« 2006年12月24日 - 2006年12月30日 | トップページ | 2007年1月7日 - 2007年1月13日 »

2007/01/05

データを眺める(CIEC研究会)

今日(1/5)はCIEC(コンピュータ利用教育協議会)の第66回研究会「実践研究における定量的評価の手法に関するワークショップ」 http://www.ciec.or.jp/ja/study/info_ciec66.html に参加。僕自身、実践研究が中心になるため、それをどうやって定量的に評価していくかが関心事(というか悩みどころ)なので勉強しに行った。

本来、研究における定量的評価や統計的な分析は、最初からしっかりとした分析目的を定めてデータを取ってそれを分析していく、ということが理想だし、そう進めることもあるけど、一方で、学校の実践やその成果物は必ずしも明確な目的・計画のもとに実施されているとは限らない。それどころか、当日の講師や参加者の皆さんの話を聞くと、そうではない方が多いようだ。

このような「必ずしも計画的に設計されていない事象の評価を行うためにどうすればよいか」がこの日のテーマ。

報告1「児童・生徒の心の発達とメディア環境等との関連に関する研究」(八王子市立清水小学校 教諭 松波 紀之先生)は急用ができて聴講できなかったんだけど、「基礎からわかる?統計学」と題された配付資料には、統計学の基礎と教員の視座からのポイントが示されていた。

報告2は同志社大学文化情報学部 助教授 宿久 洋 先生による 「必ずしも明確な目的・計画の下に取られていない(大量・複雑な)調査データからの知識発見」。宿久先生は統計を専門にし、大学での統計を教えられている他、統計科学の教育学習環境などにも取り組まれている。講演では実際に授業で使われているスライドも見せていただいたが、統計の「意味」、つまり「何が見えるか」を中心に授業を進められている様子がうかがえた。

宿久先生は「統計的な分析は本来は目的ありきで、可能な限り目的を明確化した上で目的に合わせたデータ収集をするのが基本だが、現実には先にデータが出てきてしまう」と認めた上で、先にデータが出てきた時にもできる対処として

  • データを眺める=データを要約し、それを視覚化していく(とにかく図を沢山書いてみる)
  • データに対応した解析を行う
  • 解析結果(事実)とその解釈を区別する
  • 結果を妄信しない

    を挙げ(これらは目的に合わせたデータであっても留意すべき点)、特に最初の「データを眺める」ことの重要性を強調されていた。

    ちなみに家に帰ってから 同志社大学文化情報学部の教員紹介ページhttp://www.cis.doshisha.ac.jp/professor/n_02/index.htmlを拝見したが、宿久先生の紹介が興味深い上、教員紹介サイトの作りも良くできている。

    Jmp1
    午後は、SAS Institute Japan株式会社 JMPジャパン事業部 竹中 京子さんによるワークショップ「統計解析ソフトJMPを用いたデータ分析の基礎」。JMP(ジャンプ)の使い方を体験版を操作しながら学んだ。この手のソフトを使うのは初めてだったんだけど、かなり面白い。宿久先生が強調されていた「データを眺める」が簡単にできる。こういうツールは高機能・高性能であることも大事かもしれないけど、それ以上「簡単」であることが大事だと思った。「いろいろな方法を使って、様々なカタチで眺めよう」って思って気軽にやってみるためには手順や操作が簡単でなければね。他のソフトは知らないんだけど、少なくともこのJMPは統計の専門家ではない(一応大学では必修科目として勉強したはずなんだけど・・・)僕でも、まさに気軽に使えそうだった。

    Jmp2
    機能として面白かったのは決定木(ディシジョンツリー)の生成。デモでは何千からもなるキノコの中で食べてはいけない毒キノコをどうやって峻別するかの決定木を作ってみてくれた。まずにおいで分類することでかなりの毒キノコを峻別し、次にヒダの色・・・というように生成してくれる。これは、マーケティングなどで良く使うツール(例えば大量の母集団の中から、DMを送って有効なのはどの条件の人たちかを絞り込む、といった使い方)をするそうなんだけど、学習目標を明確化するための分析にも使えそうな気がした。

    ちなみにアカデミックプライスは63,000円と値段も手頃。他の受講者によると、この種のソフトとしてはかなり安い部類で、値段の割には機能は充実しているらしい。

    以上のような実践的な研究会で、良い「聴講初め」になった。

  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2007/01/03

    アキバで見つけた得なモノ・変なモノ

    妻の携帯電話の機種変更のために秋葉原に行った。

    ヨドバシでauの機種変更をしたんだけど、何ちゃら割引とか、かんたらキャンペーンとかの組み合わせ+たまったauポイントで、結局2000円くらいでできてしまった。その上ヨドバシのポイントもつくので実質1000円くらい。しかも僕はJALカードSUICAを持っていて、SUICAで支払いをした(クレジットカードではなく現金扱いされるので、ポイントは現金と同じ)のでマイルも貯まると思う(確認はしていないが)。

    過当競争のなせる技なのかもしれないけど、買う立場としては嬉しかった。

    データの書き換えをお願いしている間、アキバを散策していて面白い(?)ものを見つけた。

    その1 新業態?Img_0232_edited


    ふと見上げると、「男装喫茶」「ひざまくらみみかき」という文字が目に入る。
    看板に書いてあるURLhttp://www.akibakotower.com/で見てみると、「男装喫茶」は「王室のデザートのような甘く優雅なひとときをお約束します。本職の男装バーテンダーによる、最高のおもてなしをご堪能ください。」だそうだ。料金はブレンドコーヒーが500円、カクテル類が1200円くらい。どんな人が行くのかなぁ?男の子だろうか?女の子だろうか?

    「ひざまくらみみかき」は「山本耳かき店」の秋葉原店。ちなみに「当店は風俗店ではありません」と注釈されている。「”てくにしゃん”から膝枕美人まで 個性あふれる魅力でお客様に心やすらいでいただけるよう」に耳かき小町が「精一杯つとめさせていただきます。」だそうだ。料金は30分2500円(ただし、今は期間限定特価2000円)「耳かきはおよそ10分程ですので残りのお時間は、ハンドリフレをご希望にて行わせていただきます。膝枕でお昼寝をしていただくだけでも問題ございません。」とか。新たな「癒し」ビジネスなのかなぁ・・・。

    そういえば、以前、ビックコミックか何かに耳かき店をテーマにした幻想的な作品が載っていたな・・って思い出してWebで検索したら、漫画家・小説家の菅谷充さん(「ゲームセンターあらし」で有名だけど、ネットワーカーの世界でもモータースポーツ関係のフォーラムの運営などで有名)がそのことをブログに書かれていた。その作品のタイトルが「山本耳かき店」。やっぱりその作品からインスパイアされた(パクった?)ビジネスだった。

    その2 謎の路上パフォーマンスImg_0234


    さらにアキバを歩くと、路上に人だかりができている。覗いてみると男の子二人(それもむさくるしい・・・)がなにやら歌いながら(っていうか叫びながら)踊っている。アイドルの親衛隊風の叫びと踊りだ。何が面白いのか分からないけどとにかく人が集まってカメラを向けたりしていた。妻は「見ちゃいけないものを見てしまった感じ」と言っていたが、まあ、この程度はアキバとしちゃあ序の口だよね。無視できる範囲だし。(苦笑)

    Img_0235
    ところで、このパフォーマーたちを見て「なるほどね」と思ったのが音源。携帯電話にアンプ付きスピーカーを接続して音を鳴らしていた。確かにイマドキの携帯電話はポータブルオーディオでもあるし、彼らの様な(貧乏そうな(^_^;))パフォーマーたちには身近なんだろうね。曲もその場でダウンロード可能だしね。

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    2007/01/02

    スタバの福袋

    Fukubukuro
    元日に羽田空港のスタバにコーヒー豆を買いに寄ったところ、福袋が積んであった。

    スタバで福袋をやっているのは知っていたけど、残念ながら今まで買うことが出来なかった。福袋を売っている店が限られている上、数も限られていて「うちでは売っていません」「売り切れました」と言われてばかりだったので・・・。

    「やった~」とゲットすることに。店員さんによると、三種類あるということで、僕はグッズ中心のものを買った。

    中身は
    ・カフェ・ベロナ250g→1300円相当
    ・CD"Something's got a hold on me"→日本の価格シールが貼ってないので分からないが2000円相当か
    ・正月限定タンブラー→これも価格シールが貼っていない。限定品らしい。1000円相当
    ・マグ→1000円
    ・ロゴチョコレート→200円くらい?
    ・トランプ→非売品
    ・ブックカバー→非売品

    ということで非売品もあるけど、6000円以上にはなるのではないかと。
    お買い得だと思う。今日、まだ残っているかどうかは分からないけど、もし見かけたらお勧めです。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2007/01/01

    あけましておめでとうございます

    私からの年賀状です。(クリックしてください。拡大表示されます)

    あけましておめでとうございます。おかげさまで昨年4月、日本初の「eラーニングの専門家をeラーニングで養成する大学院」である教授システム学専攻を開講することができました。<br />
また、個人としてはダイヤモンド社から「企業内人材育成入門」を刊行(共著)することができました。<br />
今年も精進を重ねる所存です。ご指導の程、よろしくお願いいたします。


    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2006年12月24日 - 2006年12月30日 | トップページ | 2007年1月7日 - 2007年1月13日 »