« お見舞い御礼 | トップページ | また当たり! »

2006/10/28

日本の先生はすごい?

20061028jaet_003
熊本市内で行われた全日本教育工学協議会全国大会シンポジウム2を聞きに行った。

テーマは「教育におけるICT活用の今後-新たな模索」。パネリストは陰山メソッドで有名になり、教育再生会議のメンバーでもある立命館の陰山先生、熊大の鈴木先生、熊本市の情報教育の整備をされてきた前熊本市教育センター指導主事で今は熊本市立碩台小学校教頭の塩津先生、アドバイザーにNIMEの清水理事長、日本教育工学会長で東工大教授の赤堀先生といった豪華メンバーだ。

陰山先生が生活の乱れが学力低下につながっていること、反復学習の有効性やICTが反復学習をより効果的かつ大規模に行う上で重要であることをプレゼンし、鈴木先生が「みんなが納得する授業を創りあげていこう」「これは良くできた!と思える授業はオリジナリティなど気にせずみんなで共有しよう。それが教育工学的」と訴え、塩津先生が、教育用(限定)のイントラの構築の必要性や熊本でのすばらしい実践事例について発表された。

その後、学力低下を中心にディスカッションがされ、日本の子どもたちは勉強時間が短く、テレビを見る時間が長い(いずれも学力低下の原因)割りには、学力は良く、そこは先生方の工夫や頑張りに負うところという話もあった。

印象的だったのが、陰山先生の「学校現場の教員に求められるのは実績を世の中に示すこと。 社会・政治問題化しつつある教育に対して、プロとしての見識を!」という訴えだった。

企業内教育の世界でも同じなんだけど、教育は自叙伝的に誰でも語れてしまうため、素人談義・居酒屋談義がで盛り上がってしまう。盛り上がったときの矛先は学校であれば教員、企業であれば人事部門や人材育成部門ということになる。

それはそもそも、「教育はプロの仕事」と認められていないからで、それを脱するためにも実績を示し、プロとしての見識を聞き入れてもらうことが大事だろう。それは学校においても、企業においても、国レベルでもそうだと思う。陰山先生には教育再生会議で教育のプロのすごさを見せつけて欲しいと思う。

それにしても、この種の集まりでいつも思うのは、世の中、ここに集まるような先生ばかりだったら良いのになぁ・・・ということ。こういう集まりに来る先生は志も高く、知識・スキル・探求心もすばらしい人ばかりだが、そうではない人たちも多いのが学校現場の現状だろう。

そういった「下」の方を見て「先生はダメだ」といったことを言う保護者や自称「教育通」、そしてそれをあおるジャーナリストにも、ぜひ今回のような「上」の議論があることも知って考えをあらためて欲しいと思う。世の中すばらしいをしている先生は多いのだから。

|

« お見舞い御礼 | トップページ | また当たり! »

コメント

教育再生会議の有識者の方々は、教育に関しては素人かもしれませんが、皆、その道を極めた方々であり、私らが逆立ちしてもかなわないようなスゴイ人たちなんだと思います。
教育に関する考え方も非常に興味深いものがあるのではないでしょうか。
それらを取りまとめ、日本の今後の教育のあり方をまとめる上で、教育のプロの責任は重大だと思います。影山先生には是非ともがんばってほしいものですね。

投稿: りお | 2006/10/30 10:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/12463235

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の先生はすごい?:

« お見舞い御礼 | トップページ | また当たり! »