« 初心者による形式知化(コンテンツレビュー会) | トップページ | 明治村 »

2006/09/01

Dream-X プロジェクト発表会(株式会社ISOWA)

Isowa1
今日は株式会社ISOWA様のDream-X プロジェクト発表会に参加。このDream-X プロジェクトは新入社員の皆さんのための研修型プロジェクトで、様々なことを学びながら同社のBoxDreamという世界初の段ボール用ジェットプリンタを使った商品を考えるというもの。BoxDreamを使うと、たとえば写真のようなものを作ることができる。これは全部段ボールで出来ている。僕と一緒に写っているのが社長の磯輪さん


スコラコンサルトの小島さんと一緒にこの研修型プロジェクトのお手伝いをしてきた。

4月のはじめに2日間にわたり「アイディアの出し方」の研修を行い、そこから今日の発表会まで、新入社員の皆さんは自分なりにアイディアを考え、他の新入社員と話し合い、先輩社員から知恵を借り、試作品を作ってきた。

この日は第一部は考えたアイディアの発表会。先輩社員(ダンレボチーム)、インターンシップの学生さん(写真の作品を空間デザインとして制作した)につづき、全員が素晴らしい発表をした。オリジナリティにあふれたアイディアを、それぞれ自分の個性を出したプレゼンで披露した。(どんなアイディアだったかはご容赦を・・・)

第1部で、磯輪社長と小島さん、そして僕はコメンテイターの役だった。こういうコメンテイターをやったことがある人は経験があると思うけど、「コメントできない、しにくいような出来の悪いアイディア」が出てくると本当に困る。でもこの日は、お世辞ではなく、僕が刺激を受けて、ガンガンコメントすることができた。

第1部には、職場の上長や先輩もギャラリーとして来てくれてコメントをしてくれた。結構辛口なコメントもあったが、その中に部下や後輩を育てようという気持ち、そして「お、結構やるな」と見直すことができた喜びを感じることができた。

会社勤めの経験がある人には分かると思うけど、新入社員にとって上司や先輩から認めてもらうのは一つの大きな壁だ。この発表会がその壁を越えるきっかけになりそうな予感がして嬉しかった。来週の職場での会話が楽しみだ。

第2部はプロジェクトの振り返りで、小島さんと僕がリードしてワークショップをした。この5ヶ月間の自分の気持ち、そしてプロジェクトの雰囲気の浮き沈みをグラフに書いてもらい、その山や谷で何があったかを振り返った。

ここでの学びは、いろいろなシーン、特に山から下がっていくとき、そして谷から上がるときに他の人の助けがとても大きいと言うこと。そしてその「他の人の助け」は直接的なものだけではなく、たとえば頑張っている人の姿を見ること、自分の話を聞いてくれること、それだけでも大きな助けになるということだった。

素晴らしかったのは、プロジェクトのサポートをずっとしてくれた先輩社員(ダンレボチーム)に書いてもらった、「このプロジェクトへの貢献一覧」。同社の行動指針
 1)オレがやる → チャレンジこそ最高の美徳
 2)協力する → 信頼し合い、相談し合える人間関係
 3)明るくする → ものが言える自由な雰囲気
を整理軸に、新入社員の皆さんがそれぞれこのプロジェクトで、他の人にどんな貢献をしたか、どのように個性を発揮したかをリストアップしてもらった。

それを新入社員の皆さんに見てもらったところ
・自分の思ってもいなかった面があり、それが他の人の支えになっていた
・自分が普通にやっていたことも行動指針に合致していた
という点に気づきを得ていた。

この研修型プロジェクトの、「研修」つまり学びの部分の最大の点は、会社の行動指針を自分のものとして理解し、実践できるようになることだったので、この気づきはとても嬉しいものだったし、自分たちの個性や日常やっていることに自信を持ってもらえるようになれたと思い、僕も嬉しかった。

会社の行動指針って、「どうせ上が決めたもの」って斜に構えちゃう人が多いんだけど、それはその人にとって損だしつまらないことだと思っている。行動指針にそって頑張れば、他の人たちと共感し、共鳴し、協働できることが増えると信じている。それを新入社員の皆さんに学んでもらえたらとてもうれしいし、それはたぶん実現できたんじゃないかと思う。

社長の磯輪さんもブログに今日のことを書かれているので、そちらも見て頂きたい。より雰囲気が分かると思う。
http://blog.goo.ne.jp/h_isowa/e/b19985662509a1b44aa78c870105145b

新入社員の皆さん、サポートされたダンレボチームの皆さん、そして新入社員とダンレボチームを暖かく見守られてきた管理部門の皆さん、そして磯輪さん。本当にお疲れ様でした。僕にとっても良い勉強になりました。ありがとうございました。

|

« 初心者による形式知化(コンテンツレビュー会) | トップページ | 明治村 »

コメント

遠いところはるばるお越しくださいまして、ありがとうございます。
私は北村さんのコメントの「○○で賞」にかなりはまっておりました!
本当にたくさん考えつくものですね。

今回の研修&発表会によりDream-Xメンバーの成長と共に
私もちょっとだけでも成長できていればと思いました。

また今後ともよろしくお願いします。

投稿: あさっち | 2006/09/04 12:05

ISOWAのすずきです。
先日はステキなコメントをどうもありがとうございました。

発表をして、コメントをいただいて。第二部では振り返りを導いて下さって。この半年間で何をしてきたのか、ちょっとだけ具体的な形が見えたような気がしました。
4月の研修が無ければ、発表したアイデアも、しなかったものも思いつくことは無かったのかなと。
だから、北村さんと小島さんと出会うことができたことを、とても嬉しく思います。
ありがとうございました。

投稿: すずき | 2006/09/04 08:48

北村さん

研修型プロジェクトの研修面、プロジェクト面、両方にわたっての献身的な協力ありがとうございました。

新入社員にとって気付き、学びのあったプロジェクトだったと思っています。もちろん私にも。

今日社員のN君が、

 「北村さんや小島さんのコメントする際の着眼点がすごい
  ですね。なかなかああいう見方はできないです。

  昨日もお二人のコメントを聞いていて、一緒に聞いて
  いたF君も同様のこと言ってました。

  そう感じるF君もすごいと思いました。」

ですって。

こんな風に感じてくれる社員があちこちにいるってことが
我が社の強みだと思っています。エッヘン

そしてもうひとつこんかいのDream-Xでは成果がありました。何だかわかります?

それは、北村さんや小島さんと出会えたことです。
これも私や我が社の社員にとって、とても貴重でした。

いい人がまたいい人を紹介してくれる。こうやってご縁の
輪が広がっていく。何てったって『輪』は磯輪の『輪』
ですから。

 「『輪』をもって尊しとなす」 by 磯輪英之

でした。

これからも応援お願いしますね。
ありがとうございました。

投稿: 磯輪 | 2006/09/03 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/11725560

この記事へのトラックバック一覧です: Dream-X プロジェクト発表会(株式会社ISOWA):

» Dream-X プロジェクト発表会 [磯輪日記]
今年の新入社員がまだ内定者だった今年初めからスタートした、もうひとつの 研修型プロジェクト Dream-X の成果発表会がありました。 プロジェクトの目標は、     【BoxDream】を活用した商品を提示することで   【BoxDream】の販売につなげる ことで、サブ・ゴールとして、   『これいけるんじゃない』といったアイデアがあれば、   実現可能性を検討し、可能性�... [続きを読む]

受信: 2006/09/03 00:41

» DDRとは【ダンス全般情報】 [ダンス大好き!ダンス全般情報]
ダンスについてまとめていくブログです。どうぞよろしくお願いします! [続きを読む]

受信: 2006/09/12 13:59

« 初心者による形式知化(コンテンツレビュー会) | トップページ | 明治村 »