« 2005年3月27日 - 2005年4月2日 | トップページ | 2005年4月10日 - 2005年4月16日 »

2005/04/09

RYUさんにサインをもらう

20050409withRyu 今日はRYUさんのサイン会@紀伊國屋書店 新宿南店 。

出たばかりの本「フリースタイルな人生」にサインをもらい、がっしり握手し、写真も一緒に撮らせてもらった。

RYUさんの番組はいつもリスナーに対する誠実さにあふれているんだけど、今日もRYUさんは一人一人としっかり話をし、握手をし、丁寧にサインをしていた。昨日、二人目のお子さんが生まれたRYUさん(おめでとう!)にとって、今日は奥様やお子さんとずっと一緒に居たかったはずなのに・・・・。ファンを大事にするRYUさんを心からRespectしました。

RYUさんがいつも番組SOUL TRAINで「うちのれいながさ~」と自慢するれいなちゃん(4歳)とも会った。確かに自慢したくなるほど可愛いお嬢ちゃんだった。れいなちゃんに「パパ好き?」って聞いたら「大好き」って答えてくれた。

僕にも娘がいるけど「お父さん好き?」って聞かれてもどう答えてくれるか・・・。もう10歳だから、って言い訳はおいといても、僕はRYUさんほど娘をかわいがってこなかったよな・・・って反省。

短い時間だったけど、RYUさんの温かさとパワーに触れて、とてもハッピーな気持ちになった。きっとサイン会に参加したみんなもそうだったと思う。RYUさん、本当にありがとうございました。

そうそう、サインしてもらうときに、紀伊國屋書店さんか出版社さん(あの化粧品メーカーDHC出版事業部さん。出版事業もされていたのは失礼ながら始めて知りました)の方から「ホームページ見ましたよ」って声を掛けていただいた。う~ん、どうやってここにたどり着いたのか・・・いずれにせよご覧いただいてありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/08

「北村 士朗の日記」 快調更新中!

blog「北村 士朗の日記」をほぼ毎日更新しています。(生まれてこのかた、こんなに日記が続いたこと無かった・・・)

よろしければご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IEでHTMLソースが表示できないとき

記事を作成日ごとにグループ表示できるように、日付ヘッダを付けてみた。
更新してないことがバレるのがいやで表示してこなかったんだけど、日々更新するようになると、いつの更新かを見られるようにしたくなるというのが人情ってもので・・・。

やりかたはブログ>デザイン>現在選択されているテンプレートセットからコンテンツ>ブログの記事の中の記事ヘッダにチェック>「変更を保存」ボタンをクリック

表示はしてみたものの、ちょっと目立たない。

そこで、またCSSをいじってもう少し目立つようにしてみようと思い、まずはCSSファイルの場所を確認するためにIEでHTMLソースを見ようとしたら・・・・・表示されない。他のサイトでもたまにこういうことってあるよね。結構不便なことがある。

見えないようなWebサイトの作り方をしているのかな?と思い、念のため、「IE ソース 見えない」とググッてみたら・・・・分かりました。

はてなやそこからリンクしていたWindowsFAQに載っていたところでは

  • キャッシュファイルが溜まったり、壊れているのが原因

  • ページ中の gif や jpeg 画像を右クリックして [名前を付けて画像を保存] しても bmp 形式でしか保存できないときも同じ原因

だという。早速、これらのページを参照してキャッシュをクリアしたら、治った治った。(^_^)vどうもIEのバグのよう。

ちなみに、HTMLソースを見えなくする方法もあるようで、同じはてなのページに載っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/07

blogと実生活がシームレスに

昨日は夕方から新しい本の執筆打ち合わせ。

執筆メンバーの一人で前の本「ここからはじまる人材育成―ワークプレイスラーニング・デザイン入門」でもご一緒した荒木さんと1ヶ月ぶりくらいに会う。

荒木さんは開口一番「北村さん、お疲れのようですね。やっぱりmamieさんでしたっけ?退職されて大変ですよね」と暖かい声をかけてくれた。

「うん、そうなんだけど、おまけに風邪が抜けなくて・・・。あ、そうそう、おやつ買ってきたんだけど食べない?」
「あ~!これですね、北村さんお気に入りのブルーベリーキャンディーポップコーン!」

そう、荒木さんはこのblogを読んでくれているのだ。

普通、久々に会う人との会話は「最近どう?」からなんだけど、その人がblogを読んでくれていると、このようにblogの記事、それも割と最近の記事が会話のスタートになることもしばしば。blogが実生活とシームレスにつながっている感じだ。

そう考えると、当たり前のことかもしれないけどblogはWeb上のコミュニケーションツールであるとともに、実生活にもつながるコミュニケーションツールにもなりうるよね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/04/06

桜さく春の日

050406_145001.jpg近所の桜も開花。空気の柔らかさを感じられる一日です。

from モブログ with W21SA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ:カウンターを入れる

右肩に表示されている通り、カウンターを入れてみた。

参考にしたblogは埼玉住人さんの「ココログにカウンターを入れよう!」
(埼玉住人さん、参考にさせていただきました。ありがとうございます)

手順は・・・

(1)niftyの@Homepageトップ「設定確認・変更」をクリック

(2)ログインし、「各サービスの設定」にある、アクセスカウンターのURLをメモ帳などにコピー

(3)そのURLを次のようなタグに書き換える

http://hpcounter●.nifty.com/cgi-bin/counter.cgi?u=●●●・・・・・(●は人によって違う)

<br><img src="http://hpcounter●.nifty.com/cgi-bin/counter.cgi?u=●●●・・・・・>

(4)僕はカウンターを右寄せにしたかったので、それをタグに書き込んだ(最後の部分)
<br><img src="http://hpcounter●.nifty.com/cgi-bin/counter.cgi?u=●●●・・・・・" ALIGN="RIGHT">

(5)ココログにログインし、 ウェブログ>設定>ウェブログのサブタイトル(キャッチフレーズ) の中に(3)または(4)のタグをコピーする。

このやりかただとココログだけじゃなく僕のホームページのカウンタと共用になるけど、まあ、良いでしょ。それにしても来訪者少ないね・・・・・。 

それはそうと、この埼玉住民、ココログをいじる上でとても参考になる。ココログユーザにお勧めです。
ただ、アントラーズファンとしてはURLがちょっと気になるんだよなぁ・・・。(苦笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ドレミノテレビ

休暇で家に居るときの楽しみのひとつは、普段は見ることが出来ないTVを目にすること。
今日見たのはNHK教育のドレミノテレビ。UA(ううあ)が出演している。

番組冒頭から「ううあだよ~。みんな~げんきかな~?」という、UAらしい独特なノリ(というか抜け方)のトークから始まる。UAらしいちょっとけだるさを感じさせる雰囲気でやっているけど番組Webサイトの「しゅつえんしゃ」によると、ううあは「陽気なうたのおねえさん」だそうだ。きっと、本人はそれなりに頑張って陽気にやっているんだろう。(笑)

陽気さを演出するためか、ものすごく派手な衣装で出演している。(どれほど派手かはWebサイトをご覧下さい。)

ちなみにNHK教育テレビで仕事をしている友人に聞いたところ、この番組の企画を聞いたUAは、自分にお子さんがいることもあり「是非やりたい」と積極的だったそうだ。

「もりの熊さん」「はるがきた」僕たちが子どもの頃から聞き慣れた歌も、UAがあの独特な間合いとハスキーボイス歌うと、とても新鮮に聞こえる。また、共演のパーカッショニストの山口とものパーカッションが絡む「楽しいね」のアフリカンバージョンも楽しかった。

UAの素晴らしい歌唱力(聞き慣れた歌だと歌のうまさが際だつ感じがする)と、「日本廃品打楽器協会会長」としても有名な山口ともが生み出す強烈なリズムを楽しむことができるし、そして、こういったイマドキの演奏によって、僕らも子どもの頃から歌っていたこれらの歌のメロディーや歌詞の良さも再認識できる。

少しだけ、教育面からも見てみよう。
この番組の狙いは
・音楽が いかにいきいきと楽しいものなのか という音楽の本質を感じること
・歌や楽器の演奏によって自己開放・自己表現の素晴らしさを知ること
だそうだ。

今日の番組ではアフリカの人たちが太鼓を叩きながら楽しそうに歌い・踊る映像につづいて、山口とものパーカッションに合わせて「楽しいね」のアフリカンバージョンを出演者と子ども達がものすごいテンションで楽しそうに歌って踊った。その姿を見ると、狙い通りの番組になっているように感じた。

それと、先生向けの「活用のてびき」も良くできている。指導ガイドの他、番組の様子(動画)も見ることができる。教室だけでなく、家庭で親子が楽しむ際にもこの「指導ガイド」は役に立つと思う。それにWebサイトのその他のページも良くできていて、家族みんなで楽しめそうだ。

小学1・2年生むけ音楽の番組なのだが、番組・Webサイトともに、大人も(子どもがいくても)充分楽しめると思う。
放送は水曜の9:00~9:15 再放送はNHK BS2で隔週火曜の午前 4:15~4:30(誰が見るのだろう・・・録画用って感じの枠だよね)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Jazz詩玉手箱

050405_naruいつか行こう行こうと思っていて、なかなか行く機会が無かった代々木ナルにはじめて行った。少し小さめの「ハコ」でミュージシャンがすぐ目の前で演奏するという風情だったけど、決して狭さは感じない、とても快適な空間だった。お客さんも皆さんリラックスして演奏を楽しんでいて、居心地の良い「アットホームな大人のジャズクラブ」という雰囲気を作っていた。

今日のライブは、ボーカル石田一美さん ピアノ堀秀彰さん ベース河原秀夫さんのトリオ 。ステージ毎に、堀さんと河原さんのデュオでモダンなオリジナルを数曲聞かせてくれた後、石田さんがスタンダードナンバーを歌ってくれ、とても楽しめた。

さて、その石田さんがライブ中にJazz詩玉手箱という面白いサイトを紹介してくれた。

このサイトではスタンダードジャズの歌詞を紹介し、和訳し、解釈をしている。
面白いのは従来信じられていた解釈をひっくり返しているものがあることだ。

石田さんが紹介してくれた面白い解釈は「The Gift !(Recado Bossa Nova )」というスタンダードナンバーに関するもの。

この歌の冒頭
No strings have pearls in a velvet glove.
The thing I long for is the gift of love.
という歌詞は、一般には「真珠の首飾りやビロードの手袋なんていらない。愛があればいいの。」という可愛らしい歌詞だと解釈されることが多いそうだ。

しかし、「no strings attached」は「なんの責任もない」という意味で、「ビロードの手袋に包まれた真珠玉をつなぐ糸は必要はない」→「恋に責任はいらない」「結婚の約束はいらない」という、激しい恋や不倫の歌だという解釈ができるという。

その他にも面白い解釈があるし、聞き慣れたスタンダードナンバーの歌詞と和訳を読めるだけでも楽しい。
解釈が分かれ、議論になっているものもある。

ジャズ好きな方にはもちろん、「ジャズナンバーはこの一曲しか知らない」という方に、それがどういう歌かを知るためにお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/05

情報遮断の休暇の翌日は・・・

情報遮断の1.5日が過ぎてメールを読むことにした。

おぉ~、未読(未毒?)メールがくるわくるは・・・全部で87通のメール

その内訳はというと
・スパムや迷惑メール(H系)13通→「奥様・・」「交際・・」というタイトルのメールが多くて困っている。
・僕宛に来ていて、返信した個別メールは5通。
・僕宛にCCされていた個別メールは5通。
・残りはメルマガやML・・・・。

スパムや迷惑メールは即、削除。メルマガやMLは適当に読み流す。

返事をしなくてはならないメールは返信するんだけど、結構考えて書かなければならない内容も多かった。
こうしてみると、適宜メールチェックをするっていうのは結構ストレスや疲労の素になっているのかもしれない。

ということで、今週のお休み中は夜だけメールチェックすることにした。
「そんなの当たり前だろ」って言われるかもしれないけど、僕は今まで、自宅にいる休日は朝・昼・午後・夜・寝る前くらいのメールチェックをしていた。それが必要だと思っていたからだ。

だけど、本当に必要だったかをちょっと考え直すことも必要かもしれないと思った。意図的に情報謝絶してみると、もしかしたら自分が「メール依存症」なんじゃないか、って気がしてきたからだ。つまり、短いスパンでメールを開かないと落ち着かないだけじゃないか?と。

ということで、今週、日中はメールチェックをしません。
関係者の皆様、お急ぎのご連絡はケータイに電話かメールを下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸ビルで子どもと汗をかく Bloomberg Ice

青梅から会社に寄ってトラブルを解決すべく、中央高速~首都高経由で丸の内に来た。
家族も一緒だったので、車を丸の内駐車場に置き、僕は会社に、家族は丸ビルに。
幸い、トラブルはすぐに解決(ハブの電源が抜けていただけだった・・・(泣))したので、家族と合流。
Bloomberg_ICE_1そこで子どもが喜ぶポイントへ。それがBloomberg ICE (Interactive Communication Experience)だ。

ここは、Bloombergの情報発信スペースなんだけど、大きなディスプレイが単に株価やニュースの表示だけでなく、インタラクティブなデジタル・アートにもなっていて、子どもも結構楽しめる。おまけに座る場所もあるので、「丸ビルに飽きた子ども+疲れた親」が体制を立て直すには絶好の場所だと思う。

デジタルアートの方は、スクリーンが大きい分、参加する側の動きも大きくなるため、子どもだけじゃなく大人も夢中になる。ウィークデイに子ども連れで丸ビルに来ることがあれば、お勧めだ。(土日はここも結構混んでいて、ゆっくり楽しめないことが多い。)

今日は月曜の青梅で結構散々だったけど、月曜午後の丸ビルは案外ゆったりしていたし、Bloomberg Iceも堪能できた。「災い(ネットワークトラブル)転じて、(ちょっとだけ)福となった」ことにしておこう。

Bloomberg_ICE_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/04

青梅をドライブ(5)不思議な「猫かいぐり公園」

20050404_nekokaigurikouen寿々喜屋さんから駐車場(街道沿いに商店会の駐車場が何カ所かあって便利)に行く途中、不思議なスペースを見つけた。「猫かいぐり公園」と書いてある。猫が集会をする公園の様だ。

ここも含めて、青梅の市街はちょっと不思議なものが多い。また来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青梅をドライブ(4)鰻の老舗 寿々喜屋

お腹も空いたところで、食事をする場所を探して入ったのが、赤塚不二雄会館近くの、寿々喜屋さん。

寿々喜屋
120~130年前から続いているお店だそうで、青梅で執筆していた吉川英治や食通で知られる池波正太郎も良く来ていたそうだ。

池波正太郎も好んだという柳川(定食)1200円と鰻重(特上)2200円を食べた。どちらもとても美味しかった。
この店もお勧めです。

ここで、食事を終わり、そろそろ情報遮断も怖くなった(というか胸騒ぎがして)携帯の電源を入れたところ、会社から「ネットワークトラブル発生。連絡請う」とのメールが入っていた。

ということで一路東京へ向かうことに・・・。ふう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青梅をドライブ(3)バカボンと映画の街

青梅の市街に入ると、街頭の黄色いフラッグが目に入る。よく見るとそこに書いている何だか見慣れた顔は・・・
青梅市街のフラッグ 「ここがいいのだ」バカボンのパパなのだ。

青梅市街は以前から「シネマチック・ロード」として、街道沿いの色々なところ(多くは普通のお店の壁面)に古い映画の看板のレプリカを飾っていて不思議な雰囲気を演出している。古い映画ファンの僕にはこたえられないものだ。(ただし、いつでも古い映画を見ることができる、というわけでは無いのでお間違いの無いように!)
20050404_cinematic_road_1

最近これに加えて、青梅赤塚不二夫会館が出来た。バカボンのパパがお出迎え。(レレレのおじさんが出迎てくれてもいいような気がするが・・・)
ちなみにその隣は「昭和レトロ商品博物館」。こちらも昭和に育った僕の世代なら涙モノのものが並んでいる。

akatukafujiokaikan

入ろうと思ったら、どちらも月曜日はお休み・・・・残念!やはり青梅観光は月曜日を避けなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青梅をドライブ(2)へそまんじゅう

へそまんじゅう本舗月曜日で名物ものは全滅に近かったんだけど、ここは開いてた。
このあたりで名物の「へそまんじゅう」。小澤酒造から来ると右手(青梅から来ると左手)にある。

その名の通り、へそがついているまんじゅう。その場でほかほかのおまんじゅう(1個税込み105円)を食べることもできる。

へそまんじゅうをほおばる

ちなみに、立ち食いそば屋さんも併設されていて、そちらも美味しいらしい。(僕は食べたことないけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青梅をドライブ(1)小澤酒造

今日は青梅の奥の方にドライブ。
本当は桜が目当てだったんだけど、残念ながらまだだった。
でも梅が咲いていて、それはそれで春を感じさせた。

ozawa_shuzou写真は澤乃井で有名な小澤酒造。
ここには「ままごとや」という料亭があって、景色も食事も素晴らしく、それを楽しみにしてたんだけど月曜日は休業。
酒造見学も休業。だけど事務所にいったら、期間限定のお酒とかを売ってくれた。

ちなみに吉川英治記念館とか玉堂美術館や、他の主立ったおみやげ屋さんも休業。青梅には月曜日に来てはいけないことが良く分かった。(苦笑)月曜日以外だったら絶対お勧めのスポットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/03

鯛を釣ろう

050403_183001福生の幸楽園 浜膳という活魚レストランにて。

いけすから鯛を釣り上げられたらその場で調理する、という企画。

普通の活き造りより千円安い。餌代は百円。餌はエビではないとのこと。
平日の夜だけの企画ということで、日曜日に行った僕らは試せなかった。残念~。

from モブログ with W21SA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報途絶の休暇をとる

明日から一週間、休暇を取ることにした。

新人研修真っ盛りのこの時期、例年であればかなり忙しいんだけど、今年はたまたま4月に登板予定も無く、この一週間に何もアポが入っていないので、思い切って休むことにした。でもちょっと罪悪感がある。(苦笑)

「3月まで個人情報保護法対応で忙しかったよね」「この先、様々なプロジェクトが始動してかなり忙しくなりそうだし、」「下手するとしばらくまとまったお休みはとれなそうだよね」「先行逃げ切りじゃないと、また休暇を消化しきらないよな」などなど自分に言い聞かせ、恐る恐る上司や周囲の仲間に「休んでも良いですか?」って聞いたら、みんな二つ返事でOKしてくれた。どうも端からもかなりの疲労困憊ぶりに見えていたようだ。

ということで、昨日の土曜日から来週の日曜日まで9日間のお休みに入っている。
とはいえ、昨日みたいにセミナーに行ったりしちゃうんだけどね。

今日の午後から明日にかけては福生・青梅方面に花見がてらの小旅行に行く。

いつもなら、どこに行くにもノートパソコンやもモバイル機器を持って行くんだけど、今回はケータイ電話以外のモバイルデバイスは持って行かないことにした。ついでに言うと、最近使い始めた@niftyのモバイルメール(メール着信したことをケータイに伝えるサービス)も一旦停止した。ケータイも殆どスイッチオフにしてしまおうと思っている。

マイケル・クライトンがインタビューで言っていた「現代人が創造力を維持するのは難しい。外の世界と自分を切り離して自分を見つめ直さなくてはいけないからだ。旅に出て、ノートパソコンのスイッチを入れないような時間を過ごすことが大事だ」を実行しようと思う。(丸一日くらいだけど・・・・)

このところ仕事が忙しかった上、公私にわたり色々と考えなくちゃいけないことも多く(こうは見えても悩むことだってあるわけで・・・)、体も気持ちも疲れ切った感じがしているので、遠慮無しに流れ込んでくる情報が目に入らないようにして、ちょっと非日常モードにしようかな、という感じだ。

もしかしたら、「休暇ってそんなもんだろ?」って言う人の方が多いのかもしれないけど・・・・。

でも、小旅行先でオモシロイものがあれば、モブログ(携帯での投稿)でご紹介しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月27日 - 2005年4月2日 | トップページ | 2005年4月10日 - 2005年4月16日 »