« キャリア開発を知るサイト | トップページ | 「随兵寒合」 »

2006/09/20

熊大工学部研究資料館の開放

20060919jsme
今、熊大のキャンパスで日本機械学会 2006年度年次大会が開催されている。その一環として市民フォーラム「工学部研究資料館(重要文化財工作機械等)の開放・説明見学」が行われている。黒髪南キャンパス内の熊本大学工学部研究資料館で動態保存されている11台の国指定重要文化財工作機械が動いているところを見ることができる。機械の構造や由来などの説明もあるそうだ。建物自体も重要文化財に指定されていて、レンガ造りで雰囲気がある。20060919jsme_002


日時は9月19日(火)-21日(水) 10:00-16:00 。普段は見ることができないそうなので、お近くの皆さん、是非どうぞ。
なお、五高記念館も期間中特別開館しています。(9月19日(火)-21日(水) 10:00-15:30)

そうそう、全くの余談だが、学会毎に来場者の服装が違っていて面白い。先週の植物学会はアウトドアな感じの服装をしている人が多かったが、機械学会はスーツ姿(それもダークスーツ)が多かった。

|

« キャリア開発を知るサイト | トップページ | 「随兵寒合」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/11962138

この記事へのトラックバック一覧です: 熊大工学部研究資料館の開放:

« キャリア開発を知るサイト | トップページ | 「随兵寒合」 »