2005/05/13

こんなところにもPocketPC

050513_174901
JR湘南新宿ラインで見つけた、というか見かけたもの。

かなり体が疲れていたので、ちょっと張り込んで(950円)グリーン車に乗ったら、検札に来たグリーンアテンダントさんの手の中にはPocketPCが。見せてもらうとカシオ製の端末。多分法人向けのCassiopeia E-3100だと思う。
この端末は座席表になっていて、検札をした席をタップすると、席上部のインジケータが赤から緑になる。ワイヤレスLANで繋がっているようだ。
050513_172201

今までだと、JR内で使っている端末は専用品、というイメージだったんだけど、こうやって汎用のデバイスを使ってシステムを組むんだ・・・と思わず「へぇ」。

ちなみにこの席上部のインジケータはSuicaの読み取り機にもなっていて、「Suicaグリーン券」を駅で購入(Suicaにデータ書き込み)をしたSuicaをかざすと、自分で緑にすることができる。こうすると検札は省略されるので、寝ていても起こされることはない。結構便利だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/05

ボトルガムと捨て紙

ボトルガムと捨て紙

ボトルガムが最近流行りだという。デンタル・ケアやリラクゼーションのためにガムを噛む人が増えているそうだが、特にボトルは買い得な上、家庭やオフィスのデスクトップに置いておきやすいため人気が高まっている(ガム全体の3割近い売れ行き)という。確かに知り合いの女子中学生も鞄の中に大きなボトルを入れていて、「みんな持ってますよ」と言っていた。僕も「書斎道具」として買ってみた。確かに机の上にキープしておくにはボトルの方が良い・・・ってお酒みたいだけど。

面白いとおもったのが、「捨て紙」。なんとこれは付箋紙そのもので、写真の通り、貼り付けることもできる。僕自身、手元に捨て紙が無いときに、手頃な紙としてポストイット(いつも沢山持ち歩いている)を使っていたが・・・商品開発した人も同じだったのだろうか。
ということでこの「捨て紙」、付箋紙としても使えて便利・・・・・あれ?(^-^;)

☆モブログ with W21SA☆

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005/04/30

池袋その4 ハンズ「ねこぶくろ」

050430_ent次の目的地、東急ハンズ池袋店へ行くと、まっしぐらに8階へ。
ここには「ねこぶくろ」というコーナーがある。
猫とふれあえるプチ・テーマパークで、大人は600円(但し男女ペアは1000円)、小中学生400円也を払って入場する。

050430_164901

中には猫が放し飼い(猫は普通放し飼いだけど・・・)されていて、好きに触って良い。
今日は20頭が「出勤」しているとのことだったけど、寝ている猫が多かった。妻曰く「猫は普通寝ているものだ」。それにしてもみんなよく寝ていた。8割方の猫は寝ていたんじゃないだろうか。それはそれで寝顔が可愛いからOKなんだけどね。もっとも、寝ているところを起こされて明らかに不機嫌な猫もいた。

そうそう、どうでも良いことかもししれないけど、猫の単位って「頭」だってことを今日はじめて知った。

写真も自由に撮れるが、フラッシュは御法度。(そりゃそうだ。目の前でフラッシュを焚かれるのは誰だってご免だよね)
050430_164001

僕も猫と対話を試みてみたが、眠そうにしていて何も話してはくれなかった。
そりゃあ、眠いときに初対面のオヤジから「こんにちは」って言われても返事はしたくないよね。

猫好きな妻と娘は猫とのスキンシップ(?)にとても満足していたようだ。

ちなみに僕らはやらなかったけど、「おやつタイム」というのがあって、猫におやつをあげられるそうだ。(平日16:30~、土日・祝17:30~)

あ、そうそう。
ハンズでは各フロアで実演なんかをやっていて、見ているだけでも結構楽しめました。

では、猫好きな皆さんのために、今日のショットを何枚か。
050430_164601050430_164701
050430_165201
050430_165401

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池袋その3 ラーメン二郎池袋店

050430_jiro
ジュンク堂からハンズに移動する途中で学生時代に大好きだったラーメン二郎を発見!品書きには「ぶたダブル」の字が!!

もう3時を過ぎていたのにこの行列。僕も並んで食べたかった・・・。次に行ったら必ず食べるぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池袋その1 ジュンク堂の秘密?

05040430_jiunku
「都内を楽しむ」2日目。
今日、選択権を手にした娘が選んだのは池袋。ジュンク堂と東急ハンズに行きたいと言う。
で、まずはジュンク堂。

僕はジュンク堂で確認したいことがあった。

池袋のジュンク堂は僕の周囲の本好きの間ではとても評判が良い。ところが、同じように大量の書籍を集めている丸の内の丸善(オアゾ)は正直なところあまり評判が良いとは言えない。(丸善の方、ご覧になっていたらごめんなさい)僕も日頃は丸善で本を漁ることが多いが、いつも何となく違和感というか居心地の悪さを感じている。

それは何故だろう?と前から疑問に思っていて、今日はその理由を考えてみた。
今日久々に行ってみて確かにジュンク堂の居心地の良さを感じた。
居心地の良さの理由を3っつみつけた。
050430_shoka
第1に書架の高さだ。

丸善の書架はものすごく高くて身長173cmの僕でも上の3段くらいは手が届かないが(2mは遙かに超えているだろう)、ジュンク堂の書架は手が届くくらいの多分190cm程度。ジュンク堂の方が手がすぐ届くし、見た目も本を探しやすい感じがする。

ただし、ジュンク堂の書架は地表面近くまであるため、低いところの本は見にくい。この点では平積みの高さの上に書架が載っている形の丸善の方が良いと思う。

第2にはレイアウトのシンプルさだ。

少し迷路のように入り組んでいる丸善に比べ、ジュンク堂は普通の図書館のようにごくごくシンプルに書架が並んでいる。そのためか、あるいは一つ一つの書架の大きさによるのか、ジュンク堂の方が目指す書架へアクセスしやすく感じた。

また、レイアウトに加え、天井と書架の間に少し空間があるためか、丸善のような妙な圧迫感も無い。

050430_dai
第3に気軽に座れる雰囲気。
050430_chair

ジュンク堂には、背が低い人のための踏み台があるが、これがちょっと座るのにちょうど良い。
児童書のところでは高いところの本を手にした子供がそのまま踏み台に座って本を眺めていた。
それに加えて各階にはジュンク堂のウリでもある椅子や机が沢山用意されている。
かなりの人が座って本を見ていた。
丸善にも椅子は用意されていたと思うけど、気軽に座るという雰囲気ではジュンク堂の勝ちだと思う。


じゃあ、ジュンク堂の方が全ての点で良いか、というと、そうもいいきれない。
先に書いた様に、ジュンク堂には各分類での平積みが無いため、「このジャンルでどんな本が流行かな?」というのは分かりにくかったりする。

僕にとって良い書店の条件は
・探している本が見つかること=品揃えの豊富さとその分類・整理の良さ
・面白そうな本に出会えること=新刊本や注目の本がちゃんとディスプレイされていること
だと思っている。

前者についてはジュンク堂の方が良く、後者については丸善の方が良いように感じている。
居心地の良さももちろん欲しいけど、それは今のところ二の次。
ということで、きっとどちらの店にも通い続けるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/06

ドレミノテレビ

休暇で家に居るときの楽しみのひとつは、普段は見ることが出来ないTVを目にすること。
今日見たのはNHK教育のドレミノテレビ。UA(ううあ)が出演している。

番組冒頭から「ううあだよ~。みんな~げんきかな~?」という、UAらしい独特なノリ(というか抜け方)のトークから始まる。UAらしいちょっとけだるさを感じさせる雰囲気でやっているけど番組Webサイトの「しゅつえんしゃ」によると、ううあは「陽気なうたのおねえさん」だそうだ。きっと、本人はそれなりに頑張って陽気にやっているんだろう。(笑)

陽気さを演出するためか、ものすごく派手な衣装で出演している。(どれほど派手かはWebサイトをご覧下さい。)

ちなみにNHK教育テレビで仕事をしている友人に聞いたところ、この番組の企画を聞いたUAは、自分にお子さんがいることもあり「是非やりたい」と積極的だったそうだ。

「もりの熊さん」「はるがきた」僕たちが子どもの頃から聞き慣れた歌も、UAがあの独特な間合いとハスキーボイス歌うと、とても新鮮に聞こえる。また、共演のパーカッショニストの山口とものパーカッションが絡む「楽しいね」のアフリカンバージョンも楽しかった。

UAの素晴らしい歌唱力(聞き慣れた歌だと歌のうまさが際だつ感じがする)と、「日本廃品打楽器協会会長」としても有名な山口ともが生み出す強烈なリズムを楽しむことができるし、そして、こういったイマドキの演奏によって、僕らも子どもの頃から歌っていたこれらの歌のメロディーや歌詞の良さも再認識できる。

少しだけ、教育面からも見てみよう。
この番組の狙いは
・音楽が いかにいきいきと楽しいものなのか という音楽の本質を感じること
・歌や楽器の演奏によって自己開放・自己表現の素晴らしさを知ること
だそうだ。

今日の番組ではアフリカの人たちが太鼓を叩きながら楽しそうに歌い・踊る映像につづいて、山口とものパーカッションに合わせて「楽しいね」のアフリカンバージョンを出演者と子ども達がものすごいテンションで楽しそうに歌って踊った。その姿を見ると、狙い通りの番組になっているように感じた。

それと、先生向けの「活用のてびき」も良くできている。指導ガイドの他、番組の様子(動画)も見ることができる。教室だけでなく、家庭で親子が楽しむ際にもこの「指導ガイド」は役に立つと思う。それにWebサイトのその他のページも良くできていて、家族みんなで楽しめそうだ。

小学1・2年生むけ音楽の番組なのだが、番組・Webサイトともに、大人も(子どもがいくても)充分楽しめると思う。
放送は水曜の9:00~9:15 再放送はNHK BS2で隔週火曜の午前 4:15~4:30(誰が見るのだろう・・・録画用って感じの枠だよね)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/04/04

青梅をドライブ(5)不思議な「猫かいぐり公園」

20050404_nekokaigurikouen寿々喜屋さんから駐車場(街道沿いに商店会の駐車場が何カ所かあって便利)に行く途中、不思議なスペースを見つけた。「猫かいぐり公園」と書いてある。猫が集会をする公園の様だ。

ここも含めて、青梅の市街はちょっと不思議なものが多い。また来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青梅をドライブ(3)バカボンと映画の街

青梅の市街に入ると、街頭の黄色いフラッグが目に入る。よく見るとそこに書いている何だか見慣れた顔は・・・
青梅市街のフラッグ 「ここがいいのだ」バカボンのパパなのだ。

青梅市街は以前から「シネマチック・ロード」として、街道沿いの色々なところ(多くは普通のお店の壁面)に古い映画の看板のレプリカを飾っていて不思議な雰囲気を演出している。古い映画ファンの僕にはこたえられないものだ。(ただし、いつでも古い映画を見ることができる、というわけでは無いのでお間違いの無いように!)
20050404_cinematic_road_1

最近これに加えて、青梅赤塚不二夫会館が出来た。バカボンのパパがお出迎え。(レレレのおじさんが出迎てくれてもいいような気がするが・・・)
ちなみにその隣は「昭和レトロ商品博物館」。こちらも昭和に育った僕の世代なら涙モノのものが並んでいる。

akatukafujiokaikan

入ろうと思ったら、どちらも月曜日はお休み・・・・残念!やはり青梅観光は月曜日を避けなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/03

鯛を釣ろう

050403_183001福生の幸楽園 浜膳という活魚レストランにて。

いけすから鯛を釣り上げられたらその場で調理する、という企画。

普通の活き造りより千円安い。餌代は百円。餌はエビではないとのこと。
平日の夜だけの企画ということで、日曜日に行った僕らは試せなかった。残念~。

from モブログ with W21SA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/25

巨大生茶@東京駅

巨大PSPでも話題をよんだ東京駅丸の内北口。今度は巨大生茶です。
050325_161801.jpg
(fromモブログ withW21SA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

000_information | 000_お知らせ(旧notebook) | 100_教育・学習 | 110_熊本大学 | 111_教授システム学専攻 | 112_現代GP(elこころ学習) | 113_情報教育 | 114_熊本大学SD(職員の人材育成) | 120_東大先端研&SLC | 121_NPO産学連携推進機構 | 122_日本税理士会知財ビジネスアカデミー | 130_eラーニング | 131_日本eラーニングコンソシアム | 132_日本教育工学会 | 133_CIEC | 134_教育システム情報学会 | 139_sigedu | 140_インストラクショナル・デザイン | 141_授業改善・講師スキル・FD | 142_学習環境デザイン | 150_企業内教育 | 151_教育ビジネス | 151_社会人教育 | 160_キャリア | 170_コンセプトワーク | 180_プレゼンテーション | 190_CS | 200_シスアド稼業 | 210_Linux・Samba | 230_博物館・美術館 | 240_Beatセミナー | 300_身の回りのコト・モノ | 310_萬年筆 | 320_ケータイ(W21SA) | 330_伝統芸能から学ぶ | 390_オモシロイもの | 400_熊本 | 401_熊本土産ミシュラン | 402_お土産ミシュラン@熊本 | 403_熊本ラーメン | 410_秋葉原 | 420_神保町 | 430_丸の内 | 440_福生・青梅・奥多摩 | 450_六本木 | 460_三田線沿線 | 461_三田・田町 | 462_羽田空港 | 500_鹿島アントラーズ | 510_カシマスタジアムの美味・楽 | 600_モータースポーツ | 710_HipHop | 810_アニメ・マンガ | 820_デジタルアート | 830_映画 | 990_ことば | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ゲーム | スポーツ | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 音楽