« 生きてます・・・死んでますけど(^-^;) | トップページ | blogは閉じたシステムを開く? »

2005/06/09

シュートというものは

昨日は大興奮!ジーコジャパンは勝ってW杯出場を決めるわ、その決勝点は柳沢が決めるわ。
本当に嬉しかった。

さて、一夜明けて、今日の日経朝刊35面(スポーツ2)の特集記事「ジーコとジャパン」から。

ジーコに言わせると、日本人はシュートの極意を全くつかんでいないという。パスは上手いのにシュートには自信が無いと。

で、ジーコは諭すように選手にこう語りかけるそうだ。
「ゴールの空いているところにパスを通しなさい。それがシュートというものです。」

これって凄い!って思った。

記事にも「落ち着いて蹴れ」という日本にありがちな(^-^;)指導より具体性を帯びている、と書いてあるがまさにその通り。指導に具体性は大事だよね。
それに「パス」という、既に理解・会得している、そして自信を持っているであろう事柄をベースに、それとシュートの差異を一言で示すことで、「新しい事柄」を学ばせようとしている。さすが神様ジーコ。

こういうのって、会社の教育、特に後進指導やOJTで使えそうな気がしませんか?

ところで我らが柳沢。まさに日本で最もパスの上手い(たまにGKと一対一になってもパスしたりする・・(^-^;))愛すべきFWなんだけど、ぜひ、ゴールの空いているところにパスを通して欲しい。次の試合でも。(^_^)v

|

« 生きてます・・・死んでますけど(^-^;) | トップページ | blogは閉じたシステムを開く? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/4488080

この記事へのトラックバック一覧です: シュートというものは:

« 生きてます・・・死んでますけど(^-^;) | トップページ | blogは閉じたシステムを開く? »