« 日本弁理士会「授業法基礎」第2日 | トップページ | 最近の熊本土産 »

2005/10/22

「eラーニングの活用に向けて『3つの問い』」再び

一昨日、日本弁理士会弁理士会長期構想PJでe「eラーニングの活用に向けて『3つの問い』」をプレゼンした。

このプロジェクトは、日本弁理士会としての人財育成の構想を練るためのもので、主査の妹尾先生の指導のもと、参加者は、様々なことを学びながら、弁理士の将来像やそこにむけての人財育成の構想を練っていく「研修型プロジェクト」だ。(ちなみにプロジェクトを題材に学ぶプロジェクトメソッドを使った研修は「プロジェクト型研修」(^_^;))

僕は副査を務めさせていただき、グループワークのファシリテーションなどを担当しているが、今日は「e-ラーニングの活用に向けて」というセミナーを行うことになり、講師としてプレゼンさせていただいた。

プレゼンの内容自体は、先日「知的財産関連人材育成のあり方に関する調査研究委員会」でお話しした「eラーニングの活用に向けて『3つの問い』」。とほぼ同じ。

ただし、前回のPJで産能大助教授の長岡健さんが「経営教育における人材育成の考え方と方法論:「学習」について考える3つのアプローチ」というテーマで学習転移アプローチ、経験学習アプローチ、批判的学習アプローチや実践コミュニティなどについて素晴らしいセミナーをされたので、そこでの話題や議論を踏まえて少しだけ変更して臨んだ。

この日のセミナーは少人数であったため、質問や議論を適宜挟むことにしたが、前半の「どのeラーニング」でものすごく盛り上がった。これは日本弁理士会が実際にeラーニングを主に新人の弁理士さん向けに提供していて、かつそれをどう改善していこうかという議論がなされていいて、皆さん問題意識が高かったためのようだ。

ちなみに、この「どのeラーニング」で紹介したのは非同期型(よくあるWBT。皆さんご存知だったので当日は割愛)、同期型、非同期VOD、協調学習、WebやMLを使ったプロジェクト学習(妹尾先生の「社会調査法」)。弁理士会では非同期VODのeラーニングをやっているのだが、それだけがeラーニングではないこと、またVODのeラーニングにも様々な工夫(画面の構成、チャンクのしかた、授業デザイン、画面収録を前提とした講師スキル、撮影上の工夫などなど)が必要だという点が皆さんの興味をひいたようだった。

また、「eラーニングの活用に向けて『3つの問い』」に関しても「今までちゃんと考えていなかったし、真剣に考えなくてはいけない問いだ」というご評価をいただけてほっとした。こうやって、色々な人にプレゼンさせていただきながら、いわゆる「持ちネタ」としてブラッシュアップしていきたいと思っている。

もしかするとこのblogを読んでいただいている方の中にも、このプレゼンを聞いていただく機会がある方、それも複数回(^_^;)聞いていただく方がいらっしゃるかもしれない。毎回ブラッシュアップしていきますので、お付き合いの程を・・・

|

« 日本弁理士会「授業法基礎」第2日 | トップページ | 最近の熊本土産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/6512494

この記事へのトラックバック一覧です: 「eラーニングの活用に向けて『3つの問い』」再び:

» eラーニング [知財ブログ]
[続きを読む]

受信: 2005/11/16 20:58

« 日本弁理士会「授業法基礎」第2日 | トップページ | 最近の熊本土産 »