« 「どうしたの?」は「どうしたの?」 | トップページ | 学園祭・神戸空港・高槻の温泉 »

2006/11/01

熊本大学の新入職員に学ばせたいこと

20061101sdwg
今日は週に一度の「人材育成検討ワーキンググループ」の第3回ミーティング。今日の議題は来年の新入職員に何を学ばせるか。ブレーンストーミング風にとにかく出し尽くすことに集中した。

それぞれの会社や組織の新人教育は、歴代の担当者が長年にわたり練り続けた結果だ。それを僕のかつての同僚だった東京海上日動の大谷君はそれを「ウナギのたれ」というすばらしいメタファーで説明してくれた。「ウナギのタレ」は先達から伝えられるし、その分楽な部分もあるけど、逆に先例に縛られて自分の色を出しにくいこともある。

今回の熊本大学のプロジェクトはゼロからウナギのタレを作るようなものだ。その分、大変ではあるんだけど、ゼロから新人研修を考える機会なんて一生の間にそうは無いと思う。そしてこの新人研修の延長線上には、新人から先の人材育成体系がある。

そう思うと大変なんだけど、チャレンジングだしワクワクする。先週の会議と懇親会で、ワーキングループ内にワクワクが広がったので、その勢いで、皆さんに「何を学ばせたいか」をひねりだしてもらった。

持ち寄った項目を見ながら議論した結果、約40項目の「学ばせたいこと」が出てきた。分類と概要を並べてみると・・・

教育や大学を知る→大学・大学人について説明できるようになる
ビジネスを知る→大学の顧客、価値創造の意味を理解する
熊本大学を知る→熊本大学について説明できるようになる
社会から信頼されるために→社会人としての常識を身につける
自分を描く→なりたい自分を描くきっかけをつかむ
健康的に仕事をするために→自分なりの健康管理法を見いだす
仕事への準備→配属後スムーズに仕事ができるようになる
業務経験を積む→業務体験(現場体験)をとおして本学の多様な業務を理解する

それぞれの分類にいくつもの項目が出された。

結構面白かった(というか笑えた)のは、メンバーが職場の新人に「何が分からなくて困った?」と聞いたところ、答えが「大学の地理」。つまり、どの学部や部局がどこにあるか分からず、広大な大学をさまよってしまった、ということ。

これは僕も経験がある。新入社員のころ、文部省団体傷害保険の担当者として京都大学の中を営業して回ったときに、本当に「私はどこ?」状態になって、行きたいところに行くのに時間や体力を費やした。全然知らないところで内線を借りて「今、○○なんですけど、そちらへはどうやって行ったら良いのでしょう?」なんてことを聞いたりした。

もちろん、電話を借りた事務所でも「安くて安心な団体傷害いかがですか?一口500円です」と売り込みを忘れなかったけど。そういうところのほうが「兄ちゃん、大変やなぁ」といって保険に入ってくれたりして・・・。

また、キャリア支援課長の日和田さんから「学生と関わる全ての職員はキャリア教育に関わっている!」という話を聞くことができた。

学生が日頃接する「働く人」は職員であり、職員が学生に生き生きと働く姿を見せ、学生から
からあこがれられるような「働く人」であることがキャリア教育上大事。そのためにも、職員に自分たちも教育に直接関わっている、学生に影響を与えているという自覚を持ってもらい、ビジネスマナーや顧客満足などをしっかり身につけてもらう必要があるという。とても大事なことだと思う。

そんなことを話しながら、2時間のミーティングはあっという間に終わった。

来週までに、今回でた各項目について、新人の上司や先輩の立場で
 3:これは譲れない(絶対に必要)
 2:できればやりたい(あれば良い)
 1:時間があれば(無くてもかまわない)
 0:新人には早い・要らない
と優先度をつけ、全体の優先度を検討することにしている。

ちなみに、去年・今年の新人やその上司に「どれが必要ですか?」「何を知らなくて困りましたか?」といった調査も掛け、ワーキングループのつけた優先度を修正していく予定だ。

さてさて、熊本大学の新人には何が必要だろう?楽しみだ。

会議の後、たまたま学長が会議室の前を通りかかられ、嬉しそうに「この間の係長研修を受けた、うちの(秘書担当の)係長が『考え方がまるっきり変わった』って言ってたよ」と人事担当者や僕に話してくださった。学長が通り過ぎてから、係長研修を仕切った人事担当のお二人とガッツポーズ(^_^)v。さあ、新人研修も頑張ろう。

|

« 「どうしたの?」は「どうしたの?」 | トップページ | 学園祭・神戸空港・高槻の温泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/12518916

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本大学の新入職員に学ばせたいこと:

« 「どうしたの?」は「どうしたの?」 | トップページ | 学園祭・神戸空港・高槻の温泉 »