« 2006年9月17日 - 2006年9月23日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »

2006/09/30

文珍師匠の弟子育て

9/27に自宅でテレビをつけっぱなしにしながら仕事をしていたら、のNHKの番組「生活ほっとモーニング」に桂文珍師匠が出演していて、思わず引き込まれてしまった。(そもそも僕は文珍師匠のファン)

放送内容:この人にトキメキっ! 落語家 桂文珍

上方落語の話、自身と落語の関係などとても興味深い話しが続いたが、仕事柄「弟子を育てる」という話題で思わず反応してしまった。文珍師匠は弟子や吉本興業の担当者に対して厳しいという定評がある。

まず、文珍師匠が言うには、芸人というのはクレープのような薄皮を一枚一枚はいでいくように、芸の細部について突き詰めていくものだという。そしてそのことを実際に弟子にも伝えようとしている。

弟子の楽珍さんは弟子入りして25年。文珍師匠もその実力は認めているが、まだ一人前としては扱っていない。

楽珍さんは「何度も辞めたくなった」という。文珍師匠はとにかく厳しく、「おしぼりでも冬・夏は温度が違うだろう。お客さんの気持ちになって考えなくては。弟子は師匠の気持ちにならなくては。」と言って、ちょっとした失敗でも許してくれないという。

実際にどのようなやりとりがされているかも紹介された。

楽珍さんが前座を務める間、文珍師匠は袖で聞いている。ネタは上方落語の「宿替え」。
「これ、面白いな」と笑っている。「いいねぇ、あれいいねぇ」楽しそうに見ていたり、うなずいていたりする。たまには大笑いさえ・・・。
ところがある箇所に来て急に「ああ、ここが違うな」と厳しい顔になった。

高座に出る文珍師匠は、帰ってきた楽珍さんに「後で言う」と冷たく言い残す。

文珍師匠が高座を終え楽屋に帰ってくる。
「楽珍なぁ、宿替えな、あれ難しいな。細ひもでくくった後で、でもぱ~っと離してしまうと、そこまでの面白さが生きない。リアリティが残らない。折角のそこまでを活かさなくちゃ。」といった話をする。

あれだけ袖で笑っていたのに、一言もほめない。
だけど僕が感じたのは「折角」という言葉が短い間に3回は出てきたこと。
多分、文珍師匠師弟の間ではこの「折角」というのは、その部分は出来ている、ということを認める、ある種のほめ言葉なんじゃないかと思った。このあたりに文珍師匠の弟子の育て方のうまさの秘密がありそうだ。

文珍師匠は言う。「具体的に言ってやらなくちゃ。前に物語を進めようと焦って芸が乱雑になる。そこが言いたい。」「何もしなくても伸びる、ほめると伸びる、叱ると伸びる。色々な子がいる。難しいよね。」

文珍師匠は、笑福亭鶴瓶桂南光両師匠と3人で「しごきの会」という若手落語家の育成の場を年4回設け、なんとこの3人で前座をやって、若手にトリをやらている。

「良い意味のプレッシャーを与えて、一皮むきたい。だらだらやるのが一番いけない。」と文珍師匠は言う。

「落語は競争。なんばグランド花月で、他のジャンルの芸(ケニアのダンスとかまで)の後で落語の面白さに気付いてもらわなくてはならなかった。客は笑いに来ている。落語を聞きに来ているわけではない。『これでどうだ!』というところまで頑張ってきた。」「一番大切なのはお客様のお好みの調子に合わせ、そのテイストのものを出さなくては行けない。たとえば寿司屋でお任せ、と言われたときに、すし職人は最初の品の様子を見てその後を合わせていく。そのとき持ちネタが多くないとお客様に合わせられない。スポーツと芸事には競争しかない。」

教育、研修、インストラクショナルデザインの世界も一緒だよな、と思った。

学習という面でもうひとつ。
今度、大阪に出来た定席天満天神繁昌亭には楽屋はひとつしか作らなかったという。そこに大看板から若手までが一緒になって過ごし、伝承の場にしていこうという。まさに学習環境デザインだよね。

芸事の弟子育成から学ぶことは多そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/29

ありがとう清水さん

20060928shimizu
今日で9月の業務は終わり。熊大の教材作成室にとっては、教授システム学専攻の後期開講前日であるとともに、4年間一緒に仕事をしてきた清水百合子さんをお見送りする日でもある。清水さんは出産のため退職される。

清水さんが退職のご挨拶メールの中でこんなことを書いてくれた。

思えば4年前。 eラーニングって何なの?くらいの気持ちから始めたこのお仕事でしたが、 この4年でものすごく状況が変化したなあと、改めて今思い出しています。

本当にそうだよね。4年前には、こんな専攻ができるなんて、誰も思っていなかったと思う(僕も含めて「あったらいいなぁ・・・」と思う人は沢山いたけど)。そんな中、手探りでいろいろなことをやってきた教材作成室の中で、清水さんの存在はとても大きかった。

清水さんは「暖かい冷静さ」を持った人で、教材作成室のメンバーや僕が困ったり、パニクったりしていたときに、「それってさぁ・・・」と静かに助け船を出してくれたし、いつもユーモアを忘れずにみんなを笑わせ力づけてくれた。
そして、素晴らしいWebやeラーニングコンテンツを沢山書いてくれた。それが出来たのは、webを書いたり、情報を整理したりスキルはもちろんのこと、物事の本質を捉える力が抜群だったからだ。(こういったところが、eラーニングコンテンツクリエイターとして要求されるコンピテンシーかも)

これから「お母さん」になる清水さん。きっと「暖かい冷静さ」をもって良いお母さんになれるだろう。
ありがとう!清水さん。教材作成室に「里帰り」してくれる日を楽しみにしてます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/28

アクティブリーダー・ワークショップ第2日

20060928alw
今日は「アクティブリーダー・ワークショップ」の第2日。そして熊大事務部門の係長研修も最終日の3日目だ。今日は午後に自分の提案を上司や職場の人たちにするロールプレイングを2回行い、午前中はその準備をしてもらった。

ロールプレイングは4~5人のグループに分かれて、まず上司向けとして上司役を一人決め、その上司に向かってプレゼンをしてもらった。その二人以外のグループメンバーも上司になったつもりで提案を聞いてもらい、提案のプレゼンと質疑応答の後で「上司として提案を受け入れる・再考を促す・却下する」のジャッジをしてもらった。

メンバーのジャッジが甘口になることを心配していたが、結構「再考を促す」とされることが多く、その後のコメントでも突っ込んだ議論がされていた。

2回目は「職場会」という設定で、発表者(提案者)以外のメンバーに職場の誰か(新人、非常勤職員、同僚など)の立場を割り当て、同じようにその立場になりきって提案を聞いてもらった。質疑応答では「なんでそんなこと私がやらなくちゃいけないんですか?」「私、非常勤職員なんですけど、そこまでやっていいんですか?」といった迫真の質問が出てきた。

今回の受講生には事後課題として実際に職場で上司や職場の人たちに提案をすることが課せられていて、その結果を10月のフォローアップの研修(ワークショップ2)で報告することになっている。このワークショップの価値がそこで分かることになる。ちょっと怖い気もするけど、とても楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/27

アクティブリーダー・ワークショップ第1日

20060927kumadai_alw
今日は午後から「アクティブリーダー・ワークショップ」という研修の講師をした。この研修は熊大事務部門の係長研修のプログラムの一つとして行うもので、熊大の係長の皆さんに、ミドル・アップダウンの起点として「能動的・主体的に周囲に働きかけるリーダー」としての行動をしてもらうためのものだ。

熊大では大学改革のために職員教育(大学の世界ではSD:Staff Devlopmentと呼ばれている)に力を入れ始めている。この係長研修もその一環として行われている。

初日の昨日は事務局長や総務部長の講話などに続き、午後に熊大教育学部の吉田道雄教授によるリーダーシップ・トレーニングが行われた。吉田先生はグループ・ダイナミクスの研究をされていて、10年以上前から多面評価を使ったリーダーシップトレーニングをされている。

そして今日2日目は、午前中は民間企業の方のお話やメンタルヘルスに関する講義が行われ、午後は僕のワークショップ。

このワークショップでは職場の課題や問題を上司や同僚・部下と話し合いながら発見し、事前課題として持ち込んでもらい、それを吟味し、提案の準備や練習をする。研修後は実際に職場で上司や同僚・部下に対して問題達成や課題解決に向けた提案をしてもらい、うまく賛成してもらえれば実践に移すことになっている。そして10月にその中間発表をしてもらう。

今日は、課題や問題の捉え方や意味づけ、様々なアプローチのしかた、プレゼンのコツについて学んでもらった。

明日の午前中は提案の準備やプレゼンの練習を各自の好きな場所(教室、職場などどこでもあり)で行ってもらい、午後は上司向け、部下・同僚向けのロープレをしてもらう予定だ。

明日、受講者の皆さんがどのような提案をしてくれるかが楽しみだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/26

日本教育工学会 自称!?若手研究者の懇親会2006

今年も日本教育工学会の全国大会が行われるが、ここ数年開催される非公式イベント「若手研究者の懇親会」(通称「若手飲み会」)も開催される。ワカモノパワー炸裂!といった飲み会でかなり楽しめる。「学会というものに初めて出る」という人も、こういうイベントに出ると学会が身近になると思う。大阪近辺で教育関係の仕事をしている企業の皆さん、学会とこの飲み会に出てみませんか?

ただし、僕や熊大メンバーは全国大会期間中、高槻の某旅館で合宿(?)をしているために、このイベントには出られない。こちらの「合宿」に出てみたいという方はこっそり僕にメールをください。(^-^;)

==================================
日本教育工学会
自称!?若手研究者の懇親会2006
==================================

 今年もこの季節がやってまいりました!
 例年100名前後という多くのワカモノにお集まり
いただき、大盛況の懇親会を、今年も企画致しました。

 学会にくるのは、はじめてという方でも、「うーん、
決して若くはないけれどな」と躊躇してしまう方でも、
気軽にご参加いただけます。

「人は年をとっただけで老いません。
理想を失ったとき、はじめて老いるのですから」

 とにかく、ネットワーキングの機会に最適です。

 参加をご希望の方は、下記URLのフォームに必要
事項を記入いただき、9月29日(金)までに参加登
録してください。

http://www7.ak.cradle.titech.ac.jp/~wakamono/

会場準備の都合上、〆切をお守りいただけると
幸いです。

 なお、このメールを皆さんのお近くの興味・関心
のある方にご転送いただければ幸いです.

皆様にお会いできるのを楽しみにしております。
どうかよろしくお願い致します。

本企画についてのお問い合わせは,
jset2006enkai@murakami-lab.orgまでお願い致します.

幹事:村上正行

---
●日時 :11月4日(土)21:00~23:00
 
●予算 :有職者4,000円 学生2,500円
     (有職者の定義は,”所得税を納めているもの”です) 
 
●コース:料理8品(飲み放題付き)
 
●団体名:教育工学会ワカモノタチの大宴会
 
●備考 :100人で2Fフロア貸切
 
●会場 :酔虎伝 高槻店
     http://www.hotpepper.jp/s/H000023854/top.html  
●〆切 :9月29日(金)
 
●申し込み方法:
下記URLのフォームに必要事項を記入いただき,参加登録してください.
http://www7.ak.cradle.titech.ac.jp/~wakamono/
申し込んだ後,確認メールが送られてきます.
 
●参加資格
 自称ワカモノ!であればOKです.
 教育工学会がはじめてでお友達がいない、という方も
 是非、ご参加下さい。きっと知り合いがぐんと増えます。
 
 
会場への移動は懇親会終了後,JR高槻駅行きの
臨時バスが出ると思いますので,そちらに乗って
頂く形でよろしいかと思います.JR高槻駅から会
場までは徒歩5分程度です.

23:00終了予定ですが,最寄のJR高槻駅・阪急高槻
市駅ともに会場から徒歩5分程度で,24:00までに
電車に乗れば大阪(梅田),京都(河原町)までは
確実に帰れます.

 なお、ワカモノの大宴会は有志のボランティアに
よって運営されています。不手際などあるかと思い
ますが、ご理解いただければ幸いです。

(以下、敬称略)

■会場予約
 坂田(関西大)
 渕 (関西大)

■会計・総務
 舘野(東京大)
 三宅(東京大)
 大山(立命館)

■誘導等
 山田(東工大)
 中原(東京大)
 稲垣(東北学院大)
 寺嶋(長崎大)
 望月(東京大)
 重田(大阪大)
 奥林(大阪大)
 中澤(大阪大)
 大浦(東工大)
 渡辺(東工大)

■代表
 村上(京都外大)

==================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/25

Lenovo ThinkCentre M51

M51
新しいパソコンLenovo(IBM) ThinkCentre M51を買った。東京宅に置くために、小さいデスクトップを物色していたら、LenovoのThinkVantage Club会員向けのアウトレットで出物が見つかったので、即買した。

写真を見てもらうと分かるだろうけど、本当に小さい。設置面積はA4ノートパソコン以下だということだ。

スペックは Intel Pentium processor 630+512MB+80GB+ComboDrive+Security Chip。これでなんと49,980円!
そしてディスプレイは同じアウトレットで見つけた三菱電機株式会社製19インチ液晶モニタRDT193LM(BK) : 19V型 /1280x1024 /アナログ+デジタル接続 /チルト / 3年保証 /ステレオスピーカー内蔵。これでなんと29,400円!!しめて79,380円!!!

いやぁ、パソコンも安くなったもんだよね。僕が最初に買ったDynabookEZ486なんか質屋さんで10万円位したし、その後使ったPortege610に至っては30万円以上したことを考えると。

ところで、僕が買い物をしたThinkVantage Club(旧Club IBM)はしょっちゅうバーゲンやアウトレットセールをしている。Thinkpadや旧IBMファンにはお勧め・・・・と書こうと思ってサイトを見たら、入会するには結構敷居が高くなっていた。
昔(Club IBM時代)は申し込めば入れたような気がするが。航空会社の上客優遇を見習ったのだろうか・・。

まあ、Lenovoの個人向けショッピングサイトでも、結構セールとかはやっていて、安いと思う(秋葉原より安いものもある。会員はそこから更に安くなる。)ので、こちらも見ておくと良いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本ハムファイターズの躍進の秘密はコンピテンシーマネジメント?

9月24日朝のNHK番組「経済羅針盤」に北海道日本ハムファイターズ 藤井純一社長が出演され、ファイターズの躍進に向け、経営としていかに戦っているかが披露された。スポーツチームにおいて経営は「現場を支えている」という表現をされることが多いが、ファイターズは、現場は球場、経営はビジネスの場と場所が違えど一緒に戦っているチームという印象を持った。

コミュニティ・グループという部署のマネージャーが商店街などに足を運び、地元の要望を聞き、地元に喜んでもらえる数々の工夫をし、商店街もファイターズを商材として生かす(買った次の日は特売とか)をするという地道な努力もとても印象に残ったが、それ以上にに興味を引いたのがチームの強化策。

経営がチームの強化をするというと、有名な選手や有望な選手を獲得するための財源の確保、といったことになりがちだが、ファイターズの経営が力を入れたのは選手を獲得・育成するための評価システム。

サッカーチームのバイエルンが選手について
・身体能力
・技術
・戦術への適応
・性格(協調性など
を数値に評価しているシステムを参考に、選手を評価する独自のシステムを作り、それをもとに選手の起用や獲得をするというもの。

ファイターズがすごいのは、このシステムを妥当なものとするため、なんと一億円を投じて他球団それも2軍も含めたプロ野球選手すべて(だったと思う)を評価し、アライメントをとったこと。

その結果
 一流選手(松坂や小笠原クラス):80点程度
 オールスター出場選手:60点以上
 一軍レギュラー:50点以上
 一軍控え:40点以上
 2軍:30点以上
となる評価基準が設定できたという。

その結果、たとえば他球団が注目しなかったが40点を超えてい投手を発見しドラフトで獲得し、チーム内で鍛えるうちに50点を超えたためレギュラーとして起用するようにした、といった事例が出てきた。その投手はいまやおさえのエースにり、最優秀救援賞獲得が目前となったマイケル!
まさに人材開発(獲得と育成)の勝利といえよう。

ここからは僕の所感。

選手の評価システムというと、V9時代の巨人が攻守走を数値化し、それで年棒を決めていったといった話が有名だが、それとはちょっと違う。(この巨人軍の評価システムは、成果主義に見えるが、やもすると慶応大学の高橋俊介教授が言う「結果主義」になりかねないと思う。

その点、ファイターズのシステムは、試合での結果ではなく、試合前の状況、コンピテンシーやスキルを評価し、それをもとに人材の育成と活用を考えていくという点で巨人のシステムとはまったく違う。ファイターズのシステムと年棒の連携については何も言われていなかったが・・・・。僕が経営者ならなら年棒は成果や結果で算出し、人材育成のシステムとはある程度切り離すと思う(完全には切り離せないだろうが)。

ファイターズの事例は、企業内の人材育成でいうと、まさにコンピテンシーマネジメントとスキルズ・インベントリによって、人材を発掘し活用した好事例、ということになろう。特に、社員に専門性を問うような企業や組織においては、こういったスポーツチームのマネジメントは参考になると思う。

コンピテンシーを給与・賞与査定や昇格・降格といった人事考課に(特に人事考課だけに)用いている企業には是非見習ってほしいと思った。それと、我が鹿島アントラーズには地元対応と人材開発の両方で見習ってほしい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月17日 - 2006年9月23日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »