« 2005年4月3日 - 2005年4月9日 | トップページ | 2005年4月17日 - 2005年4月23日 »

2005/04/16

子供から大人へ(vsJEF)

20050416vsJEF JEFユナイテッド千葉との一戦。結果としては4-2の快勝だったけど、試合内容としては少なくとも楽勝じゃなかった。

前半小笠原が1点入れてから4分後すぐに点を返され、後半も小笠原が3点目を入れた1分後に点を返されるという展開。昨年はこういった展開から同点に追いつかれることが多く、サポーターにとっては嫌な感じがした。

去年の鹿島であれば、ここから守りに入る(そして追いつかれる)ことが多かったが、今年は違った。まだ攻め続け、好調なアレックス・ミネイロがだめ押しの4点目を決めた。アレックス・ミネイロはこの日得点は1つだけだったが、前線でのパス回しなどで攻撃のバリエーションを広げる素晴らしい働きをしていた。

ということで、「攻め続けて勝った」ところが昨年とは大違い。応援のしがいも倍増。

さて、「eラーニング関係者のblog」として紹介されたので、ちょっとだけ(無理矢理?)教育っぽい話を。

その1.子供から大人へ

この日の勝利に最も大きく貢献したのは日本代表でもある小笠原。2点決めたってこともあるけど、それ以上に中盤からゲームを作ったり、左サイドのタッチラインに出るおおよそ間に合いそうにない寸前のボールを懸命に追いかけ、そこからのクロスで2点目を演出したりした。こういうプレイは仮に点数に繋がらなかったとしてもチームを鼓舞する。

昨年までの小笠原は、チームの他のメンバーの闘志が下がると、それと一緒というかそれ以上に闘志を下げていたが、今日は闘志を奮い立たせるような立ち居振る舞いに見受けられ、まさにキャプテンシーを感じさせた。

それと、面白いと思ったのは、小笠原の態度が変わってきたこと。

昨年までの小笠原はスタンドからの「小笠原」コールに応えることが少なかったけど、最近は手を挙げて応えるようになった。

ゲーム中の表情も変わった。一緒にNHKの「速報J」を見ていた妻が「オガサも表情が変わってきたわよね」と言った。確かに昨年の仏頂面が減り、笑顔が増えた。昨年、子供が生まれてパパになったことも影響しているかもしれない。

鹿島のセレーゾ監督は試合後の記者会見で「(中田)浩二がいなくなって変わったのかもしれない。子供は“自分が自分が”という感じだが、大人になると周りを見る。人間的な部分で大人に脱皮した」と小笠原を誉めていたという。

「立場が人を育てる」ということを聞くが、昨年までゲームキャプテンを務めていた同期の中田浩二の移籍は、小笠原にとって大きなきっかけだったようだ。

スポーツ各紙によると、寡黙なイメージの小笠原も、今年は日頃から「こうした方がいいんじゃないかとみんなが感じていることを話している」という。話し合いで攻撃のパターンを増やしたというが、確かに多彩な攻撃を楽しませてくれた。

また、監督とも色々な話をし、意見を言うようになったそうだ。この試合で鹿島はJ最速で250勝に到達したが、そのご褒美として2連休を主張し勝ち取ったそうだ。

才能はあるが組織を引っ張ることを期待されていながらそこまで至らない「若手」が、才能を活かして組織を引っ張っていく「中堅」になるときって、こんなふうに、立場を与えられ、私生活が変化し・・・・といったときなんだろうなぁ、って思わずにはいられなかった。

2.狼に率いられた羊?

それにしてもJEFも強くなったと思う。中盤でボールを奪われらゴールに迫られるときに怖さを感じた。52分にDFのストヤノフが退場になっていなかったら、どうなっていたか・・・。

「対戦相手から見たJEFのサッカー」を質問されたセレーゾ監督も「攻撃に醍醐味がある。たとえばペナルティエリア付近にボールが入った時に、必ず4人以上の選手が詰めているという約束事がしっかりできている。」と組織力をまず挙げていた。

財政難(?)で有名な選手を放出したにもかかわらず、強くなっているというのは組織力を強化した、監督の力量だろう。「狼に率いられた羊の群れは、羊に率いられた狼の群れに勝る」という言葉を思い出した。(もっともJEFの選手達も有名じゃないだけで「羊」じゃないだろうけど)

「マネジメントの重要性」という点から、オシムが何を考え、何をしているかはちょっと注目してみたい。

ちなみに、試合前の選手紹介の時、アントラーズサポーターのブーイングが最も大きかったのはMFの阿部 勇樹とオシム監督だった。ある意味ではアントラーズサポータもオシム監督の力量を認めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/15

プロの仕事!靴磨き

050415_marunouchi_N 10年近く履いて落ちてきてしまっているリーガルのタッセル・スリッポン(茶色)の色が落ちてつま先などが白くなってしまい、自分で磨いても全然きれいにならないので、プロに任せることにして、東京駅は丸の内北口前で靴を磨いて貰った。

靴磨き屋さん(って言い方で良いのかな?)は靴を見て「色を付けられますけどどうします?」と言ってくれたのでお願いした。

「こういう風に色が抜けると靴墨だけじゃダメだんだよね」と言いながら、靴墨に染料をブレンドしながら磨いてくれた。染料だけだと色が濃くなり過ぎるため、靴墨で調整しながらちょうど良い色にするそうだ。

染料と靴墨をブレンドして、靴の色を出していくのは、一見簡単そうに見えるが、実はとてもデリケートで難しく「普通にやるとムラだらけになってしまう。ムラ無くきれいに出来る人はそうはいない」そうだ。

結果は写真の通り。白くなってしまったところがどこか分からない位、色も艶も本当に新品みたいになった。艶は新品の時以上かもしれない。これぞプロの技!

050415_before

050415_after 値段は普通の靴磨き代500円+特別料金500円=1000円。靴の色と艶をみているととても安く感じる。

この靴磨き屋さん(って言い方で良いのかな?)は、2代目で、今は家族みんなで靴磨きを営んでいるそうだ。「2代続いた靴磨きはうちだけだ」と言っていた。

この日も隣で磨いていたのはお兄さん。お兄さんは今度、靴を磨き続けながら見て・感じた東京駅前や丸の内・大手町のこの50年(!)を本にするそうだ。お兄さんに靴を磨いて貰おうと次から次へ来る人たちは皆常連さんのようだった。

「プロの仕事と生き様」への感動とピカピカになった靴ですっかり気分が良くなり、足取りも軽く次の仕事に向かうことができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/14

eラーニングな人のブログ?

友人の産能大の古賀さん(eラーニングの有名人。古賀さんと僕の2人を「eラーニング界のお笑いヒゲコンビ」という人も・・・・)のメルマガ「Sanno e-Learning MagazineVol.148」と関連サイト「裏Sanno e-Learning Magazine」でこのブログを「eラーニング関係する人達のBlog」の一つとしてご紹介いただいた。

それらをご覧になって、ここに来た皆さんも多いと思いますのでまずお詫びを。

教育ネタが少なくて ど~もすみません。

これから心を入れ替えて、教育・学習ネタやeラーニングネタを書くよう努力(だけは)しますので、お許し下さい。(^-^;)

それと数少ない教育・学習ネタをご覧いただくには、右側にある「カテゴリー」の10_教育・学習 をクリックしてください。少しですが表示されます。

あと、古賀さんが紹介している、僕以外の皆さんのblogは面白くてためになるので是非ご覧ください。
紹介記事へ

ちなみにメルマガ「Sanno e-Learning Magazine」はとても有益な情報満載です。

購読は産能大のWebサイトまたは「裏Sanno e-Learning Magazine」からどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/13

アントラーズ2年ぶりの首位!(vs大宮)

先週の土曜日のJリーグ、鹿島アントラーズは広島に勝って暫定首位になった。
それも結構嬉しかったけどが、翌日、FC東京も勝って勝ち点10で並び、得失点差でFC東京が首位、アントラーズは2位になった。

今日、アントラーズは大宮アルディージャに2-0で勝った。勝ち点13
そしてFC東京は0-1で名古屋に負けた。勝ち点10のまま。

そう首位だよ首位!
それも暫定じゃないよ、本当の首位だよ。
それも「勝ち点は同じで得失点差」とかじゃないよ、勝ち点でトップだよ。
ついでに言うと、得失点差でもリーグ一位だよ。

我がアントラーズが首位に立つのは何と2年ぶり。
2年前までは当たり前のようなポジションだったけど、こうして久々に戻ってくると本当に嬉しいもんだよね。

さあ、今週の残りの日々も張り切って仕事しよう。

------------------------------------------------

そういえば、こういう高揚感について、社会心理学あたりで何か説明していた気がする。
調べてみよう・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/12

FTTHにしたら妻のパソコンが・・・

FTTHを入れ、ルータも入れて家LANに繋いだ。 そこまでは良かったのだけど、妻のPCが落ちまくるようになってしまった。

妻が使っていたのは僕が以前使っていた東芝Portege300CT。 CPUはMMX133,メモリは64MB、Windows98SEをインストールして使っていた。 かなりロースペックな、クラッシックカーみたいなマシンなんだけど、それでも妻の用途(メールやたまにWebブラウズ)には十分だった。

が、FTTHにするにあたり、LANカードを100baseTのものにし、@niftyのセキュリティ24をインストールしたらblue screen of death画面(青い画面に白い文字でエラーメッセージが表示される画面)がでまくるようになってしまった。

@niftyのセキュリティ24が重いのかと思い、動作を止めたけどそれでも症状は治らず。LANカードをもともと使っていた東芝の10BaseTのものに戻したけどそれでもダメ。結局使うのを諦め、Portegeは僕の手元に帰ってくることになった。僕は自分が使ったノートパソコンを全て保存している。いつか博物館になるかも・・・。

妻には、僕が今使っているX31の前に使っていたThink Pad i1124(TP240のコンシューマー版)にWindowsXPをインストールしたものを使ってもらうことにした。

「ブロードバンドにしたら古いパソコンの調子が悪くなった」って話を聞くたびに「そんなことってあるのかなぁ?」って思ってた。が、現実に自分のところでも発生してしまった。

その不調はブロードバンドにしたから、ではなく、僕がそうだったようにブロードバンドにしたついでにネットワークカードを替えたり、ソフトをインストールしたりしてしまうのが原因なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/11

我が家もFTTHに

先週の金曜日、我が家にもFTTH(光ファイバ通信)が入った。

tepcoひかりが住んでいるマンションにも入ったので、部屋まで引くことにした。
工事は小一時間ほどであっさり終わり、さあ、繋ごうと思ったら・・・ルータが無い!

今まで使っていたADSL(@nifty経由でaccaに加入)はモデムルータ内蔵だったんだけど、今度入ったVDSLモデムにはルータが無い。ルータが無いので家LANに繋げない。しかも家LANで使ってる無線LANのアクセスポイントもブリッジタイプでルータを内蔵していない・・・。(泣)

ということで、今のところ直繋ぎ。僕の一台だけが繋がっている。ルータを買ってこなくちゃ。

ちなみにスピードをテストしたら41.029Mbps出てた。うれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/10

桜の隠れ(?)名所@板橋

20050410kaga 石神井川の帝京大医学部・病院(東京都板橋区加賀町)近辺は知る人ぞ知る桜の名所。様々な桜が咲き誇り、川に散った桜の花びらがきれいな模様を描いている。

桜を楽しめるのは川沿いの遊歩道のみで、宴会をする場所は殆ど無い。それを残念という人もいるが、逆に酔っぱらいやバカ騒ぎをする人も殆どいないため、静かに落ち着いて桜を楽しめる。

最寄駅は都営三田線の板橋区役所前。ちなみに僕の実家はこのすぐそばです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月3日 - 2005年4月9日 | トップページ | 2005年4月17日 - 2005年4月23日 »