« 企業や社会が求める人材像と教育(初日) | トップページ | 『人材像』をスタートに検索・探索(日経ヒューマンキャピタルOnline) »

2006/12/16

学生って怖い(?)

今日(12月17日)は東京は秋葉原にある日本弁理士会アキバウイングで日本弁理士会知財ビジネスアカデミーの「授業法(基礎)~大学で知財科目を教える人の必須科目~」第3日。今期は学会などと重なってしまったため、3日目からの登板となった。

初日・二日目はシラバスの試作とクラス内での吟味・議論をする。そこでの議論を知るために、事務局から提出されたシラバスと受講者間の相互評価の結果を書いたフィードバックシートを送ってもらった。興味深かったのは、学習目標や成績評価が曖昧なものは、「Q1.この先生の『知的財産概論』を履修したいと思いますか?」という評価項目についての点数が低かったこと。やはりしっかりしたシラバスは、その科目の魅力にも直結するようだ。

20061216jyugyouhohou
さて、3日目は授業法名物、本物の学生による授業の評価が行われる。受講者は科目の第一回の冒頭10分、つまり科目のガイダンスを行う。通常、この部分を聞いて学生はその科目を履修するかどうかを決める。今日も、「この授業をを履修したいか?」「友人に履修を勧めるか?」「社会人になったときに役立ちそうか?」といった項目について,「学生役」として集まってもらった本物の学生10人から評価してもらう。

今日、学生からのコメントで興味深かったものをいくつか並べると・・・。


<履修したいと評価した学生のコメント>
・講師の人間性に魅力を感じ、授業を聞いてみたいと思った。
・この科目は楽勝そうなので、MLで友人に「単位もらえそうだぜ」と勧めようと思った。
・何人かでローテーションして代返し、毎時間の資料さえゲットすれば単位が取れそう。
・大学の先生からは聞けなそうな、現場の話が聞けそうで勉強になりそう。

<履修したくないと評価した学生のコメント>
・事実の羅列だけの授業はつまらない。何かを語りかけてくれないと。
・(携帯を身近な知財の例として挙げた受講者に)携帯は身近すぎて話題性がない。
・講師の人間性は魅力なんだけど、話が論理的じゃないので聞く気になれなかった。
・大学の普通の先生と同じでつまらなそうだから、履修する気になれなかった。

学生の怖さを受講者は痛感したようだ。
ちなみに「大学の普通の先生みたいでつまらない」という発言が結構多かった。う~む・・・・・。

|

« 企業や社会が求める人材像と教育(初日) | トップページ | 『人材像』をスタートに検索・探索(日経ヒューマンキャピタルOnline) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/13095160

この記事へのトラックバック一覧です: 学生って怖い(?):

« 企業や社会が求める人材像と教育(初日) | トップページ | 『人材像』をスタートに検索・探索(日経ヒューマンキャピタルOnline) »