« らうめん華さくら チャーシューらうめん | トップページ | くまラーメンの「のりラーメン」 »

2008/01/23

本年度の情報基礎終了!

20080123kisobfinal1

私が通年で担当している唯一の学部向け授業「情報基礎」も今日が最終授業。
ということで、記念写真を一枚(^_^;)。

この科目は前期の「情報基礎A」でパソコンの使い方、メールやWebブラウザの使い方、オフィス(StarSuite)の使い方を、後期の「情報基礎B」ではWebの書き方を、そして通年で情報倫理を学んでいく、全学部一年生の必修科目です。

私は昨年度に引き続き、本年度も医学部医学科のクラスを担当しました。

授業はオンサイトのeラーニング、つまりパソコンのある実習室でeラーニングを通して学んでいく形式を取っていますので、担当教員は講義をする必要はありません。主な役割はクラスマネジメントとサポートということになります。

それでもちょっと動機付けをしたいと思い、このクラスでは「医療・医学と情報」というテーマで授業の冒頭に、その日に学ぶ内容と医学・医療を結びつけたイントロダクションを話すようにしました。20080123kisobfinal2


その準備を通してつくづく思ったのが「医療サービスは情報産業」ということです。医療スタッフは様々な情報、たとえば患者からの言葉、各種検査結果などから診断し、患者にその結果を伝える。その診断をよりよいものとするために、最新の医療技術や研究結果、あるいは薬などに関する様々な情報を収集しておく必要がある。患者はその情報を受け取り、どのような治療を受けるかを決める。これってまさに情報のやりとりで価値を生んでますよね。

ということで「医療サービスは情報産業」というフレーズを今年は連呼しました。

ところで、今年もう一つ気づいたのが、パソコンが得意な学生と不得意な学生の差が広がったこと。「得意な学生」のスキルは年々あがっていて、1時限分の内容を60分もたたないうちに終わってしまい、その日の課題を提出してします。

一方で「不得意な学生」も依然として少なくありません。課題提出が90分ぎりぎりになったり、時には課題の内容が不十分だったりします。そして不得意な学生はあきらかに、パソコンそのものに不慣れで、例えばファイルのコピーや移動、フォルダの新規作成などの基本操作もおぼつかなかったりします。

しかも、この得手・不得手には、見た目の真面目さは関係なく、むしろ不得手な学生には真面目な雰囲気の人が多い感じすらしています。

高校で教科として「情報」を教えているはずなのですが、その取り組みに学校ごと、あるいは先生ごとのばらつきがあるのではないか?と思わずにはいられない状況です。
そのショックアブソーバーとして「情報基礎」が機能している、といえなくもありませんが・・・。

いずれにせよ、不得意な学生の皆さんも頑張ってこの一年間の「情報基礎」を完走しました。最終課題はWebページを書くことだったのですが、どの作品も個性豊かで見ていて楽しいものでしたし、特に不得意な学生さん(こういう学生さんほど、名前をちゃんと覚えるものなのですよね・・・)の作品は「よく頑張ったね・・・」と感じずにはいられないものが多くありました。

このクラスのみんなが、情報やITを賢く使いこなし、医学者として、医療スタッフとして情報社会の中で良い人生を歩んでくれることを期待しています。

|

« らうめん華さくら チャーシューらうめん | トップページ | くまラーメンの「のりラーメン」 »

コメント

いいなあ>大学。
予定どおり来年度の院の単科生を狙ってますが(笑)。

投稿: おーば | 2008/01/23 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/17794389

この記事へのトラックバック一覧です: 本年度の情報基礎終了!:

» 【情報倫理】についての検索結果をリンク集にして… [あらかじめサーチ!]
情報倫理 に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます… [続きを読む]

受信: 2008/01/25 09:43

« らうめん華さくら チャーシューらうめん | トップページ | くまラーメンの「のりラーメン」 »