« 2006年12月17日 - 2006年12月23日 | トップページ | 2006年12月31日 - 2007年1月6日 »

2006/12/30

「楽しむ」ことの大切さ・難しさ

年末になると、その年のスポーツを振り返る番組が多い。そして2006年を象徴するスポーツ選手といえば、日本ハムファイターズを優勝に導いた新庄剛志選手と、金メダルをとった荒川静香選手。

この二人の今年をレポートした番組で共通していた言葉が「楽しむ」だった。

新庄選手は大リーグ挑戦の年、あまりチームメイトから相手にされない中、意外なことに新庄に声を掛け、励ましてくれたのは、スーパースターであるマイク・ピアザ選手だったそうだ。新庄はピアザに「楽しむことだ。楽しめば結果がついてくる」と言われ、マイナー落ちしたときにもそれを忘れずに頑張り続けた。そしてファイターズでは若い選手たちにそれを教えていった。「札幌ドームを満員にする」という自らに課した目標に向け、様々なパフォーマンスでファンを楽しませ、自らも楽しんだ。

しかし、その「楽しむ」は新庄のチャラチャラしたイメージとは違う、真剣勝負だった。「単にパフォーマンスだけだったら単なる馬鹿。ちゃんと結果も出してこそお客さんを楽しませることができる」という新庄は、故障した足の痛みと戦い続けながら、パフォーマンスとプレイの両方にがんばり続けた。

一番大事なことは「最初にやる勇気」と新庄は言う。その勇気を持ち続けながら、強い気持ちで「札幌ドームを満員にする。そのためには毎試合お客さんに楽しんでもらう」を続けた新庄はすごいと思う。

一方の荒川静香選手。皆さんもご存知の通り、採点ルールの変更に苦しみ抜いた上で、「やはり自分は美しさにこだわりたい」と言って、必ずしも高得点が見込めないイナバウアーで魅せることで金メダルを取った。こういったこだわりも強い気持ちが無ければ出来ないことだろう。

荒川は言う。「楽しむということはとても大事なこと。でもプロとして楽しむというのはとても厳しいことでもある。」

二人の話を聞きながら、「プロとして仕事を楽しむ」ことがいかに大切か、そして楽しむための強い気持ちを持ち、努力を続けることがいかに大切で難しいことかを感じた。

2007年は「強い気持ちでプロとして仕事を楽しむ」ことを自分の課題にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/29

元日の予定が変更に・・・

今日(12月29日)はサッカー天皇杯の準決勝。国立競技場で浦和レッズとの対戦。例年だと準決勝は仕事も休みになっていて応援に参戦するんだけど、元日の朝まで熊本にいることになっているため、テレビ観戦。研究室で、「いけ~ヤナギ」「あ”~なんであのシュート外すんだよぉ」と大声を出しながら、かつ大掃除をしながら観ていた。

今年の大晦日から元日はすごい予定になっていて、大晦日の深夜から新年にかけては熊本城築城400年祭のオープニングイベント。熊本城で新年のカウントダウンをし、「熊本城デジタル掛け軸」というアートパフォーマンスを観る。いったん自宅にもどり一眠りした後、熊本空港8時発の便に乗って東京に移動。東京は板橋の自宅(両親宅)で新年の挨拶をしたあと、国立競技場でアントラーズの天皇杯制覇と10冠達成を祝い、その後福生にある妻の実家で挨拶、夜にはまた東京板橋に戻る、という盛りだくさん。この予定の前提になるのは、今日の準決勝でレッズを撃破することなんだけど・・・・結果は敗退(;。;)。

ということで、元日の予定は少し変更になり、余裕があるものになってしまった。
やっぱり元日は国立競技場にいないと、どうもその年は調子が出ない。再来年こそは元日を国立で過ごしたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/28

仕事納め

20061228osame_003
今日(12月28日)は仕事納め(御用納め)。熊本大学での今年の公式な仕事も今日で終わり(といっても、まだまだ年内にすませなければならない仕事が多くて、僕自身は仕事が続くけど・・・・)。

今年一年一緒に頑張ってくれた教材作成室のみんなと大学近くのイタリア料理店「TRATTORIA Salute」で仕事納めランチパーティとしゃれこんだ。

今年は教授システム学専攻の立ち上げ、ずっとリーダーシップを発揮してくれていた清水さんの退職(無事出産されたそうだ!)と大変な一年だったけど、みんなよく働いてくれた。

僕自身にとっても今年は本当に大変な(社会人になってから一番大変だったかもしれない・・・)一年だったんだけど、何とか無事に年末を迎えることができたのも、教材作成室のみんなが仕事の面でも気持ちの面でも支えてくれたからとしか言いようが無い。本当にありがとう!

みんな、お疲れ様!来年も楽しく働こうね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/26

新人研修・OJTを成功に導くための「新人育成セミナー2007 ~実践編~」

2007年1月29日にレビックグローバル社主催の下記セミナーに登板します。
よろしければお越しください。
ちなみに定員90名に対し、すでに50名くらいの申し込みがあるそうです。

===========================
新人研修・OJTを成功に導くための「新人育成セミナー2007 ~実践編~」

今求められる自律型人材を育成するために企業がすべきこととは何か、また用意すべき環境とはどのようなものか、注目を集める「ワークプレイスラーニング」と「OJT」の考え方を中心とした“実践的”な新人育成方法について熊本大学大学院助教授の北村士朗氏にご講演をいただきます。
さらに、導入研修で効果を上げるためのツールと、配属後の育成を支援する仕組みについて、具体的な事例を交えながらご紹介差し上げます。人材開発、教育ご担当者の皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

■セミナー概要

対象 人材開発、教育ご担当者
日時 2007年1月29日(月)13:00-16:00(開場:12:30)
会場 トスラブ市ヶ谷(東京都新宿区市谷仲之町4-39)

・都営新宿線曙橋駅下車徒歩6分
・都営大江戸線牛込柳町駅下車徒歩8分
 (牛込柳町駅東口より外苑東口通りに出てください)
・地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅下車徒歩15分
・JR市ヶ谷駅下車徒歩20分

参加費 無料
申込み 定員制(90名様)
先着順とさせていただきます。
「お申込みフォーム」よりお申込みください。
■セミナー内容(ご紹介する内容は変更する場合があります。あらかじめご了承ください)

第1部 13:00-14:30
「OJTの“いま”そして“これから”~ワークプレイスラーニングで新人を育てる~」
熊本大学大学院助教授 北村士朗氏

第2部 14:50-16:00
「新人育成の手法と事例のご紹介」
株式会社レビックグローバル
ナレッジ&ラーニング事業部 取締役事業部長 斎藤茂清

詳細・お申し込みは・・・・
http://www.revicglobal.com/ja/news/061215.html
=============================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/25

eラーニングの分業

今日(12月25日)はeラーニングコンソシアムで、eLP(eラーニングプロフェッショナル)委員会。今日は、資格認定に向けて制度面や運営についての打ち合わせを中心に行った。

資格認定するために、7つの役割(マネージャー、エキスパート、ラーニングデザイナー、コンテンツクリエイター、チューター、コンサルタント、SCROM技術者)毎、人材像毎に充足すべきコンピテンシーを検討しているんだけど、これが結構難しい。今日も委員の何人かが言っていたんだけど、少なくとも日本においてeラーニングかかわっている人の多くは一人何役もこなしているため、分業のイメージができず、それぞれの役割ごとのタスクやミッションがイメージしにくいからだ。それもあって熊本大の教授システム学専攻は、あえて分業を考えずに、「現実としてこんなことができるとeラーニングの専門家」という人材像を描き、コンピテンシーを決めていった。

一人何役も・・・は僕も前職時代に経験がある。eラーニング導入のための上層部への提案からはじまって、サーバの管理、はてはHTMLソースの訂正までやっていたくらいだ。熊大に移った今のほうが体制的には恵まれているけど、それでも僕と一緒に仕事をしている教材作成室のスタッフは一人何役もこなしてくれている。ということで、理屈としては分かるけど、もうひとつ現実感が無い人材像との格闘はまだしばらく続きそうだ。

それでも、人材像を描かないと、どんな役割が必要かも示せないことになるのでeラーニングのための組織の拡大も出来ないし、人が増えたときにどのように分業するかも決められない。何より、人を雇うための職務定義ができないから人を増やすのも難しいということになる。

ということで、ここは頑張りどころ。来年早々までに「宿題」が出され、僕も含めて委員にとっては大変なお正月になりそうだが、皆さん頑張りましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

久々のヨシギュウ、だが・・・

Yoshigyuu久々にヨシギュウ、吉野家の牛丼を食べた。販売中止直前に、よくテレビでも登場する有楽町の吉野家で食べて以来だから、2年半ぶりということになる。

いつものナミ・ギョク・ミソ、つまり牛丼の並と生卵と味噌汁を注文して、しばし待つと来た来た、ヨシギュウだぁ。待ってたよぉ。久しぶりだねぇ。

しかし、正直なところ食べてがっかりだった。肉が厚くて硬い。そして肉、というか具の量が少ない。少し食べたら具が無くなり、殆ど生卵かけご飯状態に・・・。「これは俺のヨシギュウじゃない~」と叫びそうになった。「アメリカ産牛肉じゃないとあの味は出ない」と販売を中止してまでこだわったあの味はどこに行ったのか?これならオーストラリア産で作ってくれたってよかったじゃないか。

いやいや、もしかするとこれは店の個体差なのかもしれない。もう一度、別の店で頼んでみよう。といっても熊本の吉野家は少なく、僕の行動範囲内では見かけない。また東京に出てきたときになるだろう。

そして、次回頼むときは迷わず叫ぼう。「ツユダク!」と。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/12/24

熊本のクリスマスイルミネーション

Pict0011
熊本の東バイパス沿いを走っていたら、ものすごいクリスマスイルミネーションにびっくり!

これは再春館製薬所・九州警備・キューネットの三社合同で毎年やっているクリスマス・イルミネーション

沢山の人たちが見物や記念撮影をしていた。

12月31日(日) までの18:00~22:00(金曜日、土曜日、大晦日は23時まで)やっているそうだ。
写真では伝わらないくらいのすごさなので、是非一度どうぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年12月17日 - 2006年12月23日 | トップページ | 2006年12月31日 - 2007年1月6日 »