« 2008年8月3日 - 2008年8月9日 | トップページ | 2009年1月4日 - 2009年1月10日 »

2009/01/02

「不況さらによし」と「窮すれば通ず」

元日の日経新聞一面の特集記事「世界この先」の中で、「好況よし、不況さらによし」という松下幸之助の言葉が取り上げられていた。危機を新たな製品や技術を生み出す好機と捉えた言葉で、記事によるとこの言葉の正しさは歴史が証明しているという。

例えば
・1907年米国で株価大暴落→1908年T型フォード販売開始→大量生産・大量消費時代に

・1929年の世界大恐慌→1937年米国でコピー機、ポラロイドカメラの原型が登場=「発明ラッシュの1年」、1933年豊田自動織機の自動車部設置(後のトヨタ自動車)

・1945年第2次大戦終了→同年ENIAC(コンピュータの元祖)開発成功

・1979年第二次石油ショック→ソニーが携帯音楽プレイヤーWALKMANを発売
(iPod発売もITバブル崩壊後の2001年)

さて、今回の世界同時不況と金融危機では、何が生み出されるだろう。
様々な分野でのイノベーションが見られることを期待したいが、個人的には、やはり人材開発・人材育成で「新しいもの」が出てきて欲しいと思っている。

激しい環境変化の中、人材開発・人材育成や今まで以上に重要になるとともに、難しくなっていくだろう。予算をはじめとするリソースは削られる可能性があるが、その中でより良い人材を採用し、教育・学習の機会を増やしていかなければならないはずだ。

そうなると、採用活動にしても、研修にしても、職場での学びにしても今までのやり方では立ち行かなくなる可能性がある。企業の人材開発・育成担当部門も、人材開発・育成に関する事業者(就職情報産業、教育サービス事業者など)も、根本的に考え直す必要が出てくるだろう。

しかし、一方で双方の中には「今のままでは良いのか?」という疑問はここ数年持ち続けてきた人も少なからずいるはずで、実際、私もそういう人たちと話し合う機会が多かった。そのような人たちにとっては、今までのやり方を変える好機のはずだ。なぜならば、企業の人材開発・育成関係はどうしても前例に従いがちであり、何かを変えるには多大なエネルギーや、何より「きっかけ」が必要なはずだから。

ここまで書いてきてふと思い出した言葉がある。
それは「窮すれば通ず」。「窮すれば則ち変じ、変ずれば則ち通ず」とも言うそうだ。出典は「易経」。

今年は大変な年になるだろうし、その「大変」も今年一年だけとは限らない。そんな中だけど、いつか未来に「通じる」ことが生まれることを期待して、窮しても下を向かず、そして変わってみることに活路を見出したいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/01

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

2008年は大変お世話になりました。
そして、2009年もよろしくお願いいたします。

今年の抱負は・・・・1年通してブログを更新し続けることです(^_^;)

昨年は8月の初めを境に更新できなくなってしまいました。
今年は、細々とでも更新し続けたいと思っています。
どうぞ、お付き合いのほど、よろしくお願いします。

皆様にとって、素晴らしい2009年であることをお祈りしています。
ちなみに私は丑年生まれ。年男です。
Cowsmarunouchi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月3日 - 2008年8月9日 | トップページ | 2009年1月4日 - 2009年1月10日 »