« eラーニングワールド3日目(8月1日)の見どころ? | トップページ | 銀座ニューキャッスルの辛来飯 »

2008/08/01

eラーニングワールド3日目

eラーニングワールドも今日が最終日。

私にとっては昨日「見どころ」でお知らせしたように、今日は朝からあちこちをバタバタ移動する一日だった。

まず、午前中はeラーニングカンファレンス特別セミナーで「ICT時代の人材育成に貢献する「eラーニングプロフェッショナル(eLP)資格制度」のプレゼン。

午後は、展示会場ステージプログラムで、「最終日だよ!e-Learning祭り!」の第三部「来場者参加!e-Learningスクランブル!「e-Learning」の現状、課題を来場者とともにディスカッションする90分」に出演。
司会は(株)プロシーズ代表取締役の花田隆典さん。パネラーは(株)アプライドナレッジ 代表取締役 小島政行 さん、(株)ネットラーニング代表取締役社長の岸田 徹さん、(株)デジタル・ナレッジ代表取締役社長のはが弘明さん、学びing株式会社代表取締役社長の斉藤常治さんという蒼々たるメンバー。

このセッションでは、参加者にケータイでアンケートに答えてもらい、その結果を見ながら、みんなで議論した。

ちなみに質問と結果を書くと
Q1:eラーニングワールドの参加回数は?
   始めて12人、2回目5人、3回目4人、4回目9人

Q2:eラーニングワールドは期待通りだったか?
   期待以上2人、期待通り19人 不満9人 やや不満3人

Q3::e-Leaningの学習端末は今後何を利用したいですか?
   パソコン14人 携帯電話16人 iPhone4人 ゲーム機2人

Q4:e-Leaning Worldはこれからの教育の形を変えると思いますか
   劇的に変わる5人 多少変わる18人 それほど変わらない7人 まったく変わらない1人

Q5:e-Leaningの将来に可能性を感じますか?
   非常に感じる14人 多少感じる12人 それほど感じない3人 まったく感じない1人

ディスカッションの内容の報告は端折らせてもらい、セッションを通じて私が発言したこと・したかったことをかいつまんで書かせてもらうと・・・・

1.これからの企業内の人材育成、パフォーマンスアップをより良いものにする上でICTは欠かせないはず。企業の経営にICTが欠かせないのであれば、経営活動のひとつである人材育成やパフォーマンスアップにもICTは欠かせないはずから。ただし、今のいわゆる"e-Learning"と同じ形とは限らない"e"というものをユーザもベンダーももっと柔軟に考えていくべきだろう。

2.eラーニングベンダーにはもっと個性的な商品を求めたいし、展示会でももっと個性を打ち出して欲しい。正直なところ、どこの商品やサービスも、ユーザの視座からは大同小異にしか見えない。また、展示会をユーザとの対話の場と考え、自分の商品やサービスを一方的に売り込むだけでなく、ユーザの声を聞いて、解決策(それを「ソリューション」って言うんだよね!)を考える場にして欲しい。

3.その1や2を実現するには専門人材が不可欠なはず。熊本大学の教授システム学専攻やeLCのeLPでそのための取り組みをしているので、是非活用して欲しい。

まあ、最後は宣伝だけど・・・何はともあれ、結構楽しい90分だった。

ところで、熊本大学ブースにも沢山のお客様に来ていただいた。500部用意した最新情報のパンフレットが今日の午前中には全てはけてしまったくらいで。

ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。
是非、来年1月には願書を出してください!よろしくお願いします。

|

« eラーニングワールド3日目(8月1日)の見どころ? | トップページ | 銀座ニューキャッスルの辛来飯 »

コメント

業務爆発で会社を出られませんでした。頭の中のモヤモヤが落としどころ、めざして修練し始めており、何かヒントになりそうだったのに残念でした。

また東京にこられたらお知らせください。

投稿: ebisu | 2008/08/02 06:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7406/42033394

この記事へのトラックバック一覧です: eラーニングワールド3日目:

« eラーニングワールド3日目(8月1日)の見どころ? | トップページ | 銀座ニューキャッスルの辛来飯 »