« TV会議で打ち合わせ | トップページ | 日本弁理士会 アキバウイング教室の秘密 »

2006/09/09

「授業法基礎」研修第2日

今日は日本弁理士会 知財ビジネスアカデミー2006年度前期『授業法(基礎):大学で知財を教える人の必須科目』 研修の第2日。初日の議論やフィードバックをもとに、改善してきたシラバスを発表し、また受講者や妹尾先生、僕からのフィードバックを受け、議論をした。

今日、自分でコメントしていて気付いたのは、自分なりにだいぶ「大学の授業」のイメージが出来るようになってきたということ。

例えば、受講者が出してきた各回の予定が90分でこなせるか、教室内で行なう課題提出や議論にどれくらいの手間が掛かるか、シラバスに書いてある採点基準で実際に採点する時に困らないか・・といった授業の実施上の問題点について直感的に分かるようになり、大学特有の問題点(単位付与のしかた等)もかなり指摘できるようになってきた。去年はというと、もう少し一般的なインストラクションの話が精一杯で、ちょっと自分に不満だった。

たぶん、、この一年、実際に大学で授業をやってきたことと、熊大の授業改善のプロジェクトで沢山のシラバスを読んだり学生からの授業アンケートや教員からの授業の悩みを見てきたからだろうと思う。

コメントは受講者→僕→妹尾先生の順で言っていくが、受講者の皆さんのコメントや質問、僕のコメントを補足してくれる妹尾先生のコメントからまだまだ学ぶことは多い。この授業法は僕にとってもとても勉強になっている。まさにLearning by Teachingって感じだ。

次回もまたいろいろ学べると思うと楽しみだ。

|

« TV会議で打ち合わせ | トップページ | 日本弁理士会 アキバウイング教室の秘密 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/11824668

この記事へのトラックバック一覧です: 「授業法基礎」研修第2日:

« TV会議で打ち合わせ | トップページ | 日本弁理士会 アキバウイング教室の秘密 »