« 2007年2月11日 - 2007年2月17日 | トップページ | 2007年5月27日 - 2007年6月2日 »

2007/05/25

JSiSE第1回研究会

JSiSE第1回研究会 『eラーニング環境のデザインとHRD(Human Resource Development)/一般』に参加した。今日は発表の予定もなく、一日、じっくりと皆さんの発表を聞けると思っていたら、開会直前に「午前中の司会よろしく」と幹事の仲林先生@NIME、松居先生@早稲田大に言われ、大あわて・・・・(^_^;)

発表の中で印象に残ったものをいくつか。

「仮想学習環境における問題解決型学習を促進するためのセルフアセスメントの提案 -学習体験に基づく考察-」熊大大学院の多賀さん、豊永さんの発表。何を隠そう、僕が担当していた科目「インストラクショナルデザインII」について学習者に学習の途中でセルフアセスメントをさせることで、学習をより確実なものとさせる提案。教員が非力な分、頼もしい受講者が改善を考えてくれている(^_^;)。

 「情報演習における苦手のバロメーターに関する調査研究 ―アンケート結果に基づく仮説の構築―」
萱津理佳さん@長野県短期大学の発表。「Excelが情報に関する苦手のバロメーターになるのではないか」というもの。これは、企業での僕の体験値とも合う。今後に期待。

 「SCORM2004を拡張したダウンロード型モバイルラーニング環境」仲林さん@メディア教育開発センタの発表。
eラーニングの標準規格であるSCORMをケータイにも使えるような開発を続けられている。ひとつの教材を会社や自宅ではパソコンで、そして通勤途上ではケータイで学習できるようになりそう。

「教授トランザクション理論に基づく教材シェルの実行環境の開発」市川さん@岩手県立大学&熊本大学大学院の発表。インストラクショナル・デザインの知識が無い人が、効果的な教材が作れるようなシェル(データの入れ替えが可能なシステム)の開発をされている。

 【特別講演2】「eラーニングと四足の草鞋(わらじ)」古賀暁彦さん@産業能率大学。Sanno e-Learning Magazineでおなじみの古賀さんは、教育事業者(産業能率大学eラーニング開発センター長)、学生(桜美林大学大学院 大学アドミニストレーション専攻M2)、講師(熊本大学大学院 教授システム学専攻の非常勤講師)、eラーニング普及促進者(日本イーラーニングコンソシアム 活用事例委員会 副委員長)という4つの面からeラーニングに関わっている。まとめとして、「一度に着手するには限界があり、どれも中途半端になるけど、一つのネタを別のフィールドで活用することができるし、色々な視点から見るとニーズが分かってくる。」とおっしゃていた。いえいえ古賀さん。どの草鞋も並みじゃないですよ。(^_^;)。

 「遠隔大学院で論文指導をどう行うか:熊本大学教授システム学専攻の事例から」は我らが専攻長の鈴木先生。同期型の学習は出来るだけ避けたい、でも同期型の学習が有効な面もある、という話(ジレンマ)が中心。教授システム学の内幕話も連発で僕はハラハラしつつも、「なるほど、自分達がやっていることって、こういう見方ができるのか・・・」と改めて勉強になった。

 「大学教員の教育力向上に向けたeラーニングコンテンツの試作」加藤由香里さん@東京農工大学。ファカルティ・ディベロップメント(FD:教授団の資質開発・教育力充実に関する組織的取り組み)をeラーニングを使ってやろうという試みのご披露。「研修やセミナーだと『授業と重なって出られない』と言って出てこない教員がいるので、その対策としてeラーニングは有効」というお話が印象的だった。

 「知識社会におけるコラボレーティブ・ネットラーニングの活用モデル -e-ラーニングを協働と学習のインフラとして活用するには-」下山博志さん@(株)人財ラボ。今後はWeb2.0的にネットワーク上で協調的に知を生成(協創)していくようなコラボレーティブ・ネットラーンイングが企業内教育の中で主流になっていくだろう、という発表だった。

研究会の後は懇親会。そしてその後は三鷹駅そばの居酒屋で恒例「熊大ナイト」が開催されたのでした。これも大事な「同期型」学習の機会・・・・。
20070524_1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/05/24

スピードハックス勉強会

今日は「【週末の達人】スピードハックス勉強会2」に参加した。

【週末の達人】というのは、小石雄一さんが主催している異業種交流会。http://www.weekendmaster.com/

熊大に移籍する前から、ちょくちょく参加させてもらっていた。

20070524
そして、今日の講師はサイバーログ研究所の大橋悦夫さん。大橋さんはニフティサーブのパソコン通信をきっかけに知り合った10年来の友人だ。仕事を楽しくするブログ「シゴタノ!」で知られている。今年の1月に、スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術という本を出版し、すでに4版(2万部)のベストセラーになっている。今日も、その本の内容にちなんだ勉強会。
http://homepage2.nifty.com/weekendmaster/network/tokyo070524.htm

大橋さんが強調していたのは、自分でたてた予定を守るには自分のスピードを把握することが大事で、そのためには作業記録をつけるのが一番ということ。Excelでタスクリストを作り、それぞれの予定所要時間と実際に費やした時間を比較して、自分の仕事のスピードを把握し、無理の無いスケジュールを立てるようにすること、朝、きちんとスケジュールを立て関係者との調整(期限を延ばしてもらうなど)をすることもがポイントだという。

また、参加者で「仕事の先送りを防ぐにはどうするか」をグループディスカッションした。
僕のグループの結論は「勝負が決まるのは朝、でも決めるのは前夜」というもの。

朝、スケジュールを立てたり、色々な仕事を5分だけやる(これは大橋さんの本に書いてあるノウハウ)には、前夜に問題点をリストアップしたり、ドキュメントを揃えて追いたり、何をするかを決めておいたり・・・といった準備をしておくのが大事で、そのためには一日の終わりに翌日の準備をするという予定を入れるのが大事だということ。

そして、これらの先送り防止策を先送りしない(^_^;)ために、一ヶ月後にお互いがちゃんとやっているかメールで相互確認することにした。

さあ、仕事のスピードを3倍にすべく、頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/05/23

TAさんたちと飲み会

Sa310003今日は街中で本年度の僕のクラスを担当してくれるTAのみんなと飲み会。チームワーク強化のためと称して、前期から飲み会をすることにしている。前年度は大学の近くで飲み会をしたのだが、今年、僕はプライベートな課題として「街に出よう」を定めた(^_^;)ので、今日は街中。こうでもしないと、大学と住まいと空港のトライアングルぐるぐる状態から脱せないので・・・。

今日は本年度の第一回(?)飲み会。僕のクラスを担当してくれているのは、情報電気電子工学M2の吉廣君、同じく小森君、環境土木工学の西君、物質生命化学の芹生君の4人。みんな元気で明るく、そして頼もしい。おかげで僕は授業中、かなり楽をさせてもらっている。また、受講者である医学部医学科一年生のみんなからも頼りにされている。

飲み会では、授業の進め方、受講者である医学部医学科一年生の授業中の様子(TAのみんなが学生を良く見ていてくれていることが改めて分かって嬉しかった)、就職活動のこと、研究のことといった真面目なことから、熊本に一軒しかないメイド喫茶のことや、女の子とのつきあい方(みんな若い男の子なので・・)まで本当にいろいろなことを話して、大盛りあがりした。

M2の3人の研究はどれもかなり面白い。吉廣君はLSI内部のハードウェア構成を変化させることでひとつのLSIに複数の機能を持たせる研究、小森君はアリ(昆虫の)の動き方からソフトウエアの新しいアルゴリズムを探る研究、西君は地球温暖化で旬になった海岸(護岸や港などの構築、景観設計など)の研究で、そのためにオーストラリアに留学していたという。

飲み会をする前から既に「良いチーム」って感じになってたけど、飲み会を通じてよりお互いを知ることができて、絆が強くなった気がする。これからもよろしくね!頼りにしてるよ!!>TAの皆さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/21

緑陰

20070521
今日・明日は珍しく何もアポイントが入っていない。集中して山のような仕事と格闘することができる2日間だ。とはいえ、集中力にも限りがあって、午後も3時を過ぎると、頭に何も入らず、何も出てこずという状態になった。

そんなとき、ふと窓の外の木陰とベンチが目に入った。熊大のキャンパス内には立派な木が沢山あり、木陰も多い。授業時間中は学生もあまり通らず、静かだ。

夕方までに読まなくてはならない論文を手に外に出ることにした。ベンチに座ると、そよかぜと鳥のさえずりが心地よい。京都の哲学の道を歩いた時に感じたけど、よく言う「ゆらぎ」が脳を柔らかく刺激してくれる感じがする。哲学の道では川のせせらぎが「ゆらぎ」だったけど、ここ熊大の緑陰でも似たような感じがしてきた。たまに学生オーケストラの金管楽器の「ブワー」という練習音が聞こえるのはご愛敬だけど・・・。

おかげで煮詰まった頭がリフレッシュでき、論文が頭にす~っと入ってきた。

さあ、もうひと頑張りしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/20

阿蘇にアソぶ

Blog復活の最初の投稿が遊びネタってのもちょっと気がひけるけど、まあ、それはそれってことでご容赦を。

今日は早朝から阿蘇でアソ(遊)んだ。

熊本に住み始めて1年半以上経つのに、まだ、まともに阿蘇を巡ったことが無かった。空港近辺を一度ドライブしたきりで、「いつかはもっと奥の方に・・・」って思っていたんだけど、週末に熊本にいて、なおかつせっぱ詰まった〆切(月曜までに・・・ってやつ)が少ない日っていうのが本当に無かった上、それが続いていて出不精になっていたこともあって、週末は自宅か大学で過ごすことが多かった。「これじゃいかん、もっと熊本を、阿蘇を楽しまねば・・・」

おまけに、いろいろな人から「阿蘇は今が良い季節ですよ~」と言われ、おまけにスケジュール表を見ると、来週以降の週末は予定が詰まっている。「今週しかないじゃん」

ということで、今日、阿蘇で遊ぶべく、先週は(土曜日まで)かなり必死に仕事をし、今日一日のお休みを捻出した。もしかしたら、このBlogをお読みいただいている人の中に「お~い『あれ』はどうしたぁ?」という人がいるかもしれませんが・・・まあ、たまには休ませてください。ご心配であれば念のため週明けにご一報を(忘れている可能性もあるので・・・(^_^;))

今回のお供は「月刊タウン情報クマモト」通称「タンクマ」。ちょうど5月号が「アナタが知らない阿蘇最旬完全ナビ」という特集だった。「アナタが知らない」も何も、何にも知らないんだけど、情報量としては適量だったので、これをガイドにクルマを走らせた。

朝6時に家を出て、まずは大観望へ向かう。大津(おおづ)市で国道57号線からミルクロードを走ると大観望なのだが、途中で早くも寄り道。「オートポリスまで7km」という看板を見つけてしまったのだ。

2007052001
オートポリスは国際規格のサーキット。かつて全日本ラリーにナビゲータとして出場していたころ、ラリーカーで走ったところだ。サーキットへ行ってみると、チューニングやドレスアップした軽のスポーツカーが沢山いて、ゲートオープンを待っていた。聞くと「ABCミーティング」という軽スポーツカーの愛好者のミーティングだという。楽しそうだ。ここにはそのうち走りに来よう。ちなみにオートポリス着が7時頃。

2007052002
そこから最初の目的地である大観望に。ここは阿蘇でも一番の眺望が楽しめる。展望台で持ってきたパンと珈琲の朝食を取る。なかなか気分が良い。そうこうするうちに8時になり、売店が開いた。名物のソフトクリームと牛乳、それに地元のイチゴをミックスした特製イチゴミルクが美味!

再びミルクロードに戻り、そこからやまなみハイウェイ(といっても普通の山道)を黒川温泉に向かう。
2007052003

8:30頃黒川温泉の入口に到着。三愛高原ホテルで500円を払って露天風呂に入る。とても見晴らしの良い明るい露天風呂で、日光浴をしながら入浴する感じ。とても気持ち良かった。
黒川温泉郷をゆっくり流しながら偵察。次回は黒川温泉名物の「温泉手形」を買って、一日温泉巡りをしよう。

2007052004
黒川温泉を抜けると「ファームロードWAITA」というルートサインと「リトルカントリー 石窯パン」という看板が目に入り寄り道をすることに。ファームロードからかなり奥まったところにそれらしきものがあり、煙が上がっている。

入ってみると、石窯とインディアンのテントの先からの煙だった。焼きたてのカントリーパンを1斤買い、数枚スライスしてもらって珈琲と一緒にいただく。焼きたてのパンは香ばしく柔らかく、ついつい何枚も食べてしまった。

2007052005
さらにファームロードを走らせ、偶然見つけた「北里柴三郎記念館」に立ち寄る。北里柴三郎はこの地の出身だということを初めて知った。記念館には北里の生家、北里が建てた「貴賓館」、北里文庫(図書館として作られたが、現在は資料展示がされている)がある。写真は貴賓館の2階から見る景色。

国道212号線を南下し内牧(うちのまき)温泉に向かう。内牧温泉では「Tomaっとベリーな街をあるこう」というグルメイベントをしていて、色々な店が「期間限定の一品」を出している。

2007052006
僕のお目当ては温泉旅館「親和苑」の「ふくゆたかのランチ」。和牛のサイコロステーキや地豆腐のサラダ、豆乳とクレソンのスープ、高菜めし(高菜めしって、このあたりの特産品なのかな?)などのランチに、露天風呂入浴がついて1500円。しかも「タンクマを見た」というと何と1000円!三愛高原ホテルの露天とはうってかわって秘湯的な露天に入ってからランチを頂く。ランチの料理はそれぞれに工夫があってとても美味しかった。
2007052007


13時頃、親和苑を出発し、次の目的地、大津運動公園に向かう。今日はロッソ熊本のホームゲームが行われている。J2昇格を目指すロッソは今期好調でJFLで2位につけている。僕もロッソのサポータークラブには入っていたんだけど、これまた機会に恵まれず応援する機会が無かった。今日を逃すとまたまたしばらく応援できないので、今日は何としても応援に!ということで、参戦した。

2007052008
ちょうど前半が0-0で終わったところで到着。早速ゴール裏で応援に参加する。ところが後半直後に失点し、残念ながらそのまま負けてしまった。でも、サポーターの応援は熱く、選手達も試合後はサポーターのすぐそばまできて挨拶していた。

これだけ遊んでも16時には家に戻ることができた。これが阿蘇に抱かれた熊本に住む醍醐味だろう。
家に帰ると走行距離は約260Km。結構走ったね。

いや~楽しかった。なんだか阿蘇の空気から元気をもらった気がする。
今日は朝から気合いを入れて周遊って感じで遊びに行ったけど、ピンポイントであれば、「ちょっとした暇」があればそこそこ楽しめそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

何度目かの再開!

「禁煙のベテラン」「禁酒の経験豊富」な人みたいに、僕も「blog再開のベテラン(ないしは常習者)」になってしまったみたいだけど、blog復活します。

ほんとうに色々な人から(中には初対面の人にまで・・)顔を合わす度に「最近blog更新してないね」「ちゃんと更新してよ」「あ、生きてた」などなど、様々な励まし(とお叱り)をいただきました。そしてその殆どの人から「心配してたんだよ」「元気そうでよかった」と。ありがたいことです。

最後の投稿からの約3ヶ月間、とても忙しくて、一日を終えてから何かを書く気力と体力が残っていなかったのです。開講後初めての年度末と、2度目の年度初め(初めて2年生と1年生が並走)は、想像を超える忙しさで、その上、オフィスの移転や組織替えもあって、忙しさがGW(GWも殆ど仕事で、"Goledn Week"というより"Iron Week"(泣))明けまで続いていました。

その忙しさも一段落して、ちょっと心拍数が下がってきましたということろで、ぼちぼち再開します。細々とでもとぎれないようにするのが次の目標です。

ということで、また(^_^;)、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月11日 - 2007年2月17日 | トップページ | 2007年5月27日 - 2007年6月2日 »