« 2008年7月13日 - 2008年7月19日 | トップページ | 2008年7月27日 - 2008年8月2日 »

2008/07/23

熊大3年目職員研修(2日目)

Img_0254

今日は熊本大学の「採用3年次事務職員研修」2日目。受講者は、午前中に熊大としての課題である「大学評価」「病院経営」「事務改革」についてのレクチャーをそれぞれの学内エキスパートから受け、午後は昨日のワークショップの続きとして、実際に上司に自分が定めた年度末のゴールを説明する練習として簡単なプレゼンをし、他の受講者や講師(総務部人事課の野々原さん、松崎さんと私)から質問やコメント、フィードバックを受けるというグループワークをした。

正直なところ、プレゼンを聞いた段階では「え?それがチャレンジングなゴール?」と言いたくなるようなものも少なくなかったけど、グループディスカッションの中でよくよく話を聞いてみると、過去の経緯・慣例や組織内外のしがらみが強力(強烈)で、そこに立ち向かうのはチャレンジングなことだということが分かってきた。

「大学改革」というと教育面や経営面での、どちらかというと大枠で派手な部分が注目されがちだし、それはもちろん大事なことだ。

でも一方で、事務部門の最前線では一見小さな、でもとても難しい課題が沢山ある。正直なところ組織力が強くはない熊大(というか国立大学法人はどこでもそうかもしれないけど・・・)では、ひとつひとつを解決したり、片付けたりするのは容易ではなさそうだ。

とりわけ若い人たちにとっては、正直なところ組織的なサポートも決して強くはない中で、「何かを変える」ということは本当にエネルギーが必要でチャレンジングなことだと思う。「何かを変えよう」と思ったり、言い出したりすること自体大変だし、そう思わなかったりしても責められるものではないと思う(だって、本当に大変そう・・・)。

だけど、今日、ディスカッションをしていてよく分かったことは、みんな自分なりに「戦っている」ということ。その点では「みんな、立派だよなぁ」と思った。受講者である3年目の皆さんには、自分が「戦っている」ことの価値や意味をしっかり理解して、誇りに思って欲しい。

私はこの研修を受けた3年目のみんな、そして、その後に続く2年目・1年目のみんなはきっと何かをやってくれると信じています。

そして、このブログを読んでいる熊大(や国立大学法人の)職員・教員の皆さん。若い人たちが「何かを変えよう」としているとき、それをサポートしてあげてください。お願いします。

昨日~今日の研修は、講師を務めた私にとってもいろいろなことを考え・感じ・学ぶ機会になりました。受講された3年目の皆さん、野々原さん・松崎さん、お疲れ様でした!ありがとうございました!

p.s. みんなで記念撮影するのを忘れてた!残念!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/07/22

熊大3年目職員研修(初日)

Img_0251

今日~明日は熊本大学の「採用3年次事務職員研修」。3年目の多くの職員が年度末に初めての異動を迎えるため、年度末までに今の職場・担当業務で何を成し遂げるかを考えるワークショップとして行う。

自分の担当業務・課題・年度末までに何をするか・後任者に何を引き継ぐか・そして何を誇りに思えるようになりたいか(自慢したいか)を事前課題として整理してきて、それを初日に吟味しなおし、2日目にはプレゼンとディスカッションを行う。

初日の今日は仕事人として最初の3年がいかに重要か講義をした後、「3年間の棚卸し・ゴールラインを引く」からワークがスタートし、事務局長の講話を聞いた上、自分がストレッチできるようなゴールラインを再設定し、その実現のためのアクションプランを考える。

受講者に特徴的だったのは、仕事の記述の中に「円滑に~する」という表現が多かったこと。やはり事務担当としては「円滑さ」が価値観としては大きいのだろうか。

そしてもう一つは自分の仕事の意味や価値が理解できていなかったこと。

みんなそれぞれ、とても大事な仕事をしているのだが、ワークの中でSSM(ソフト・システムズ方法論)のXYZ公式を使って、自分の担当業務の概要を表現してもらうと、XYZのZ(何のために)が熊大が抱えている経営理念や目的・目標と結びついていなかった。

それぞれ個別に指導する中で「あなたの仕事は大学や社会にとって~という意味があるよね」と表現してみせると、表情がパッと明るくなったり、ハッとしたりしたのが印象的だった。

その後で、ゴールラインを再設定し、アクションプランを立ててもらった。中にはかなり大胆で困難な(つまりBHAGな)目標を立てる人もいて頼もしかった。

明日のプレゼンとディスカッションが楽しみだ。

Img_0252

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/21

黒いなり

Img_0244

昨日の移動でもう一つ嬉しかったのが、念願の「黒いなり」を食べることが出来たこと。

テレビ番組「ランキンの楽園」でかのギャル曽根が44空港の空弁を食べた結果、堂々の二位に入った逸品。番組で取り上げられて以来大人気で、いつも品切れだった。もっとも、このところ私が羽田空港を出る時間帯が夕方~夜ばかりだった、というのはあるが。

開けてみるとギャル曽根も言っていた通り、全てが真っ黒でインパクトがある。黒い色は食用備長炭を使って出しているそうだが、本当に真っ黒。

ちなみに内容はいなり3種(きくらげ&ひじき入り、きんぴら&黒ごま入り、黒豆入り)に付け合わせとして黒たくあん、黒豆の薄衣揚げ。

食べてみると、いなりはどれも皮がジューシーな上、具がそれぞれ良い感じの食感を演出していて、とても美味しい。付け合わせの黒豆の薄衣揚げはそれほどの印象は無いが、黒たくあん(たくあんの醤油漬け)は色、歯ごたえ、味ともにインパクトがあり、この弁当の名脇役になっている。

一食あたりのカロリーは383kcal。食べ応えや腹持ちの割にはカロリーが低い感じがして嬉しい。値段も680円と空弁としては手頃。

羽田を昼頃通過することがあれば、是非お試しを。

Img_0246

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/07/20

JAL東京⇔熊本便 就航30周年

当初予定では、今日は東京の自宅(両親宅)で一日仕事(来週の研修の準備等)をする予定だったんだけど、まだ疲れが取れず頭が冴えないので、今日を移動日にすることにして、搭乗便を変更した。

羽田の搭乗口で待っていると「本日7月20を持って・・・・」。え?また何かのサービスを中止するのぉ?とちょっと心配しながら聞いていると「東京・熊本便が就航30周年を迎えました。それを記念して記念のストラップを搭乗された皆さんに進呈いたします」

おぉ、珍しもの好きの僕にとっては、こういうのはとても嬉しい。

入口でキャビン・アテンダントの方からストラップを受け取る。やった~\(^_^)/。

Img_0243

頂いたストラップはこれ↓。え?デザイン?色?気にしない、気にしない。こういうのは気持ちが大事だよね。でも、いつどこで使おう・・・。

Img_0249

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年7月13日 - 2008年7月19日 | トップページ | 2008年7月27日 - 2008年8月2日 »