« 学会開催と生協さん | トップページ | 病気は究極のダイエット?その後 »

2008/01/12

授業法第3回

20080112jugyouhou
今日は、日本弁理士会知財ビジネスアカデミーの「授業法(基礎)」 。全4回のコースですが、今回、僕は第3回・第4回の模擬授業のコメンテータとして登板。

今日は、本物の学生を前にした模擬授業の1回目で、授業のガイダンスを行い、学生さんたちには「この授業を受講したいか?」といった評価(投票)をしてもらうというもの。

今回、気づいたことは・・・
実務家としての自分のアピール不足
「弁理士の~です」と講師自己紹介をする人が多いのだが、そもそも学生の多くは弁理士という仕事が分かっていないので、自己紹介後も講師を見る目が変わらないことが多い。実務家教員としては「こんな仕事をしていて、こんな実績があります」「こんな修羅場をくぐりました」といったことをアピールし、学生から畏敬の眼差しで見られるようになりたいものです。

グループワークが大流行
模擬授業の中で、シラバスを配布し、どのような授業を展開するかを説明するのですが、「グループワークを取り入れ・・」という人が多かったのが特徴的でした。この模擬授業では「100人を対象とした知的財産概論」を題材としてるため、グループワークは容易ではない(不可能では無いにせよ)のですが、そこを安易に考えてしまった人が多かったようです。

ただ、これは学校現場でも同じでFDの議論でも「双方向の授業をしよう、だからグループワークを取り入れよう」ということをしばしば耳にします。もちろん、それも間違いでは無いのですが、グループワークが崩壊したときの悲惨さが分かっているのかな?とか、講義だって十分双方向にできるのに・・・と思うことが少なくありません。

もしグループワークをするなら、それが何故必要か?グループワークが最善な方法か?実現可能か?リスクマネジメントは?他の手段は無いのか?といったことを考え抜く必要があると思います。

この「授業法」でも「グループワーク」選択の妥当性を考えてもらうと同時に、代替手段を考えていきたいと思っています。

|

« 学会開催と生協さん | トップページ | 病気は究極のダイエット?その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/17695964

この記事へのトラックバック一覧です: 授業法第3回:

» 弁理士という資格をご存知ですか? [弁理士]
弁理士とは産業財産権等に関する業務を行うための 国家資格者を言います。弁理士の職掌・資格に関しては弁理士法などで規定されています。 [続きを読む]

受信: 2008/01/23 22:45

« 学会開催と生協さん | トップページ | 病気は究極のダイエット?その後 »