« Sigedu教育ワークショップ 第2日午前の部 | トップページ | 集中講義「職業人教育訓練におけるeラーニング」4日目 »

2006/10/21

集中講義「職業人教育訓練におけるeラーニング」3日目

集中講義「職業人教育訓練におけるeラーニング」の3日目。

今日のトップバッターは畑田さん。「自社内での教育・学習支援施策を企画し、その内容をあなたの上司に対するプレゼンテーション資料を準備する 」という課題を受講者2名が発表し、みんなで議論した。

内容は受講者それぞれの会社に関することなのでここでは書けないけど、いずれの発表も生々しい、そして悩ましい問題が含まれたもので、それについてかなり突っ込んだ議論がなされた。

20061021shokugyou3_002
2人目は下山さん。今日の講義は「企業内教育における最新理論」と題して、「ストーリー」「ポジティブアプローチ」「タレントマネジメント」「WEB2.0的」というキーワードを軸に、企業内教育のこれからについて考えていった。

3人目は小松さんの「eラーニングの機能別モデル」についての講義。「これからのeラーニングは構造化された知識の伝授(トレーニング)から、非構造の情報を知恵として取り込む(ラーニング)へと移行すべき」という点を強調されていた。

今のようにコースコンテンツとして整理されたもので学習して知識量を増やすだけでなく、仕事の中で(コンテキストに沿って)整理されていない情報を検索しながら取り込みながら知恵をつけパフォーマンスを上げるようにすることが企業では求められているし、そうなることでeラーニングが普及する、という刺激的な、でもよく考えると当たり前の考え方だ。

受講者も僕自身もあっという間に感じられた一日だった。
集中講義は明日も続く。受講者の皆さんは明日のディスカッションの準備+ほかの科目の勉強で大変な週末だと思うけど、がんばりましょう。

|

« Sigedu教育ワークショップ 第2日午前の部 | トップページ | 集中講義「職業人教育訓練におけるeラーニング」4日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/12368134

この記事へのトラックバック一覧です: 集中講義「職業人教育訓練におけるeラーニング」3日目:

« Sigedu教育ワークショップ 第2日午前の部 | トップページ | 集中講義「職業人教育訓練におけるeラーニング」4日目 »