« 2006年10月22日 - 2006年10月28日 | トップページ | 2006年11月5日 - 2006年11月11日 »

2006/11/03

教育工学会全国大会初日

今日は教育工学会全国大会の初日。朝、鈴木先生や岩手県立大学の高橋さんの発表を聞き、昼からはシンポジウムに向けての打ち合わせ。

20061102jset_sympo
今回のシンポジウムは「社会人の学習環境を創る-e-Learning,OJT,知識創造をつなぐ教育工学-」と題して、 中原さん@東京大学がコーディネータ,堀田龍也さん@メディア教育開発センターが進行役になり、ワークプレイスラーニングやOJTに関する専門家である蒋麗華さん@リクルートマネジメントソリューシ ョンズ),ナレッジマネジメントの研究で有名な妹尾大さん@東京工業大学、そして僕が登壇者になった。

堀田さんの趣旨説明、中原さんの社会人の学習環境に関するオーバービュー、僕の企業内教育とeラーニングについてのプレゼンの後、蒋さんが「OJTの再創造とワークプレイスラーニング」についてプレゼンされた。蒋さんのプレゼンは「上司による部下指導」であったいわゆる「OJT]から、正解の無い中で、自分で現実を見て考え行動し、成果を生み出すワークプレイスラーニングへのシフトについて、その社会的な背景も含めての話で、とても刺激的だった。そしてとても印象的だったのは「部下が上司を育てる時代」だということ。これは熊本大学のSDで僕らが考えていることと同じだったのでとても勇気づけられた。

妹尾さんにはSECIモデルの解説と、その実践例などをご披露いただいた。
たとえば、共同化(暗黙知→暗黙知)の例としてある製薬会社では、研究開発部門が老人病棟での実習を3日間行い、薬を飲むのに苦労している高齢者の姿を見てバリアフリー製剤の開発をした。それは、それまで薬の作用や副作用にばかり注目していた開発者たちが「飲みやすさ」にも目を向けるようになった結果で、人材育成上の主効果としては、閉じこもりがちな研究者に新たな視点と動機付けを与えたことだという。

蒋さんも妹尾さんもOJTやナレッジマネジメントという、分かっているつもりでもちゃんと説明できないことを、すっきり説明されていて、本当に感服した。

今まで教育工学会、というか教育工学の世界は、学校教育に関する研究や実践が中心だったが、これをきっかけに企業にも目を向ける研究者が増え、教育系を学んだ大学生や大学院生が、教職や研究職だけでなく、普通の企業に、できれば人材育成をするために就職してくれるようになることを願っている。

プレゼンスライド(PDF)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/11/02

学園祭・神戸空港・高槻の温泉

20061102move_005
今日は明日からの教育工学会全国大会に参加するため移動日。午前中は大学で仕事やら出張の準備をし、神戸空港経由で高槻の宿へ。

大学は今日から「熊粋祭」(ゆうすいさい)。いわゆる学園祭だ。外には食べ物を売るテントが立ち並んでいて、結構な人出だ。建物内ではいろいろな部の展示や、映画の上映会などをやっている。お近くの皆さん、是非お出かけください。4日までやってます。


20061102move_006
出張の準備が終わって、熊本空港へと急ぎ、空路神戸へ。教育工学会の全国大会は大阪府高槻市の
関西大学総合情報学部(高槻キャンパス) で開催されるので、いつもの伊丹空港ではなく神戸空港に降りた。神戸空港は新しくて綺麗だった。時間がなかったので、見物はあきらめて、高槻へ。

別行動の他のメンバーや、ちょうど同時刻に伊丹空港に降りた鈴木先生とJR高槻駅で合流し(結局伊丹からも神戸からも同じ時間で着いたことになる)、宿のかじか荘へ旅館のマイクロバスで移動。

20061102move_010ここは温泉もある上、料理旅館だけあって料理も美味しい。今回熊本大学関係者はずっとここに宿泊する。今日は9人だが、明日の夕食は20人になるとか・・・・。

名物の蒸し風呂に入り、夕食をいただいた後で明日の準備。プレゼンができた人から、プロジェクタとスクリーン代わりの布を持ち込んで、プレゼンの練習をした。僕も練習をしようとしたんだけど、質問が相次ぎ練習にならなかった(^_^;)。明日のシンポジウムに向けて不安の残る前夜になった・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/11/01

熊本大学の新入職員に学ばせたいこと

20061101sdwg
今日は週に一度の「人材育成検討ワーキンググループ」の第3回ミーティング。今日の議題は来年の新入職員に何を学ばせるか。ブレーンストーミング風にとにかく出し尽くすことに集中した。

それぞれの会社や組織の新人教育は、歴代の担当者が長年にわたり練り続けた結果だ。それを僕のかつての同僚だった東京海上日動の大谷君はそれを「ウナギのたれ」というすばらしいメタファーで説明してくれた。「ウナギのタレ」は先達から伝えられるし、その分楽な部分もあるけど、逆に先例に縛られて自分の色を出しにくいこともある。

今回の熊本大学のプロジェクトはゼロからウナギのタレを作るようなものだ。その分、大変ではあるんだけど、ゼロから新人研修を考える機会なんて一生の間にそうは無いと思う。そしてこの新人研修の延長線上には、新人から先の人材育成体系がある。

そう思うと大変なんだけど、チャレンジングだしワクワクする。先週の会議と懇親会で、ワーキングループ内にワクワクが広がったので、その勢いで、皆さんに「何を学ばせたいか」をひねりだしてもらった。

持ち寄った項目を見ながら議論した結果、約40項目の「学ばせたいこと」が出てきた。分類と概要を並べてみると・・・

教育や大学を知る→大学・大学人について説明できるようになる
ビジネスを知る→大学の顧客、価値創造の意味を理解する
熊本大学を知る→熊本大学について説明できるようになる
社会から信頼されるために→社会人としての常識を身につける
自分を描く→なりたい自分を描くきっかけをつかむ
健康的に仕事をするために→自分なりの健康管理法を見いだす
仕事への準備→配属後スムーズに仕事ができるようになる
業務経験を積む→業務体験(現場体験)をとおして本学の多様な業務を理解する

それぞれの分類にいくつもの項目が出された。

結構面白かった(というか笑えた)のは、メンバーが職場の新人に「何が分からなくて困った?」と聞いたところ、答えが「大学の地理」。つまり、どの学部や部局がどこにあるか分からず、広大な大学をさまよってしまった、ということ。

これは僕も経験がある。新入社員のころ、文部省団体傷害保険の担当者として京都大学の中を営業して回ったときに、本当に「私はどこ?」状態になって、行きたいところに行くのに時間や体力を費やした。全然知らないところで内線を借りて「今、○○なんですけど、そちらへはどうやって行ったら良いのでしょう?」なんてことを聞いたりした。

もちろん、電話を借りた事務所でも「安くて安心な団体傷害いかがですか?一口500円です」と売り込みを忘れなかったけど。そういうところのほうが「兄ちゃん、大変やなぁ」といって保険に入ってくれたりして・・・。

また、キャリア支援課長の日和田さんから「学生と関わる全ての職員はキャリア教育に関わっている!」という話を聞くことができた。

学生が日頃接する「働く人」は職員であり、職員が学生に生き生きと働く姿を見せ、学生から
からあこがれられるような「働く人」であることがキャリア教育上大事。そのためにも、職員に自分たちも教育に直接関わっている、学生に影響を与えているという自覚を持ってもらい、ビジネスマナーや顧客満足などをしっかり身につけてもらう必要があるという。とても大事なことだと思う。

そんなことを話しながら、2時間のミーティングはあっという間に終わった。

来週までに、今回でた各項目について、新人の上司や先輩の立場で
 3:これは譲れない(絶対に必要)
 2:できればやりたい(あれば良い)
 1:時間があれば(無くてもかまわない)
 0:新人には早い・要らない
と優先度をつけ、全体の優先度を検討することにしている。

ちなみに、去年・今年の新人やその上司に「どれが必要ですか?」「何を知らなくて困りましたか?」といった調査も掛け、ワーキングループのつけた優先度を修正していく予定だ。

さてさて、熊本大学の新人には何が必要だろう?楽しみだ。

会議の後、たまたま学長が会議室の前を通りかかられ、嬉しそうに「この間の係長研修を受けた、うちの(秘書担当の)係長が『考え方がまるっきり変わった』って言ってたよ」と人事担当者や僕に話してくださった。学長が通り過ぎてから、係長研修を仕切った人事担当のお二人とガッツポーズ(^_^)v。さあ、新人研修も頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/31

「どうしたの?」は「どうしたの?」

今日の現代GP「elこころ学習プログラムの開発」の第1回全体会議で、学校現場のこころの問題の深刻さをかいま見た。

今日の午後は会議のはしご。前半は教授システム学専攻のコンテンツレビュー会Festa、そして後半は現代GP「elこころ学習プログラムの開発」の第1回全体会議だった。どちらも「ものを作っていく」ための会議なので、それはそれでワクワク(ドキドキ?)するものだった。

20061031elkokoro
後半の現代GP「elこころ学習プログラムの開発」の全体会議は、プロジェクトに関わる全員が一堂に会する初めてのミーティングで、教員だけではなく事務担当者や技術スタッフも集まった。写真は副学長の「なんとしてでも成功させてください!」というご挨拶(気合い入れ?)に耳を傾けるメンバー。

席上、ベテランの養護教員の先生から興味深い話を聞いた。教育実習生が小学校で生徒に声をかけられないというのだ。

保健室に来た生徒には、まず「どうしたの?」を声をかけるのが基本なのだが、それができず、壁際でかたまってしまうのだそうだ。黒いスーツを着た若い男女が何人も保健室で壁際に黙りこくって立っている姿はかなり異様で、子供たちも怖くて保健室には入れなくなるとか。

その養護の先生は、「どうしたの?」と子供に声を掛けなくてはならない教育実習生に「どうしたの?」と聞かなければならないという、冗談のような、でも笑えない状況にあるという。また、「教室で子供とうまく接することができない」と泣きながら訴える男子学生もいたという。

そんな話を聞きながら、「教職課程の全ての学生に『こころのファーストエイド力』を!」というこのプロジェクトの重要性を会議の参加者みんなで共有できた。頑張らねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/30

熊本大学のキャリア支援

Shuushoukkouza
仕事が一段落して、夕食でも食べに行こうかと研究室を出ると、すぐ横にある大教室の前で数名の職員が受付をしていた。聞くと熊大生協と熊大のキャリア支援課が合同で開催している「教員採用試験対策講座」のガイダンスだという。

教員採用試験は、競争倍率が高く、現役学生が採用される比率は低いため、このような講座が必要だそうだ。
このような取り組みを含め、熊本大学は学生のキャリア支援にかなり力を入れている。

熊本大学のWEBサイトにもキャリアサポートというコーナーがあり、そこでどんなことをしているかをかいま見ていただくことができるが、実は学内限定でさらにリッチなコンテンツも用意されている。ご覧いただけないのが残念だ。

キャリア関係の仕掛人である熊本大学キャリア支援課の日和田課長(キャリアサポートに課員の皆さんと写真に写っている)は、リクルートから熊本大学に転職されてきた方で、いろいろとイベントを打ったり、新たな取り組みをしたりと大活躍されている。そういう方をスカウトしてくるあたりにも、大学としての力の入り方が現れている。

日和田さんとは人材育成検討WGなどでもご一緒していて、お互い民間企業出身ということで「大学のここが・・・」なんて話もすることが多い。キャリア関係は僕も興味があるので、何か一緒に仕掛けられたら、と思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/29

また当たり!

200601005antlers_001
ここ数年そうなんだけど、なにか当たると当たりが続く。去年の今頃もそんな記事を書いていた。で、また当たっちゃった。さすがにビックカメラじゃなくて、今度はアントラーズ関係。ファンクラブを更新した人の中から抽選で選手着用の物が当たるというプレゼントに今年も当たった。今年もパンツなんだけど、なんと僕のお気に入りのアレックス・ミネイロ選手のもの。やったぁ \(~o~)/

アレックス・ミネイロ選手には、この春にカシマスタジアムでサインをもらった。チームはこのところちょっと不調で、今日も大分トリニータに完敗。7年ぶりの4連敗中だけど、ナビスコや天皇杯の制覇に向けて頑張って欲しい。僕もこのパンツをはいて頑張ろう(って何をじゃ?)。Sa310010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月22日 - 2006年10月28日 | トップページ | 2006年11月5日 - 2006年11月11日 »