« 学生さんの来訪 | トップページ | Jsise全国大会初日 »

2006/08/22

お座敷でGPプロジェクトミーティング

今日は、現代GP「elこころ学習プログラムの開発」の第1回プロジェクトミーティング。とはいえ、GP申請に向けてかなりの回数と時間、ミーティングを重ねたので、「第1回」という感じはしないのだが・・・・。

今回は予算やスケジュールの確認と組織作りのためのミーティング。今回のプロジェクトは3つのシステムと4つの科目(クラスルームの授業+eラーニングコンテンツ)をほぼ同時に開発していくため、きっちりしたプロジェクトマネジメントの手法を持ち込んでプロジェクトを進めたいと考えている。その皮切りにまずは組織作りをしっかりしよう、ということになった。

大学に来て驚いたことは、プロジェクトを起こすときに、組織作りをしないケースが多いこと。企業だと、少しでも大きめのプロジェクトになると、組織作りをし、責任者を決め、業務分担や権限委譲をしていくことが多いが、大学ではそういったことをすることが少ない。(熊大だけではなく、大学一般にその傾向のようだ。)今回は、それをくつがえすべく、組織作りにこだわってみた。

組織作りのミーティング、というと、色々な関係者の利害が絡み、「腹のさぐり合い」「綱引き」をしあうことが多いが(企業でも)、今回のミーティングではそういうことは全くなく、和やかな雰囲気の中でてきぱきと進んだ。20060822ozashiki_1


それはメンバーそれぞれが、学部は異なるにせよ、これまでの申請に向けた作業や議論で既に気心がしれてきたということもあるが、「お座敷」で会議をしたことも影響している気がする。

今日は、大学内のくすのき会館という施設の和室での会議となった。お茶やお菓子を頂きながら、まさに膝つき合わせて本音ではなせたのは、人を和ませる「お座敷」という場の力かもしれない。やはり「場」のしつらえは大事なようで・・・。

|

« 学生さんの来訪 | トップページ | Jsise全国大会初日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/11560976

この記事へのトラックバック一覧です: お座敷でGPプロジェクトミーティング:

« 学生さんの来訪 | トップページ | Jsise全国大会初日 »