なアレックス・ミネイロがだめ押しの4点目を決めた。アレックス・ミネイロはこの日得点は1つだけだったが、前線でのパス回しなどで攻撃のバリエーションを広げる素晴らしい働きをしていた。

ということで、「攻め続けて勝った」ところが昨年とは大違い。応援のしがいも倍増。

さて、「eラーニング関係者のblog」として紹介されたので、ちょっとだけ(無理矢理?)教育っぽい話を。

その1.子供から大人へ

この日の勝利に最も大きく貢献したのは日本代表でもある小笠原。2点決めたってこともあるけど、それ以上に中盤からゲームを作ったり、左サイドのタッチラインに出るおおよそ間に合いそうにない寸前のボールを懸命に追いかけ、そこからのクロスで2点目を演出したりした。こういうプレイは仮に点数に繋がらなかったとしてもチームを鼓舞する。

昨年までの小笠原は、チームの他のメンバーの闘志が下がると、それと一緒というかそれ以上に闘志を下げていたが、今日は闘志を奮い立たせるような立ち居振る舞いに見受けられ、まさにキャプテンシーを感じさせた。

それと、面白いと思ったのは、小笠原の態度が変わってきたこと。

昨年までの小笠原はスタンドからの「小笠原」コールに応えることが少なかったけど、最近は手を挙げて応えるようになった。

ゲーム中の表情も変わった。一緒にNHKの「速報J」を見ていた妻が「オガサも表情が変わってきたわよね」と言った。確かに昨年の仏頂面が減り、笑顔が増えた。昨年、子供が生まれてパパになったことも影響しているかもしれない。

鹿島のセレーゾ監督は試合後の記者会見で「(中田)浩二がいなくなって変わったのかもしれない。子供は“自分が自分が”という感じだが、大人になると周りを見る。人間的な部分で大人に脱皮した」と小笠原を誉めていたという。

「立場が人を育てる」ということを聞くが、昨年までゲームキャプテンを務めていた同期の中田浩二の移籍は、小笠原にとって大きなきっかけだったようだ。

スポーツ各紙によると、寡黙なイメージの小笠原も、今年は日頃から「こうした方がいいんじゃないかとみんなが感じていることを話している」という。話し合いで攻撃のパターンを増やしたというが、確かに多彩な攻撃を楽しませてくれた。

また、監督とも色々な話をし、意見を言うようになったそうだ。この試合で鹿島はJ最速で250勝に到達したが、そのご褒美として2連休を主張し勝ち取ったそうだ。

才能はあるが組織を引っ張ることを期待されていながらそこまで至らない「若手」が、才能を活かして組織を引っ張っていく「中堅」になるときって、こんなふうに、立場を与えられ、私生活が変化し・・・・といったときなんだろうなぁ、って思わずにはいられなかった。

2.狼に率いられた羊?

それにしてもJEFも強くなったと思う。中盤でボールを奪われらゴールに迫られるときに怖さを感じた。52分にDFのストヤノフが退場になっていなかったら、どうなっていたか・・・。

「対戦相手から見たJEFのサッカー」を質問されたセレーゾ監督も「攻撃に醍醐味がある。たとえばペナルティエリア付近にボールが入った時に、必ず4人以上の選手が詰めているという約束事がしっかりできている。」と組織力をまず挙げていた。

財政難(?)で有名な選手を放出したにもかかわらず、強くなっているというのは組織力を強化した、監督の力量だろう。「狼に率いられた羊の群れは、羊に率いられた狼の群れに勝る」という言葉を思い出した。(もっともJEFの選手達も有名じゃないだけで「羊」じゃないだろうけど)

「マネジメントの重要性」という点から、オシムが何を考え、何をしているかはちょっと注目してみたい。

ちなみに、試合前の選手紹介の時、アントラーズサポーターのブーイングが最も大きかったのはMFの阿部 勇樹とオシム監督だった。ある意味ではアントラーズサポータもオシム監督の力量を認めている。

|

« プロの仕事!靴磨き | トップページ | 「教育社会の設計」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/3737368

この記事へのトラックバック一覧です: 子供から大人へ(vsJEF):

« プロの仕事!靴磨き | トップページ | 「教育社会の設計」 »