« 海上自衛隊見学(2) 確固たるポリシー | トップページ | 登板前日 »

2005/05/16

海上自衛隊見学(3) その他の興味深いお話

副校長のお話のラストとして、興味深かったその他のお話を紹介する。


7.軍事における情報分析

2術校は情報活動についての教育も行っているが、それは「皆さんがイメージするかもしれない007みたいなものではない」という。「ごく一般に公開されている情報を丁寧に丁寧に積み重ね、余分なところを削ぎ落とし、解釈するのが情報分析であり、そのようなことを普段からやっていないと情報分析はできない。」とのこと。

これは一般企業、例えば営業部門も同じはず。つい「何か特別な情報は無いか」という方向に視線が行きがちだが、そうではなく、一般に公開されている情報から何かを紡ぎ出す努力と習慣は大事なはずだし、そういった「情報教育」(IT教育ではなく)はちゃんとされていない気がする。反省・・・。

8.女性の増加と活躍

女性は自衛隊全体で3000人、海自だけでも500人以上いるという。ちなみに現在在籍している女性の階級最上位は一等海佐(つまり副校長と同じ)だそうだ。過去、病院長でアドミラル(多分「海将」だと思う)もいらっしゃったという。

ちなみに「教育においては女性の方が成績上位。しかも根性も体力もある」という。その話にうなずく参加者(=民間企業の教育関係者)は多かった。(^-^;)

9.セカンドキャリア教育も

階級によって定年は異なるが、だいたい54~55歳前後で定年になる。その後は自衛隊の外で仕事をし生活をすることになるため、定年前に3週間程度、ビジネスマナーなどを中心とした教育をするという。一般企業でいう「セカンドキャリア教育」にあたろうか。

このお話を聞きながら、お世話になった自衛隊出身者の皆さんの顔がふと思い浮かんだ。
というのも、僕が勤める損害保険会社では、まさにセカンドキャリアとして沢山の自衛隊出身者の方に嘱託社員として入社していただき、ご活躍いただいているからだ。

僕も損保会社の営業時代、仕事でもお世話になったし、仕事以外でも人生の大先輩として色々なことを教えていただいた。人間的に尊敬できる方ばかりだった。

10.食事作りも真剣勝負

これは2術校ではなく、経理・調達・補給・給養(ロジスティック・サポート)などの教育をする4術校の話。 「艦上では食事しか楽しみが無い」ということで、海自では伝統的に(それこそ旧海軍時代から)食事は重視されており、そのための教育にも力を入れているということだ。

どのように力が入っているかは、4術校のホームページをご覧あれ!特にレシピは一見の価値があります!!

|

« 海上自衛隊見学(2) 確固たるポリシー | トップページ | 登板前日 »

コメント

はじめまして
軍隊の情報分析からみで訪問しました。

ビジネスインテリジェンスって重要なんですけど意外と日本にプロって少ないんですよね。

これからもよろしくお願い致します。

投稿: SHO | 2005/06/16 21:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/4160543

この記事へのトラックバック一覧です: 海上自衛隊見学(3) その他の興味深いお話:

» 情報収集と分析 その1 [変化を求める企業の為に  オフィスコーポレート・ダイナミックス]
ビジネススクールでセカンドメジャーとして、情報収集、分析術を研究していました。 先生はCIAでパパブッシュに中東方面の情報をダイレクトレポートしていたバリバリの情報分析のプロでした。 ですがが宿題を忘れると暗殺するぞ(笑)というユーモアにとんだ先生でした... [続きを読む]

受信: 2005/06/16 21:17

« 海上自衛隊見学(2) 確固たるポリシー | トップページ | 登板前日 »