« ビジネスセッション満員御礼 | トップページ | おかげさまで一周年 »

2006/07/30

e-Learning World2006の傾向

e-Learning World2006の傾向、といったものを何人かの知人や教授システム学専攻の履修生とディスカッションしながら整理してみた。

1.実写収録系の動画の展示が多い

デジタルビデオで収録した動画のコンテンツ化やWebカメラでの同期型のような、実写収録型の動画、つまり作り込んでいない動画の活用に関する展示が目についた。これは「お手軽」にeラーニングを作ろう、という提案。後述するように、学校マーケットをにらんだ、つまり「授業を収録してeラーニングを作りましょう」という攻め方ともいえるだろう。

2.学校がターゲットに

学校、それも大学向けのサービスやコンテンツを展示している展示者が多かった。最近、eラーニングを導入しようとする大学が増えているためだろう。主に学習管理(というか学生管理)のシステムや、前述の通り、授業収録→コンテンツ化のためのツールの展示が多かった。

3.コンテンツが無い?

外国語のコンテンツが目についた。反面、eラーニング業界で「売れ筋」といわれており、去年は山のように展示されていたコンプライアンス、情報セキュリティ、個人情報保護のコンテンツはほとんど見られなくなった。(見慣れられてしまい展示として訴求しないためか?)さらにいうとIT系のコンテンツ(オフィス系にしても、その上のサーバやデータベースにしても)が見られなかった。ある教育サービス事業者の方が「コンテンツの買い付けに来たんだけど、全然売ってないんだよね」とおっしゃられていたのが印象的だった。

4.何が売りたいの?

何が売りたいのか、何がウリなのかがわからない展示が、特にベンチャー系の展示者で多かった。これは展示のセンスの問題なのか、ビジネスのコンセプトが不明確なのか、どちらが原因かはわからないが。
富士通、日立、NEC、NTT(ラーニングシステムズ)のような大手(資本も人員も多い)の会社はすべて扱うワンストップショッピング、ということでよいだろう。またデジタルナレッジやネットラーニングといった新興でのびている会社はそれぞれ明確なビジネスコンセプト(両者ともコンテンツ中心の展開)を持っている。しかし、本来、明確なコンセプト、もっといえばニッチを探してピンポイントで攻めるべきであろうベンチャー群が何となくワンストップ、という感じになっているのはどうかと思う。

正直なところ、どこも似たりよったりの展示になっている。ということはベンチャーの皆さんには、他社の展示を見ながら、他社が手をつけていないところ、大手が手をつけられないところを見つけ(これがニッチだよね)、新しいビジネスを考えてみてほしい。

そういう意味では、このeラーニングワールドは、来場者への情報提供の場であるとともに、展示者間のビジネス交流やアイディア創出の場だと考えると面白いのではないだろうか?

|

« ビジネスセッション満員御礼 | トップページ | おかげさまで一周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/11150620

この記事へのトラックバック一覧です: e-Learning World2006の傾向 :

« ビジネスセッション満員御礼 | トップページ | おかげさまで一周年 »