« 2005年10月23日 - 2005年10月29日 | トップページ | 2005年11月6日 - 2005年11月12日 »

2005/11/05

おやこdeサイエンス はじめのワークショップ

おやこdeサイエンス」という実験プログラムに親子で参加することになった。

この実験プログラムは東京大学大学院 情報学環 ベネッセ先端教育技術学講座が行なう学習プログラムで
・ケータイを使って
・親子で
・実験を通じた科学(理科)学習を
する3週間のプログラムだ。

3週間の最初と最後に参加者全員が集まって実験ワークショップを行い、その間の平日は子供がひとりで、週末は親子で一緒に実験をしていく。

そして、参加する親子にはケータイ(FOMA)が貸与される。

基本的には子供が与えられた実験課題や応用ドリルにとりくみながら「光」について学習をしていくが、その支援ツールとして携帯が使われる。子供はケータイで実験についての実験のやり方を学び、実験を中心に、実験結果を予想したり、関連するドリルを解いたりする。そのプロセスは親のケータイに通知され、それを見た親が子供を支援するためのメールを出したりする。

僕にとって、このプログラムに参加することはいくつかの意味がある。

まずは、教育工学を学ぶ者として、最先端の研究・実験プログラムに参加者として参加すること。最新の研究成果に触れたいし、今後自分も様々な研究プログラムを進めていく(であろう)ことを考えると、参加者(被験者)がどんなことを感じるかを知っておきたかった。特にeラーニングの研究をする立場としてm(mobile)-Leanringについて、学習者の立場で見ておきたいということがあった。

モバイル好きとしては、新しいケータイの使い方や可能性について知っておきたいということもあった。

そして親として。娘が理科を好きになる上で役に立つだろうし、何より単身赴任者としては親子で一緒に楽しむ機会を得ることになる。そして、これから先の親子のケータイ関係を考える良い機会になると良いと思う。(すでに娘にはケータイを与えている)

今日は「はじめのワークショップ」。都内某所に集まり、最初にアンケートとプレテスト(親と子が光に関する問題にそれぞれ答える。問題は親子とも一緒(^_^;))の後、サイエンスショー+親子で実験、そしてケータイの使い方についての説明を受けるというもの。

サイエンスショーをやるのはガリレオ工房の皆さん。光の色や進み方についてサイエンスショーと親子でトライする実験を交互に合計6種類もやってくれた。会場からは実験の結果が出る度に親子共々歓声が上がっていた。素晴らしいサイエンスショー&実験だった。

娘に聞いたところ、一番楽しかったのは3色の発光ダイオードを組み合わせて色を作る実験、次に楽しかったのは簡単な分光器を作って電球と蛍光灯の光の比較をする実験だったそうだ。実際、自宅に帰ってから当日は留守番役だった妻に実験を再現し、得意げに説明をしていた。

当日配られた「おやこdeサイエンス」の中でも、自分がやっていることを他人に話す「自己説明」が学習効果を高める上で重要、とされているが、自己説明のターゲットとして、参加する「おやこ」の「おや」だけでなく、その周囲の家族の存在も大事だと思った。

そして子供が自分から報告をするというのは、その日(イベント)を楽しんだ証拠だと思う。長時間かつ盛り沢山なワークショップだったため、帰路ではかなり疲れているように見え、正直なところ「今日は楽しめたかな?」と心配していたが、それは杞憂だった。

テーマパークやアミューズメント施設のプロデュースをされている方から「そのテーマパークが価値あるものかどうかは、家に帰ってから家族みんなでその日の楽しかった思い出を語り合う『キャンドル・トーク』がなされるかどうかで分かる」というお話を伺ったことがある。

きっと、他の沢山の家庭でも、今日の実験の報告がお留守番の家族にされていると思うし、その意味で、今日のワークショップは参加した親子+その周辺の家族にとって価値あるものだったと言えるだろう。

また、これからのプログラムへの期待を物語るように、娘は週明けに送られてくることになっているケータイをとても(僕が思った以上に)楽しみにしている。「ちゃんとくるかな?間違って熊本に行かないかな?熊本に送られてきたら、すぐにこっちに送ってね。すぐにだよ!きっとだよ!」といって僕は東京宅を送り出された(^_^;)。

こういう実験的、しかも色々な人、さらには子供も集めたワークショップって本当に大変だと思う。スタッフの皆さん、本当にお疲れ様です。そして3週間よろしくお願いします。

<このプロジェクトのリーダーである中原さんのblog ワークショップの舞台裏が読めます。>
http://www.nakahara-lab.net/mt/archives/2005/11/de.html

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/11/03

まろやか 栗~む

まろやか 栗~むの販売現場「ごまたまご」の銀座たまやがこの秋出した新作。

羽田空港のターミナルで割と盛大に売り出していたけど、また銀座たまやのWebサイトにも載っていないので、本当の新作か、あるいはテストマーケティングとして羽田だけで限定して売っているのかもしれない。(あるいはWebの更新が遅いだけ?(^_^;))

とにかく羽田では凄い気合いで売っていた。ごまたまも売っていたけど。

パッケージは秋らしい色で可愛い。中には個包装された一口サイズのお菓子が8つ。

まろやか クリームパッケージ8個入りで税込み1000円。
羽田のお土産はこの「8個1000円」という価格帯のものが多い。熊本土産のように8~10個で500円位のお土産を臨みたいところだ。

賞味期限は13日間(11/1に買って、期限が11月13日だった)まろやか 栗~むの箱の中

<買う立場から>
★★★

とても美味しいし、自分用にはまた買いたいと思う。でもお土産としては、ありきたり。「秋の新作お土産」で栗を中心に据えたものが羽田でも沢山見られたが、少し短絡ではないだろうか?栗のお菓子のお土産は老舗の定番商品としても沢山あり、そこに新作で割り込もうというのはマーケティング的にもどうだろう?どうせやるなら、今までに無かった栗の使い方をするとか、産地を特定した栗を使って地域性を打ち出すとか、栗をはずしてみるとかを考えて欲しい。

日持ちもそこそこで、持ち運びにも苦労は無いが、値段にも手頃感が無い。
本体「東京」土産としての特徴も無ければ、「ごまたまご」のようなオリジナリティやサプライズにも欠けるのでお土産としては★3つ程度。ただし、これが「羽田限定」とかであれば、希少性によりお土産としての価値が高まるので、★をもう一つあげてもよいかもしれない。

味は本当に良くて、お菓子としては★4つあげても良い位なのだが・・・。その意味では東京の人が東京の人に持って行くちょっとしたお土産としては良いかもしれない。

そうそう、ごまたまご同様、流れるような口上があれば(今はまだ練習中のようだった・・・)、つい買ってしまうかも。それはそれで買う側の楽しさを提供していて◎だと思う。


 このお土産をもらった(食べた)ことがある、またはあげたことがある人・は評価をお願いします。評価する際にはコメントの冒頭に★(0.5のときは☆)を5つまで書き、その根拠(特に★を減らした理由)や感想などを書いてください。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/11/01

連載開始!ヒューマンキャピタルOnline

日経BPのヒューマンキャピタルOnlineというWebマガジンで連載をはじめています。

ヒューマンキャピタルOnlineは企業の人材開発部門、教育研修部門、あるいは事業部の教育研修担当部門に所属する方々のための情報サイトです。

私が担当するのは「人材開発担当者はこのWebサイトをチェック!」というコラムで、人材開発を担当される皆さんにお役に立てそうなサイトをご紹介していきます。更新は月一、今のところ月の半ばくらいに新しい記事が掲載される予定です。第一回の連載は「統計データが楽々活用できるサイト 」というタイトルで書きました。

また、私の他にも、リンクアンドモチベーション代表の小笹芳史さんの「モチベーションマネジメントで職場と個人が生まれ変わる!」、人材育成の世界では有名な日経BPの松本庸史さんの「元気企業の人材開発 」「人材育成のすすめ 」といった魅力的な連載がラインナップされています。

是非ご覧ください。購読は無料です。メルマガもありますので、ご登録いただくとよろしいかと存じます。

それと、ぜひ「このサイトは良いよ」というものがあればご紹介ください。どうぞよろしくお願いいたします。

<日経BP ヒューマンキャピタルオンライン>
http://hco.nikkeibp.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京の朝焼け

東京は秋晴れ。ちょっと寒いけど気持ち良い朝。
今日から11月。移籍してからあっというまの3ヶ月。
今朝も朝一の便で熊本へ。


☆モブログ with W21SA☆051101_053901.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/10/31

日本最薄の和菓子

松風のパッケージ熊本には日本一うすい和菓子がある。それは「松風」日本一、うすい和菓子のしおり

いかにも和菓子らしい包装がされたパッケージを開けると、「日本一、うすい和菓子」というしおりが入っている。ちなみに箱には「松風本家」と書いてある。確かに空港の売り場にも何種類もの「松風」を売っていた。

包みを開けると八つ橋に似たおせんべい(ただし八つ橋と違って真っ直ぐ)が21枚入っている。その厚さ1mm弱。このあたりが日本最薄か。

表面についているけしの実が松の皮をモチーフしているそうだ。

味は上品な甘さ。しかもひとつひとつが軽いのでついつい食べてしまう。包みををひとつ開けて3~4人でお茶菓子として頂いても良いかもしれない。(21枚入っているので、それでも一人当たり5~6枚はあたることになる。)日本茶だけでなく珈琲や紅茶にも合う。

8包入りで525円(税込み)。賞味期限は約3ヶ月。

ところで、今日、このお土産を持参したスパイス・ワークスさんで話題になったんだけど、一箱あたりの枚数はものすごいことになる。8包み入りで168枚、16包入り(1050円)だと336枚入り!「一箱あたりの枚数」でも日本一かも(笑)。

包みの中身

 

松風の中身

 

薄い松風

 

 

 

 

<買う立場から>

★★★★☆

上品で美味だし、「日本最薄」という話題性(それが本当に日本最薄かどうかは検証のしようもないが・・・)がお土産としての価値を高めている。箱を開けたとき目に飛び込む「日本一 うすい和菓子」というキャッチコピーと、松風をつくるご主人の真剣な表情がもらった側の軽い感動(^_^;)を呼ぶ。

重量の軽さと日持ちの良さ、物理的な丈夫さから持ち運びにはとても便利。しかも個数(枚数)が多いと価格の手ごろさから、会社や職場、特に人数が多いところへのお土産としてもgood。

惜しむらくは熊本を想起させるものが弱いこと。実際には熊本の良い素材をふんだんに使っていて、「熊本ならでは」なのだが、それが伝わりにくいのが残念。やはり「お土産」には一目見てその土地のもの・名物か分かるか、なぜその土地のお土産かの口上を述べやすいことが求められる。そこで0.5ポイントのマイナス。ただし、「松風」のなんたるか(^_^;)をお土産を渡す側が良く理解していれば、そのマイナスは十分にカバーできるはず。

ということで、熊本土産としてはかなり良いと思う。


このお土産をもらった(食べた)ことがある、またはあげたことがある人・は評価をお願いします。評価する際にはコメントの冒頭に★(0.5のときは☆)を5つまで書き、その根拠や感想などを書いてください。

 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005/10/30

羽田の搭乗口近辺も無線LANが使える(みたい)

羽田空港第1ターミナルの搭乗口近辺では無線LANが使えるようだ。

以前、「羽田での仕事環境」という記事で「羽田空港第1ターミナルの搭乗口近辺では無線LANが使えない」と書いたが、今、この記事は羽田第1ターミナルの15番搭乗口でon書きしている。

熊本からの便の中で書いたメールをすぐ出したくて、搭乗口を出たところの「パソコンデスク」で試してみたら(ダメなら携帯でつなぐつもりだった)、ちゃんと繋がった。


つまり、使えるんだね、このあたり。
ビッグバード(羽田空港ターミナル)のWebサイトを見ると、そういう風には見えないんだけど・・・・。

羽田空港のパソコンデスク

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年10月23日 - 2005年10月29日 | トップページ | 2005年11月6日 - 2005年11月12日 »