« ブログの更新って・・・ | トップページ | 「eラーニングの活用に向けて『3つの問い』」再び »

2005/10/21

日本弁理士会「授業法基礎」第2日

今日は一日、日本弁理士会の皆さんと「授業法基礎(大学で知財を教える人への必須科目)」通称「授業法」の授業(第2回)をしている。

場所は秋葉原クロスフィールドの中にある日本弁理士会東京分室。秋葉原のど真ん中なんだけど、何故か無線LANもなければ、PHSも不安定・・・。ということでオフ書きしなくてはならない典型的な(^_^;)シチュエーションで、コメントでe-Lerninger浦嶋さんにお勧めいただいたunicast Bloggerを早速使ってみている。

今年の「授業法」では、「ある大学の理工学部から、3・4年生の選択必修授業『知的財産概論』を依頼された受講者が、シラバスを書き、教授会でそれをプレゼンし他の受講者+妹尾先生+僕の質問やコメントに応対し、実際に模擬授業をする」というシナリオで、インストラクショナル・デザインの基礎や授業の方法、講義のスキルなどについて学んでいただいている。

受講者は、大学や大学院で授業をしていたり、今後授業をする予定・可能性がある弁理士さん、弁護士さん、特許庁の方、企業の知財部員とバラエティに富んでいる。楽しく、そして激しく授業が進んでいる。

今日は、受講者の皆さんに「教授会」ので「知的財産概論」のWhy(なぜその授業をするのか、学生にとっての学ぶ理由は?)とWhat(何を学ばせるのか)をプレゼンしていただき、ディスカッションしていった。

同じ知的財産を、同じ理工学部の3・4年に、それも選択必修で・・・という条件下でも、様々なアイディアや考え方があり、講師個人の想いと思いこみ(^_^;)で授業を組み立てがちだということが受講者の皆さんにも理解してもらえたと思う。

今は、休憩時間。これからグループワークをし、WhyとWhatの議論を深めていただくことになっている。もちろん、グループで一つの結論を出すのではなく、お互いの相似と相違を見いだすことで、各自の考えをブラッシュアップしてもらうと同時に、自分の「思いこみ」を修正してもらうのが目的だ。

おっと、授業再開の時間だ。

ただいま休憩中

|

« ブログの更新って・・・ | トップページ | 「eラーニングの活用に向けて『3つの問い』」再び »

コメント

お疲れ様でした、木村です。
今日も色々勉強になりました!

これからもまたよろしくお願いします!

投稿: dreamchaser_kim | 2005/10/21 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/6501545

この記事へのトラックバック一覧です: 日本弁理士会「授業法基礎」第2日:

« ブログの更新って・・・ | トップページ | 「eラーニングの活用に向けて『3つの問い』」再び »