« ありがとう清水さん | トップページ | ビックリするくらいよい事が! »

2006/09/30

文珍師匠の弟子育て

9/27に自宅でテレビをつけっぱなしにしながら仕事をしていたら、のNHKの番組「生活ほっとモーニング」に桂文珍師匠が出演していて、思わず引き込まれてしまった。(そもそも僕は文珍師匠のファン)

放送内容:この人にトキメキっ! 落語家 桂文珍

上方落語の話、自身と落語の関係などとても興味深い話しが続いたが、仕事柄「弟子を育てる」という話題で思わず反応してしまった。文珍師匠は弟子や吉本興業の担当者に対して厳しいという定評がある。

まず、文珍師匠が言うには、芸人というのはクレープのような薄皮を一枚一枚はいでいくように、芸の細部について突き詰めていくものだという。そしてそのことを実際に弟子にも伝えようとしている。

弟子の楽珍さんは弟子入りして25年。文珍師匠もその実力は認めているが、まだ一人前としては扱っていない。

楽珍さんは「何度も辞めたくなった」という。文珍師匠はとにかく厳しく、「おしぼりでも冬・夏は温度が違うだろう。お客さんの気持ちになって考えなくては。弟子は師匠の気持ちにならなくては。」と言って、ちょっとした失敗でも許してくれないという。

実際にどのようなやりとりがされているかも紹介された。

楽珍さんが前座を務める間、文珍師匠は袖で聞いている。ネタは上方落語の「宿替え」。
「これ、面白いな」と笑っている。「いいねぇ、あれいいねぇ」楽しそうに見ていたり、うなずいていたりする。たまには大笑いさえ・・・。
ところがある箇所に来て急に「ああ、ここが違うな」と厳しい顔になった。

高座に出る文珍師匠は、帰ってきた楽珍さんに「後で言う」と冷たく言い残す。

文珍師匠が高座を終え楽屋に帰ってくる。
「楽珍なぁ、宿替えな、あれ難しいな。細ひもでくくった後で、でもぱ~っと離してしまうと、そこまでの面白さが生きない。リアリティが残らない。折角のそこまでを活かさなくちゃ。」といった話をする。

あれだけ袖で笑っていたのに、一言もほめない。
だけど僕が感じたのは「折角」という言葉が短い間に3回は出てきたこと。
多分、文珍師匠師弟の間ではこの「折角」というのは、その部分は出来ている、ということを認める、ある種のほめ言葉なんじゃないかと思った。このあたりに文珍師匠の弟子の育て方のうまさの秘密がありそうだ。

文珍師匠は言う。「具体的に言ってやらなくちゃ。前に物語を進めようと焦って芸が乱雑になる。そこが言いたい。」「何もしなくても伸びる、ほめると伸びる、叱ると伸びる。色々な子がいる。難しいよね。」

文珍師匠は、笑福亭鶴瓶桂南光両師匠と3人で「しごきの会」という若手落語家の育成の場を年4回設け、なんとこの3人で前座をやって、若手にトリをやらている。

「良い意味のプレッシャーを与えて、一皮むきたい。だらだらやるのが一番いけない。」と文珍師匠は言う。

「落語は競争。なんばグランド花月で、他のジャンルの芸(ケニアのダンスとかまで)の後で落語の面白さに気付いてもらわなくてはならなかった。客は笑いに来ている。落語を聞きに来ているわけではない。『これでどうだ!』というところまで頑張ってきた。」「一番大切なのはお客様のお好みの調子に合わせ、そのテイストのものを出さなくては行けない。たとえば寿司屋でお任せ、と言われたときに、すし職人は最初の品の様子を見てその後を合わせていく。そのとき持ちネタが多くないとお客様に合わせられない。スポーツと芸事には競争しかない。」

教育、研修、インストラクショナルデザインの世界も一緒だよな、と思った。

学習という面でもうひとつ。
今度、大阪に出来た定席天満天神繁昌亭には楽屋はひとつしか作らなかったという。そこに大看板から若手までが一緒になって過ごし、伝承の場にしていこうという。まさに学習環境デザインだよね。

芸事の弟子育成から学ぶことは多そうだ。

|

« ありがとう清水さん | トップページ | ビックリするくらいよい事が! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/12099709

この記事へのトラックバック一覧です: 文珍師匠の弟子育て:

« ありがとう清水さん | トップページ | ビックリするくらいよい事が! »