« エコな暑さ対策 | トップページ | お座敷でGPプロジェクトミーティング »

2006/08/21

学生さんの来訪

今日は、教授システム学専攻の修士履修生の筒井さんが大学に来てくれた。そして、あらためてフェイス・ツー・フェイスのコミュニケーションの大切さを痛感した。

教授システム学専攻はインターネット大学院なので、日頃、学生の皆さんに顔を合わることは無い。そのため、学会やイベントの度に 「熊大ナイト」と称して飲み会を開いたり、鈴木先生や僕が東京に出張する都度、 東京リエゾンオフィスでオフィスアワーを開いたりして出来るだけ会うようにしている。

それだけではなく、熊本に用事がある人たちも大学によってくれることがある。今日は、大阪在住・在勤の筒井さんが、 熊本出張のついでに寄ってくれ、僕と宇佐川先生と3人で話をした。

まず話題は、学習時間の確保。筒井さんはちょうど仕事がもっとも忙しい時期で、帰宅時間は遅く、週末もつぶされてしまうとのこと。

筒井さんに限らず、忙しい社会人大学生にとっては難しい課題だ。これまでにも色々な人に話を聞いてみたが、早朝の出社前、 帰宅後の深夜に学習する人、ウィークエンドに学習する人、平日日中の移動時間やちょっとした待ち時間といったニッチタイムを使う人、様々だ。

ただ、宇佐川先生と僕が感じているのは、頑張りすぎて、プライベートな生活、たとえば家族との時間を全て捨て去ってしまうと、 学習は続かないだろう、という点。

学期末やレポート提出の直前など、たまにはそういうことがあっても仕方ないが、それが恒常的になると、疲弊しきってしまい、 元気がなくなって余計勉強が進まない、ということにもなりかねない。実際に僕も、それで続かなくなってしまった友人を何人も知っている。 逆にうまく続けている人は、週のうちどこかを家族との時間や、自分なりのオフタイムにしていることが多い。

それと、eラーニングでの学習となると、オンラインの環境が必要ということになるが、 オフラインでも学習できるような工夫をしないと社会人の学びではきついよね・・という話になった。モバイル環境で学習しやすくしたり、 紙にプリントアウトしやすくしたり、という工夫が社会人の学びには重要だろう。 教授システム学専攻の各科目でもそのあたりにはある程度配慮しているつもりだが、まだまだ改善の余地はありそうだ。

また、教員毎、というか科目毎に学習の仕方が異なり、それぞれの学び方を見いだすのに時間がかかった、という話にもなった。 これは僕も放送大学などで学んでいるときにも感じたことで、教える側が教授法略を考えるように、学ぶ側も学習法略を考えなくてはならない。 企業のeラーニングなどだと、ある程度学習のしかたをそろえられるんだけど、 教員への依存が大きい大学のeラーニングだとどうしても科目毎に違いが出てしまう。 こちらもあまり差が大きくならないように努力はしているんだけど・・・。

たぶん、学び方を標準化する、という方向よりも、 学習者が科目毎の学習の仕方をできるだけ早いタイミングで気付くようなしつらえを考えた方が良さそうに思えた。

3人で話した後、eラーニングコンテンツの開発や運用を担当している教材作成室に筒井さんをお連れした。「筒井さんです」 とみんなに紹介すると、教材作成室のスタッフはみんな「あぁ、あなたが・・」という親しみがこもった反応をしてくれた。 毎日のように履修生の名前を見ながら、学習の進捗を見ているスタッフにとっては、顔こそ知らないけど、とても近い存在に思えるのだろう。進捗状況から見て、筒井さんにアドバイスをしてくれるスタッフもいたけど、雰囲気は既に「顔見知り」同士の会話という感じだった。

そして、筒井さんの方も「eラーニングの画面の見方が変わる気がします。画面の向こう側に皆さんがいると思うと親しみが持てるし、 励みにもなりそうです。」といったことを僕に言ってくれた。

筒井さんからは、ご丁寧にお礼のメールまで頂戴し、その中で「短い時間ではありましたが、今日の先生方とのお話および、 教材作成スタッフの皆様との交流で、学習に対する新たなモチベーションが湧いてきました。一人で深夜黙々と学習するうちに、 必要以上の孤独感を感じていたのが、今日のちょっとした交流で、うそのように晴れた気がします。」とも言ってくれた。

それは僕の方も一緒で、いつもメールやLMS越しのコミュニケーションをしてはいるものの、こうやって実際に会っていると、 皆さんの学びをサポートする教員としても気持ちを新たにすることができた気がする。

ということで、eラーニングでも、フェイス・ツー・フェイスのつながりは、学ぶ側・教える(学ばせる) 側の双方にとって大事だということを改めて感じた。

筒井さん、暑い中ご来校ありがとうございました。また来てください。他の学生さん達もご来熊(らいゆう) をお待ちしてます。

|

« エコな暑さ対策 | トップページ | お座敷でGPプロジェクトミーティング »

コメント

何だ、筒井さん、熊本にいらっしゃってたんですか。
5時半ぐらいまで、自習室にいたんですが。。
次回は、事前にご連絡ください!

投稿: 村嶋 | 2006/08/22 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/11553475

この記事へのトラックバック一覧です: 学生さんの来訪:

« エコな暑さ対策 | トップページ | お座敷でGPプロジェクトミーティング »