« お大事になさいませ | トップページ | eラーニングカンファレンス特別セミナー »

2006/11/30

続けない+教えない+作らない=次世代IDの勧め

20061129elc2006w_004
今日(11月30日)はe-Learning Conference 2006 WinterのトラックB:「続けない+教えない+作らない=次世代ID勧め」に鈴木先生、市川さん@岩手県立大とのトリオで登板。このトラックは主催者からの要望もあり「eラーニングファンダメンタル修了者またはそれと同等の知識・スキルをお持ちの方(初心者はご遠慮ください)」という敷居の高いものにしたのだが、それでも60人以上の受講者にお集まりいただいた。(eラーニングファンダメンタル修了者は10人くらいだったが・・・・)

「続けない+教えない+作らない」という「ないない尽くし」のeラーニングを受講者の皆さんと考えた、刺激的な一に日になった。

ちなみに、
続けない=IDの原則にそわないことを続けず、本来の学習者中心に進む
教えない=教える側の「教えたい」、学ぶ側の「教わりたい」という欲求を断ち切り、学ぶ側が学べるようにする
作らない=既存のリソースなどを使ったり、自動化したりして、提供側が楽ができ、拡張もできるようにする
といったこと。

ある意味、「これでいいのか?今のeラーニングや研修」という問題提起をしていったトラックとなったが、知識や経験が豊富な受講者の皆さんが、いろいろな解釈をし、様々な情報を提供してくれたおかげで、結構面白いセッションになったと思う。

それと、僕が作ったワークシートに毎回のようにダメだしが出た。なにせ、プロの教育・研修・eラーニング関係者が集まったので、ワークシートが書きにくいとなると、その原因と対策まで提言(^_^;)してくれる。プロが集まると怖いけど、それだけこちらの学びも大きい。このトラックで一番学びを得たのは僕かもしれない・・・。

|

« お大事になさいませ | トップページ | eラーニングカンファレンス特別セミナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/12927539

この記事へのトラックバック一覧です: 続けない+教えない+作らない=次世代IDの勧め:

« お大事になさいませ | トップページ | eラーニングカンファレンス特別セミナー »