« JSiSE全国大会第3日 | トップページ | パソコンの熱対策 »

2006/08/26

「授業法基礎」研修初日

今日は日本弁理士会 知財ビジネスアカデミー2006年度前期『授業法(基礎):大学で知財を教える人の必須科目』 研修に講師登板。 この研修は、サブタイトルの通り、大学で知財を教える人に、教育の考え方、授業のデザインなどを学んでもらうための研修で、 妹尾先生と一緒に研修のデザインやインストラクションをして4年目になる研修だ。

「授業・研修のしかた」というと、つい「話し方」「生徒の指し方」といったノウハウ面に終始しがちだが、 この研修ではデザインをメインとし、実際に模擬授業をしてもらうなかでノウハウ面にも触れていくようにしている。

受講者は弁理士さんと企業の知財部員がメインで、多くの皆さんは企業や学校などでの授業・研修経験がある。そして、今後、 大学等で教える予定がある方ばかりだ。

今日は初日で、まず妹尾先生から教育に対する考え方についての講義のあと、事前課題として課せられていた「知的財産概論」 のシラバス案を受講者の皆さんに発表してもらい、それに受講者や講師(妹尾先生と僕)からコメントし、問題点が何か、 改善の方向性について議論した。

「経営学部の3・4年生向けに」「知的財産概論を」「2単位15回の授業で」「約100人のクラスで」といった条件に対し、 11人の受講者が、内容や授業の進め方が全く異なるシラバスを作ってきた。弁理士や知財部員といったも、 ぞれぞれ異なった専門分野を持っているためだが、それにしても同じ「知的財産概論」とは思えないほどのバリエーションだった。

これらのシラバスをインストラクショナル・デザイナーとしてのの目からすると

  • 目標が高すぎて現実性が無かったり、目標と各回の内容と評価(テスト)が不一致
  • 実現可能性に問題があり、授業の実施が困難そう

といったものが多かった。

だいたい、はじめて大学のシラバスを書く実務家・専門家はこれらの問題を抱えることが多い。 自分の専門分野を教えることへの情熱が強く、もちろん、それはとても大事なことなのだが、情熱の強さゆえに、 つい高望みをしてしまうことが多いためと、やはり研修や授業に関する経験が少ないためだろう。

次回(2週間後)までにどのような改善がなされるかが楽しみだ。

|

« JSiSE全国大会第3日 | トップページ | パソコンの熱対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/11621299

この記事へのトラックバック一覧です: 「授業法基礎」研修初日:

« JSiSE全国大会第3日 | トップページ | パソコンの熱対策 »