« 登板前日 | トップページ | 誕生?IDを学ぶ大学院 »

2005/05/18

5.18 決戦!プレゼンバトル

Presen_battle今日は東京海上日動の全国型新入社員(以前は「総合職」と呼んでいた)導入研修に登板。テーマはプレゼンテーション。2ヶ月の研修も終盤にさしかかる時期で、みんな少し疲れてきていると思ったので、思いっきり楽しめるしつらえを考えてみた。

それでタイトルは「5.18 決戦!プレゼンバトル」。約150人の新入社員を12のグループに分け、グループ賞と個人賞の獲得を目指して一日プレゼンの準備・実施・評価をしていくというワークショップをデザインしてみた。

プレゼンのお題は「保険について」。母校で学生さん達を前に「保険について」(保険とは何か、業界について、保険の歴史、イチオシ商品・・・など保険に絡めば何でもアリ)という3分間のプレゼンをし、学生さん達に「保険(業界)ってオモシロそうだ」と思ってもえるようなプレゼンをする、という状況設定にした。

進行は
1.「プレゼンのツボとコツ」というテーマで40分ほど僕が講義
2.午前中は各グループでプレゼンの準備(内容を考えたり、演出を考えたり、練習をしたり)
3.午後はそのグループが12の「バトル会場」に散ってプレゼン合戦をし、その会場のチャンプを決める
4.夕方に全員が講堂に集まり、12人のチャンプのプレゼンを聞く「個人戦」。審査員(当日インストラクターを務めた高橋主任研究員、田中主任研究員@東京海上日動HRA+僕)がコメントし、審査する。

各会場のチャンプの人数でグループ賞を決め、そのチャンプの中から審査員がグランドチャンプを決めた。

新入社員のみんなに学んで欲しかったのは
・プレゼンのコツとツボ
・プレゼン準備(特にリハーサル)の重要性と手順
・プレゼンの際の自分の(大事にすべき)個性と(直すべき)癖
・コラボレーティブに仕事をしていくことの楽しさと重要性
・多義性(おなじ「保険について」でも沢山のアプローチやアイデアがある)
といったもの。

また、「保険(業界)をオモシロく伝える」ということを通じて、入社以来の導入研修で学んだこと、体験したり感じたりしたことを振り返って貰うことも狙った。

新入社員のみんなは、午前中「保険って何だろう」みたいなことを随分考え、演出を考えていた。巡回していて僕もかなり楽しませてもらった。

バトルの結果、グループ賞を獲得したのは、リハーサルに力を入れていたグループ。プレゼンでのリハーサルの重要性が明らかになった。(ちょっとほっとした・・(^-^;))

それと、個人戦での高橋主任研究員、田中主任研究員のコメントが素晴らしく、僕も聞き惚れてしまった。良いところをしっかりと誉め、注意するところは注意する。こういうと簡単そうに聞こえるんだけど、それを12人連続でやっていくのは大変なこと。普通じゃ出来ないよね。

受講後のアンケートを見ると、みんなこちらが意図したことをしっかり感じ・学び取ってくれた様子が伝わってすごく嬉しかった。嬉しかったのでアンケートに書いてもらった疑問・質問や僕らに対する要望全てへの返事をメールに書いて送った。ひとつひとつに答えていると新入社員のみんなが感じたことが良く分かり、僕にとっても良い勉強になった。3時間位かかってしまい、研修所の門限=閉門時間ぎりぎりの22時近くに慌てて研修所を出るはめになったけど・・・。


僕にとってはとても良い思い出の一日になった。
新入社員のみんなにとって良い思い出となる一日になっていれば良いな・・・。

|

« 登板前日 | トップページ | 誕生?IDを学ぶ大学院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/4203124

この記事へのトラックバック一覧です: 5.18 決戦!プレゼンバトル:

» eラーニング研究開発科 [NAKAHARA-LAB.NET BLOG  中原淳の学習環境デザイン研究Webサイト]
 北村さんのblogによりますと、いよいよ、日本初の「インストラクショナル・デザ... [続きを読む]

受信: 2005/05/25 21:16

« 登板前日 | トップページ | 誕生?IDを学ぶ大学院 »