« 2006年9月10日 - 2006年9月16日 | トップページ | 2006年9月24日 - 2006年9月30日 »

2006/09/23

「授業法基礎」研修第3日

20060923jyugyouhou
今日は「授業法基礎」の3日目。授業法名物(?)になってきた、本物の学生さんたちを前にした模擬授業を行った。

講師役の受講者は、自分が担当する経営学部の選択科目「知的財産概論」の第一回授業の冒頭10分間を行う。第一回の授業は、通常履修申告前のオリエンテーションを行い、学生はそのオリエンテーションを聞いて、履修するかどうかを決める。学生は、その授業が受けるに足るものか、担当教員が学ぶに足る人かを吟味する。

そのため、受講者は科目の設計と授業の進め方の両方を問われることになり、「授業法」研修としてはデザイン面とプレゼン面の両方をチェックできるということになる。

受講者は模擬授業を行った後、今日来ている8人の学生から「この科目を履修したいか」「この科目は単位がとりやすそうか」といった11の項目についての評価を聞き、コメントをしもらう。ここで受講者は自分の行った授業が学生からどのように評価されるかを知ることとなる。

今日の学生さんたちは結構厳しくて(遠慮なくコメントしてね、と妹尾先生や僕が頼んだこともあり・・・「単調で眠くなりそうだった」「何を伝えたいのかが分からなかった」といった辛口のコメントが連発された。

学生としては、単位や成績が取りやすいかどうか、単位や成績をとるにはどうしたらよいか、というものが最大の関心事なんだけど、それだけではなく、知的好奇心を満たしてくれるか、将来役に立ちそうか、といったこともかなり意識していた。つまり単位や成績をとるための楽勝科目か、楽勝じゃないけど気合をいれてみっちり勉強する科目かを品定めしている、というわけ。

今日の研修を終えて、学生さんたちに総評をしてもらったら、「先生たちがこんなに準備しているんだ、ということに驚いた」というものと「うちの大学の先生たちよりもよほどきっちり準備をしているし、われわれ学生のことを考えてくれている」といったコメントが多かった。(苦笑)

いずれにせよ、受講者にとっては「学生は甘くない」ということを痛感した一日、そして学生さんたちも「プレゼンや人にものを伝えるということの難しさ、面白さ」を学べた一日になったようだ。僕にとっても、受講者にコメントしながら、自分の授業やプレゼンはどうかな?という省察や「そうか、いまどきの学生ってこうなんだ」と再認識することができた一日になった。参加してくださった皆さんに感謝です。

ちなみにこの「授業法基礎」の研修はもう一日あり、次の回では、科目の中の任意の回の任意の10分、それも自分がもっとも得意とする「十八番」の部分を模擬授業として行い、今日と同じように学生さんたちに評価してもらうことになっている。僕は熊本大学の集中授業の日と重なっているため参加できないが、きっと今日と同じ、いやそれ以上に楽しく・激しい学びの一日になるだろう。頑張ってください!>皆さん

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/22

In Bodyで体を計測

20060916inbody_001
通っているスポーツクラブ「ルネサンス熊本」で、体を計測してみた。

3ヶ月に1回、In Bodyという機械を使って、体重、体脂肪、筋肉の量、水分などを計測している。

その結果、体重が減って、体脂肪も大幅に減った。ルネサンス熊本に通い出した去年の11月の計測データだと体重は73.3kg、体脂肪率が20.6%だったのが、今回は体重は69.1kg!、体脂肪率は18.3%!!減った体重の大部分が体脂肪、そして筋肉は全体に増えていた。やったね!

20060916inbody_002
計測後、これまでのデータがアウトプットされたデータシートを見ながら、インストラクターのカウンセリングを受けた。トレーニングの効果が出ている今、トレーニングの頻度を上げるより効果が期待できるが、たまに一週間位開いてしまうのが痛いとのことだった。

熊本にさえいれば、クラブは23時と割と遅くまで開いているため、まめに通ってトレーニングできるのだが、出張で熊本を離れるとトレーニングの間隔があいてしまうことがある。そこで、今度、クラブに行けない日のトレーニング(道具も不要で出張先でもできるもの)もインストラクターに教えてもらうことにした。

何はともあれ、こうして、成果が数字に出るのは嬉しいものだ。
学習においても、自分の努力の成果が何らかの形で見えることはモチベーションにつながるよね。
その先の学習の継続につながるし、より高いレベルをめざそうという気持ちが起こってくる。
その意味でも「評価」というのは大事だ。あらためて「身をもって」(^_^;)それを感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/21

「随兵寒合」

「随兵寒合」(ずいびょうがんや)という言葉を、熊本の(正確には熊本出身で最近東京に引っ越した)友人のyさんから教えて頂いた。20060919akinosora


藤崎八旛宮(*)の例大祭で随兵(ずいびょう)が練り歩く御神幸行列(ごしんこうぎょうれつ)を境に、朝夕めっきり涼しくなることを言うそうだ。確かに、熊本はこのところ、朝夕はめっきり涼しくなった。(とはいえ、日中はまだまだ暑いけど・・・・)

熊本の気温はデジタルな感じがする。朝は涼しいが日が少し高くなるとガンと気温があがり、日が落ちるとストンと気温が下がる。秋の間は日中暑いのに冬になるとストンと寒くなり、春先過ぎると急にガンと暑くなる。その寒暖の切り替わりの早さに去年は驚いたものだ。

御神幸行列は10月8日に延期になったけど、例大祭の日を過ぎた熊本には秋の気配が漂ってきている。そして、教授システム学専攻の新学期も近づいている。

(*)yさんからは、こんなことも教えてもらった。
藤崎さんのことを書くときは、「藤崎八宮」ではなく「藤崎八宮」になさってください。 全国の八幡宮でひとつだけなんで

さっそく辞書登録しました(^_^;)。ありがとうございます!>yさん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/20

熊大工学部研究資料館の開放

20060919jsme
今、熊大のキャンパスで日本機械学会 2006年度年次大会が開催されている。その一環として市民フォーラム「工学部研究資料館(重要文化財工作機械等)の開放・説明見学」が行われている。黒髪南キャンパス内の熊本大学工学部研究資料館で動態保存されている11台の国指定重要文化財工作機械が動いているところを見ることができる。機械の構造や由来などの説明もあるそうだ。建物自体も重要文化財に指定されていて、レンガ造りで雰囲気がある。20060919jsme_002


日時は9月19日(火)-21日(水) 10:00-16:00 。普段は見ることができないそうなので、お近くの皆さん、是非どうぞ。
なお、五高記念館も期間中特別開館しています。(9月19日(火)-21日(水) 10:00-15:30)

そうそう、全くの余談だが、学会毎に来場者の服装が違っていて面白い。先週の植物学会はアウトドアな感じの服装をしている人が多かったが、機械学会はスーツ姿(それもダークスーツ)が多かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/19

キャリア開発を知るサイト

今日公開の日経BP社ヒューマンキャピタルOnlineでの連載「人材開発担当者はこのWebサイトをチェック!」では、「キャリア開発を知るサイト」を取り上げてみました。是非ご一読ください。感想なども大歓迎です。

・記事の詳細は以下でご覧になれます。
http://blog.nikkeibp.co.jp/hcl/archives/2006/09/post_26.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/18

台風が去った

20060918typoon_001
台風は去っていった。各地に被害をもたらし、熊本でもけが人が12人出たほか、天草が停電するなどの被害が生じた。

20060918typoon_002
熊本市の最大瞬間風速は33・5メートルに及んだとのこと。朝、家の周囲を歩いてみると、標識がなぎ倒されたり、木の太い枝が折れていたりと、強風の跡が見られた。とはいえ、幸い、我が家やその近所には大きな被害はなさそうだ。ホッ・・・・(´。`)

20060918typoon
熊本市民にとっての最大の被害は藤崎八旛宮秋季例大祭の呼び物、神幸行列は10月8日が延期となったことだろう。馬を牽いたりするので、準備も大変だし、いろいろ手間や費用がかさむとのことだ。ちなみに僕はこの日、集中講義の運営をするため東京にいるので、今年の神幸行列を見ることはできない。残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/17

はじめての本格台風

大型の台風が九州に上陸している。去年はそれほど大きな台風が来なかったので、僕にとっては初めての大型台風だ。地元の人たち曰く、「削れていない(勢力が弱まっていない)台風はすごかとですよ」とのことなので、どんなものか、結構心配な一日だった。

僕の台風対策としては、ものほし竿などベランダの全てのものを家の中に納め(土の入ったプランターが宙に浮くぐらいの風が吹いたこともあるそうだ・・・)、しばらく家から出なくて良いように、用事を昼までにすませ食べるものも用意した。停電に備えて、非常用の灯りも用意した。この3連休は当初から家か大学で仕事やら家事やらをする予定だったので、仕事の資料などを家に持ち込み、家から出なくてもすむようにした。これで万全(?)

台風が佐世保に上陸した夕方くらいから、風が急に強くなってきた。信号機や電線が激しく揺れている。停電も心配だし、色々なものが飛んでくるのも怖い。

僕の住んでいる住宅(鉄筋コンクリート5階建の3階)は、風上から2棟目なので、1棟目が風よけになってくれているのか、それほどすごい風を受けている感じはしないが、それでもたまに「ドーン」というすごい音がして、窓ガラスがふるえた。

ちなみに、明日18日に行われる予定だった藤崎八旛宮秋季例大祭のクライマックスの神幸行列は10月8日に延期となり、これは前代未聞だそうだ。

そんなこんなで夜も10時近くになったが、何となく風が弱まってきた感じがする。
とはいえ、油断はできない。あす明け方にかけて吹き返しによる猛烈な風が吹く見込みだという。

明日の朝、どうなっているか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月10日 - 2006年9月16日 | トップページ | 2006年9月24日 - 2006年9月30日 »