« 企業や社会が求める人材像と教育(第2日) | トップページ | 熊本のクリスマスイルミネーション »

2006/12/23

僕のための試合・熊本でオブラダ

Pict0006
今日(12/23)は天皇杯の準々決勝。といっても僕がカシマスタジアムに行ったわけでも、他の土地にいったわけでもない。何と熊本で試合が行われたのだ!
鹿島vs清水で、どちらも九州のチームじゃないんだけど、天皇杯ではこういうことも起こる。ということで両チームとそのサポーターは熊本へとやってきた。

鹿島のサポーターも沢山やってきて(中には15時間かけて陸路で来た人も!)、みんなから「今日は北村のための試合みたいだな」と言われた。(^_^;)

こういった遠方のアウェイはそもそも気合が入った人たちが集まるし、その人たちが気合を入れて応援する(熊本まで来て負けて帰りたくはないよね!)ので、ゴール裏は人数こそホームには及ばないもののいつも以上に熱い。

その熱い応援が実って、2対0からの逆転劇、そして、決勝点はロスタイムにヤナギ(柳沢)が決めての勝利になった。やっぱりヤナギが点を入れて勝つとみんなの喜び方が違う。何だかんだ言って、みんなヤナギが好きなんだよね。

ということで、今年最後の応援は気分良く終わることができた。熊本で勝利のオブラディ・オブラダを歌えるなんて最高!!

|

« 企業や社会が求める人材像と教育(第2日) | トップページ | 熊本のクリスマスイルミネーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/13194000

この記事へのトラックバック一覧です: 僕のための試合・熊本でオブラダ:

« 企業や社会が求める人材像と教育(第2日) | トップページ | 熊本のクリスマスイルミネーション »