« 2005年5月1日 - 2005年5月7日 | トップページ | 2005年5月15日 - 2005年5月21日 »

2005/05/14

海上自衛隊見学(1) 充実した幹部育成

先日、SEA(ソフトウェア技術者協会)の教育分科会(sigedu:Special Interest Group on Education)で、海上自衛隊 第2術科学校通称「2術校」を見学させていただいた。

海上自衛隊では任務遂行に必要な航海、飛行、兵器運用などの技能を術科と呼んでおり、4つある術科学校でそれらを専門的に教育している。2術校は、機関、電機、応急工作等並びに情報、技術、電子計算機及び外国語といった部門のエキスパートを養成する学校だ。

見学全体を通しての印象は、「本当に素晴らしい教育をしている」の一言に尽きる。
教育に対する責任感と揺らぎ無い自信。確固たるポリシー。そしてそれを実現する伝統が培った教育の手法・内容と充実した設備を目の当たりにして、圧倒されてきた。

見学は、まず最初に副校長の武田一等海佐から、海自の教育や2術校の概要についてプレゼンテーションしていただいた。(とても分かりやすく、また堂々とした素晴らしいプレゼンテーションだった。)

お話の内容の中で印象に残った点をいくつか。
まずは幹部育成を中心に。

1.多様な人材の採用と育成

自衛隊の幹部(候補生)は防衛大学出身者だけだと思っていたのだが、大きな勘違い。 海自では防衛大と一般大学(防衛大以外)が半々だそうだ。 ちなみに武田さんも工学系の一般大学の出身だそうだ。

幹部教育としては、入隊直後の「幹部候補生課程」から始まる。「防衛大と一般大学とで、保有する知識やスキルも違い、教育の前提が決めにくいのでは?」という質問をしたところ、「確かに体力面、軍事知識では一般大学卒は防衛大卒に最初は太刀打ちできない。逆に数学・物理といった一般的な領域は一般大卒でも太刀打ちできた。同じ教育を受けながらその差は収斂していく。両方の大学から多様な人材が入隊することに大きな価値がある。」というお答えだった。

2.意図的なジョブローテーションの中で幹部は育つ

幹部育成では、様々な職域(機関、砲術・・・・)での学校での教育→実務(乗船)→次の分野の教育→・・・といったジョブローテーションを繰り返すし、様々な分野について知っていくという。例えば艦長になった場合、艦内のあらゆる業務を知っておくことが求められる。「現場を知らない上官に部下は命を預けられない」からだ。

と同時に、それぞれの現場で与えられた分野のエキスパティーズを高めながら、マネジメント(どうやってセクションの実力を発揮するか、人事・教育をどうするか)を学んでいくという。そして現場でキャリアを重ねた後「指揮幕僚課程」に進み、幕僚としての知識・スキルを磨き、さらに昇進していく。

「幹部たるもの何を知り、何を出来なくてはいけないか」という職務定義が、ポリシーや伝統の中で明確化されていった成果なのだろう。この点は民間企業としては大いに見習わなければならないと感じた。

3.充実したOFF-JT

海自の教育は学校での長期間(2ヶ月~1年程度)のOFF-JTと、現場での訓練(OJT)の繰り返しである。 OFF-JTでその仕事ができるように徹底的に訓練した後、現場でさらに訓練していくことになる。 確かに、現場に出れば有事もありえるので、任務が遂行できることは必須だ。

それでも現場での訓練も重要なのは、習得した知識やスキルの維持・向上、現場での状況対応力向上、先輩(それぞれの現場ですごい職能を持った(ノンキャリアの)隊員の仕事がいるそうだ・・・)の知識・技術の伝承なのだろう。この点は、各訓練現場の教官のお話からひしひしと感じられた。

まずこの点が素晴らしいと思った。民間企業ではもっと短期間の(場合によっては申し訳程度の)OFF-JTがOJTの前や最中に行われるだけ、というケースが多かろう。もちろん、長いOFF-JTが必要な業務だけじゃないだろうし、OFF-JTでは学べない領域が多いとは思うけど、それにしてもOJTに安易に依存しOFF-JTがなおざりにされているのではないだろうか?と思った。

また、訓練とはいえ「次は頑張ります」を認めないという。非常時に出せる力は7~8割。だとすれば、いつも自分の力を出し切てなければならない。それを徹底的に訓練するという。


まだまだ沢山の参考になるお話、興味深いお話を聞くことができたが、今日はこのへんで。
(明日以降に続く)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/13

こんなところにもPocketPC

050513_174901
JR湘南新宿ラインで見つけた、というか見かけたもの。

かなり体が疲れていたので、ちょっと張り込んで(950円)グリーン車に乗ったら、検札に来たグリーンアテンダントさんの手の中にはPocketPCが。見せてもらうとカシオ製の端末。多分法人向けのCassiopeia E-3100だと思う。
この端末は座席表になっていて、検札をした席をタップすると、席上部のインジケータが赤から緑になる。ワイヤレスLANで繋がっているようだ。
050513_172201

今までだと、JR内で使っている端末は専用品、というイメージだったんだけど、こうやって汎用のデバイスを使ってシステムを組むんだ・・・と思わず「へぇ」。

ちなみにこの席上部のインジケータはSuicaの読み取り機にもなっていて、「Suicaグリーン券」を駅で購入(Suicaにデータ書き込み)をしたSuicaをかざすと、自分で緑にすることができる。こうすると検札は省略されるので、寝ていても起こされることはない。結構便利だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/12

無我夢中の芸は

竹内結子との関係をインタビューされる中村獅童を見て、新春浅草歌舞伎の稽古をする獅童をレポートしていたテレビ番組を思い出した。

勘九郎は獅童を可愛がっていて、よく稽古を見にくる。この日も舞台稽古を勘九郎が見に来て、稽古の後で獅童と話をした。勘九郎の第一声は「あんたの芝居は無我夢中だね」。僕は次にに誉め言葉が来ると思ったが、そうではなかった。「無我夢中の芝居じゃ全然ダメだよ。お客さんを動かせないよ」というかなり厳しい叱責だった。

勘九郎が言いたかったのは「無我夢中じゃお客さんが見えない。お客さんを見て芝居をしなくちゃ、お客さんに伝わらないよ」ということだった。実際、獅童はそのときちょっとスランプに陥っていて、スランプの分、余計に「無我夢中」になっていたのだった。この勘九郎の一言で獅童の芝居が変わり、公演は成功した。

この勘九郎と獅童のやりとりには結構感じるものがあって、以来、僕もインストラクターとして、あるいはプレゼンをするときに「無我夢中にならないこと」に自分に言い聞かせるようにしている。少なくともそう自分に言い聞かせることで「無我夢中である自分に酔う」ことは無くなると思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/11

丸の内 フラワーギャラリー

今、丸の内の仲通りで「フラワーギャラリー」というイベントが開催されている。
メインなイベントとしてはコンペ方式で選ばれた15組のガーデナー達により制作された、幅約1.5m 長さ約10mのフラワーガーデンで、これは見ていてなかなか面白い。

それはそれとして、仲通りの街灯(っていうのかな?)にこんなものが飾られている。それぞれの花についての解説もそえられていて、ちょっと詳しくなれるかもしれない。

050511_101401050511_101501

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/10

CNNの新人教育(究極のLearning by Teaching?)

先週のBeatセミナーの際に、宇治橋さんから雑談の中で聞いた話。

CNNでは、社内の見学ができるCNNスタジオツアーというのがあり、そのガイドを勤めるのは新人、ツアーガイド業務は新人教育の一環ということになっているんだそうだ。

新人にツアーガイドを務めさせる狙いは、ガイドとしてツアー参加者にCNNを説明できるようになることで、自分の会社に関する情報を整理し、理解し、記憶するところにあるらしい。(まさにLearning by Teaching!)

ここでの会社に関する情報とは例えば
・会社の概要
・会社のどこに何があるか。(レイアウト、部署の配置、機材・・・・)
・会社の『今』(最近のトピックなど)

ツアー参加者からの様々な質問に答えるためにも、こういった点について、かなりの勉強をし、しかも自分なりに理解していなくてはならない。

大変だろうけど、学習のゴールが明確で、学習成果を確かめられるし、なにより良い意味でのプレッシャーも掛かるので、座学で「会社の概要」なんてのを延々とやるよりははるかに良さそうだ。

だけど、こういったガイド役を通じての学習が成立するかどうかは業種によるだろうなぁ。
保険会社の見学をしたって面白くない=そもそもお客さんが来ない気がするし・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/05/09

アントラーズホームタウンデイズ「潮来の日」

050508_125901昨日のカシマスタジアムでは、アントラーズホームタウンデイズ「潮来の日」として、潮来市観光PR及び道の駅いたこ特産品販売がされていた。

一番人気はいちご。良い香りがする大粒のいちごが一箱(2パック)500円と格安。家に持って帰ったところとても美味しく、家族も大喜びだった。

この他、漬け物なんかも売っていた。潮来や佐原の漬け物はものすごく美味しい。近くに行かれることがあれば、是非お土産にどうぞ。道の駅いたこ(潮来ICからカシマスタジアムに行く途中にあります)で買うことができます。

それと、潮来市在住の小中学生・65歳以上の方・ファンクラブ会員が無料で招待されていた。こういう取り組みがスタジアムに足を運ぶ人を増やしていくと思うので、是非続けて欲しい。やっぱりご近所の皆さんがスタジアムに来なくちゃね!
050508_125902


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/08

vs東京ヴェルディ1969 サッカーはドラマだ

050508_160501
GWの最後を飾るのは東京ヴェルディ1969との一戦。
今のところ首位独走なんだけど、けが人も増えてきているので、厳しい戦いが予想された。

東京ヴェルディ1969での注目はやっぱりFWのワシントン。ワシントンはとにかくでかい!鹿島のDFの岩政や大岩よりも背も肩幅もある。本当にフォワードかよ、ディフェンダーみたいだな・・・と言うほどの体格を活かしたすごいパワーで鹿島ゴールに迫ってくる。が、ここはDF陣がよく頑張って後半の失点した一瞬以外は押さえ込んだ。

050508_154113
この攻防はものすごく楽しめた。まあ、抑えきったから「楽しめた」って言えるんだけど。それにしても敵ながらワシントン、サポーターを楽しませてくれる素晴らしいフォワードだね。ただ、ヴェルディの攻撃がワシントン頼りって感じだったので、ある意味守るのは楽だったかもしれないけど。

後半、ヴェルディに押され気味になり、一点を失ってからはずっと厳しい時間が続いた。残り時間は少なくなり、かなりヤバイ状況になってきたけど、今年の鹿島はチームもサポーターも去年とは違うと思ったのがこの時間帯。サポーターはずっと勝利を信じて強い気持ちで応援をし続けたし、チーム、特に小笠原は攻め続けた。

ロスタイムになって小笠原にボールが渡り、止めようとしたヴェルディのGKが赤札一発退場になり、PKを得たのも、そういった気持ちが結果に繋がったものだと思う。

それにしても交代枠3枚を使い切ったヴェルディ、GKは誰が・・・という時に、ワシントンがGKグローブをはめた瞬間の場内のどよめきと笑い(失礼!)はすごかった。そして小笠原のPKがポストに当たった瞬間の一瞬の大きな落胆と、そのこぼれ球を新人FW田代がゴールにけり込んだとき(J1初ゴールが決勝点!)の歓喜。3分間であれだけのことが起きるなんて・・・サッカーは本当にドラマだな、って思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月1日 - 2005年5月7日 | トップページ | 2005年5月15日 - 2005年5月21日 »