« メンタルヘルスに効くサイト? | トップページ | 板橋花火大会 »

2006/08/05

現代GP採択!

平成18年度の「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」(いわゆる現代GP)に熊本大学から提案した「elこころ学習プログラムの開発-教員志望のすべての学生にこころの健康一次予防力を養成するe‐Learning Program の
開発」を選定
いただくことができた。

このプログラムは、教員を目指すすべての学生(教育学部以外の学生も含む)に「心の健康に関する一次予防力」を修得させるe-Learning Program を開発しようとするもので、簡単に言うと、心の健康に関するファストエイドを実践する力をeラーニングを使って身につけさせようとするものだ。

(詳しくは6. 「ニーズに基づく人材育成を目指したe-LearningProgramの開発」(選定取組一覧)(PDF:162KB) (概要及び選定理由)(PDF:208KB) をご覧ください。)

従来も大教室で心の健康についての(一方的な)講義は行ってきたが、それでは実際にどうすればよいのかが学べないし練習もできない。練習ができるような小クラスでの演習も行われてきたが、教員の数などの関係から全学生が受講できるような展開は難しい。そこでeラーニングを使って、全学生に、演習に近い学習の機会を提供しようと考えた。

熊大の教育学部を中心に、総合情報基盤センターや教授システム学専攻も協力しながらプロジェクトを進めていくことになっている。僕自身、メンタルヘルスには以前から興味があったので、このプロジェクトはとても楽しみにしている。今後の展開は、このブログでもご紹介していくつもりだ。

|

« メンタルヘルスに効くサイト? | トップページ | 板橋花火大会 »

コメント

おーりゃんさん

コメントありがとうございます。
まさにその通りで、ねらいは「教員がメンタルヘルスをサポートする為の基礎知識取得のe-Learning」です。

たとえば、子どもの異変に気付き、専門家と一緒に対応ができるようになるような力を付けてもらおうと考えています。ということで「心のファストエイド」です。

投稿: きたむら | 2006/08/05 21:56

メンタルヘルスとe-Lerningってイマイチ結びつかない。
そもそもe-Lerningで問題が解決する位ならメンタルヘルスの心配は要らないのでは?
世の中それくらい、「情報」は溢れてると思うけど。
もっとvividでinteractiveなコンテンツ(=human interface)が必要なんじゃないですか??

メンタルヘルスをサポートする人の為の知識取得のe-Learningなら分かるけど。

投稿: おーりゃん | 2006/08/05 13:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/11190307

この記事へのトラックバック一覧です: 現代GP採択!:

« メンタルヘルスに効くサイト? | トップページ | 板橋花火大会 »