« 「授業法基礎」研修第2日 | トップページ | 研修の集客をするには »

2006/09/10

日本弁理士会 アキバウイング教室の秘密

僕が登板させて頂いている「授業法基礎」をはじめ、「知財ビジネスアカデミー」の会場になっているのが、日本弁理士会 アキバウイングの教室だ。この教室には秘密ががある。階段教室なのに床はフラットなのだ。
Jugyouhou0909_001
受講者が増えると階段教室の方が、講師から受講者の顔も見えるし、なによりディスカッションや質疑応答でお互いの顔が見えるので、研修や授業はやりやすい。ところが階段教室にすると、レイアウトは固定されてしまい、グループワークをやるときには不便で、グループワークのために他の部屋に移動したり、受講者に無理な姿勢を強いたりすることになる。

このアキバウイングの教室は、机と椅子の高さに差をつけてあり、フラットな床の上にそれを配置している。そのため、階段教室といえども、人数などに応じて大きさを変えることができるし、グループワークをするときには、机と椅子を簡単に並び替えることで、グループ毎に簡単に分かれることができる。とても使いやすい。Jugyouhou0909_002

この教室になれてしまうと、フラットな教室で受講者が見えないことや、階段教室でレイアウトを帰られないことがとても不自由に思えてくる。

経験的には、座席や機材を作り込んだ研修会場や教室って、案外使いにくいし、機材の陳腐化にも対応できない。教室にはフレキシビリティが大事な気がする。

|

« 「授業法基礎」研修第2日 | トップページ | 研修の集客をするには »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/11832278

この記事へのトラックバック一覧です: 日本弁理士会 アキバウイング教室の秘密:

« 「授業法基礎」研修第2日 | トップページ | 研修の集客をするには »