« 丸の内 フラワーギャラリー | トップページ | こんなところにもPocketPC »

2005/05/12

無我夢中の芸は

竹内結子との関係をインタビューされる中村獅童を見て、新春浅草歌舞伎の稽古をする獅童をレポートしていたテレビ番組を思い出した。

勘九郎は獅童を可愛がっていて、よく稽古を見にくる。この日も舞台稽古を勘九郎が見に来て、稽古の後で獅童と話をした。勘九郎の第一声は「あんたの芝居は無我夢中だね」。僕は次にに誉め言葉が来ると思ったが、そうではなかった。「無我夢中の芝居じゃ全然ダメだよ。お客さんを動かせないよ」というかなり厳しい叱責だった。

勘九郎が言いたかったのは「無我夢中じゃお客さんが見えない。お客さんを見て芝居をしなくちゃ、お客さんに伝わらないよ」ということだった。実際、獅童はそのときちょっとスランプに陥っていて、スランプの分、余計に「無我夢中」になっていたのだった。この勘九郎の一言で獅童の芝居が変わり、公演は成功した。

この勘九郎と獅童のやりとりには結構感じるものがあって、以来、僕もインストラクターとして、あるいはプレゼンをするときに「無我夢中にならないこと」に自分に言い聞かせるようにしている。少なくともそう自分に言い聞かせることで「無我夢中である自分に酔う」ことは無くなると思っている。

|

« 丸の内 フラワーギャラリー | トップページ | こんなところにもPocketPC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/4128816

この記事へのトラックバック一覧です: 無我夢中の芸は:

« 丸の内 フラワーギャラリー | トップページ | こんなところにもPocketPC »