« イブニングセミナー@東京で教授システム学専攻の紹介 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2008/08/06

CIEC 2008PCconfernce(初日)

今日から8日までCIEC(コンピュータ利用教育協議会)の全国大会であるPCカンファレンス。今回のテーマは「創発する学び」。場所は慶應のSFC(湘南藤沢キャンパス)で、ここに来るのは6年ぶりくらいになる。

初日の今日は基調講演1・2、シンポジウム、イブニングトークという構成になっている。

基調講演1は会長である佐伯胖先生の「学習学ことはじめ~勉強から学びと共感へ~」。「上から読んでも学習学・下から読んでも学習学」で始まった先生の講演は「学習の主導権を学習自身のものとして学習を捉える考え方」である「学習学」の提案。

教師は「うまく知識伝達する人「=「うまく勉強させる人」という「教え主義」の教育から脱し、「教師は学習者と横並びになって、文化的実践をともにし、面白いことを見つけ合い一緒に面白がる人」という「共感的参加型」の学習を提案されていた。

エピソードとして印象的だったのが、浮世絵に描かれる親子は何かを一緒にみている共同注視が多く、古来、日本は親子で共視する文化を持っていて、今の日本は「あの人が見ているのと同じように私も見ている」という感覚の重要性を忘れているのではないか?というお話だった。

講演の最後は「いまこそ、学びにおける能動的共感性の回復を!」というスライドで締めくくられていた。

基調講演2は熊坂賢次 慶應義塾環境情報学部教授の「SFCの挑戦:「未来からの留学生」から未来創造塾へ」。SFCがこれまでにやってきたこと、そしてこれからやろうとしていることをご紹介いただいた。

SFCの当初コンセプは「未来からの留学生」で「21世紀に役立つ知」を20世紀に学ばせようとするものだった。
そして、今のはコンセプトは「未来創造塾<21世紀福沢塾>」。いままでの大学が作ってきた基本的な仕組みを根底から突き崩し、教員にすら分からないものに挑戦しようとするもの、。そこでの教育は当然、知識伝授ではなく、教員と学生と職員が一緒になって考えていくものであり、学生はそのためのパートナーだというお話が印象的だった。

シンポジウム1は「プロジェクトを通じた学びとメディア環境」がテーマで私も出演し、熊本大学教授システム学専攻で行っている「eラーニング実践演習」の事例を紹介した。

プロジェクトを通じた学びについて妹尾先生@東大の司会のもと、熊坂先生、長岡先生@産能大、松沢先生@静岡大と議論していった。

一言でプロジェクト型の学習といっても、私たちがやっているeラーニング実践演習のように割とかっちりデザインして実務能力を高めようとするものから、何をプロジェクトとするかから学習者に考えさせ、学習者の創造力を育もうとするものまで様々であり、学びの目的によって、やりかたも変わってくるというのが結論といえば結論。

私にとっては、私がやったことが無いタイプの「緩い」プロジェクト型学習の事例や考え方を聞くことができたのが大きかった。

夕方からはイブニングトーク。これはPCカンファレンスの名物みたいなもので、立候補したモデレータが話題提供し、それについてお弁当を食べながらワイガヤをするもの。私が参加したのは妹尾先生@東大が提唱した「授業法研究会を立ち上げませんか」で、中学校~大学院の教員、企業の方、研究者らが20人集まり、授業について、プレゼンテーションについてなど様々なことを語り合った。この先、「授業法研究会」を立ち上げることになり、アップルコンピュータの坂本さん、北大の石村さんと一緒に私も幹事の一人になった。

ということで初日は終了。また明日。

|

« イブニングセミナー@東京で教授システム学専攻の紹介 | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/42095601

この記事へのトラックバック一覧です: CIEC 2008PCconfernce(初日):

« イブニングセミナー@東京で教授システム学専攻の紹介 | トップページ | あけましておめでとうございます »