2007/07/06

明日は七夕

明日の集中授業「ナレッジマネジメント」のために東京に移動するJAL機中で短冊を配っていた。書いた短冊は仙台の大崎八幡宮に奉納してくれるそうだ。僕も一枚頂いた。さて、何を書こうか・・・。少しの間考えてみた、というか考えこんでしまった。

多分、人生やキャリアにおいて、自分にとって望ましい成果を得るには、こういう(短冊に願い事を書く、流れ星を見て願いごとをする・・・)ときに、スパッと願い事が出てくるのが大事だと思うし、数年前の僕であれば、スパッと出てきたと思う。

「自分が叶えたい最大の願い」がすぐに書けなかったのには、いくつかの理由がある。ひとつには願い事が沢山(^_^;)あるということ。そして、ちょうど今、自分の価値観やビジョンを見つめ直しているところだってこと。

結構考えた結果、多分僕の人生がどんな方向に進むとしても、変わらずに大事なこと、ささやかだけど、実現するのは結構大変なことを書いた。それが何かは恥ずかしいのでご容赦を。

皆さんは七夕の短冊一枚に願いを書くとしたら、なにを書きますか?Img_0810


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/19

キャリア開発を知るサイト

今日公開の日経BP社ヒューマンキャピタルOnlineでの連載「人材開発担当者はこのWebサイトをチェック!」では、「キャリア開発を知るサイト」を取り上げてみました。是非ご一読ください。感想なども大歓迎です。

・記事の詳細は以下でご覧になれます。
http://blog.nikkeibp.co.jp/hcl/archives/2006/09/post_26.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/27

スペシャリスト?ゼネラリスト?

銀行に勤めている友人との話。

彼は長く銀行に勤め、今は営業、その前は本社の営業推進部門にいて活躍している。僕から見ると金融のスペシャリストに見えるんだけど、ご本人は「自分はゼネラリスト。何かのスペシャリストにならないと・・・って焦ることもあるんだよね」と言う。こういった「ゼネラリストですみません」的な話は色々な人から聞く。

ここで思ったことが二つ。
第一に、ゼネラリストよりスペシャリストの方が良い、といった世界観が蔓延している感じがすること。
第二に、ゼネラリストかスペシャリストかは、世の中や周囲の人たちとの相対的な関係で決まるものじゃないかってこと。

ゼネラリストよりスペシャリストの方が良いという世界観については、いろいろなメディアが「スペシャリストの時代」みたいな言い方をしすぎるところに問題がある気がする。

でも仮に、スペシャリストばっかりの会社や組織って、きっとギクシャクするだけだと思う。

そもそも、スペシャリストやゼネラリストの定義も良く分からない。
有資格者やすごく狭い領域に突っ込んだ人を「スペシャリスト」って扱うことが多いけど、それだけでスペシャリストって呼んで良いはずは無い。

もっと分からないのはゼネラリスト。
オールマイティな「何をやらせてもすごいなぁ」って人を見ると「これがゼネラリストかぁ」と思うことがある。反面、スペシャリストじゃない「だけ」の人が自分を「ゼネラリストだ」と名乗ることもある。両者は明らかに違うよね。

それに、自称「ゼネラリスト」な人たちって本当にゼネラリストなんだろうか?

よく笑い話にとして「リストラされた部長がハローワークで『あなたは何ができますか?』と聞かれ『部長ができます』と言った」という話がある。文脈としては「ゼネラリストとしての『部長』」を嘲笑しているんだけど、実際にこの部長さんが自分の事を「組織運営のスペシャリスト」って言ってもよかったかもしれない。もっとも、そう言ったとしたら笑い話にはならないだろうけど・・・。

「ゼネラリストかスペシャリストかは世の中や周囲の人たちとの相対的な関係で決まるものでは?」という疑問はは、自分はスペシャリストだと思わなくても端からはスペシャリストって見られること(友人と僕の間の会話みたいに)や、逆に自分はスペシャリストだと思っても周囲が認めてくれないことは結構多いんじゃないかってことから思いついた。

僕自身、会社ではITのスペシャリストって紹介されることが多い。そりゃあ一応上級・初給シスアドや情報セキュアドの資格は持っているけど、僕がスペシャリストって見られるのは会社の中だけの話で、外に出たら恥ずかしくてとてもITのスペシャリストだなんていえない。それでも社内でスペシャリストだと見られるのは、他の人の苦手意識とというメガネがそう見せているだけじゃないか、って気がしている。

ちなみに、ITのスペシャリストって紹介されるより、教育のスペシャリストって紹介される方がはるかに嬉しいんだけどなぁ・・・・。

それはだておきゼネラリストとスペシャリスト、もう少し考えてみたい。
もっとも、考えた結果、「この分類にはあまり意味がない」ってことになるかもしれないけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

000_information 000_お知らせ(旧notebook) 100_教育・学習 110_熊本大学 111_教授システム学専攻 112_現代GP(elこころ学習) 113_情報教育 114_熊本大学SD(職員の人材育成) 120_東大先端研&SLC 121_NPO産学連携推進機構 122_日本税理士会知財ビジネスアカデミー 130_eラーニング 131_日本eラーニングコンソシアム 132_日本教育工学会 133_CIEC 134_教育システム情報学会 139_sigedu 140_インストラクショナル・デザイン 141_授業改善・講師スキル・FD 142_学習環境デザイン 150_企業内教育 151_教育ビジネス 151_社会人教育 160_キャリア 170_コンセプトワーク 180_プレゼンテーション 190_CS 200_シスアド稼業 210_Linux・Samba 230_博物館・美術館 240_Beatセミナー 300_身の回りのコト・モノ 310_萬年筆 320_ケータイ(W21SA) 330_伝統芸能から学ぶ 390_オモシロイもの 400_熊本 401_熊本土産ミシュラン 402_お土産ミシュラン@熊本 403_熊本ラーメン 410_秋葉原 420_神保町 430_丸の内 440_福生・青梅・奥多摩 450_六本木 460_三田線沿線 461_三田・田町 462_羽田空港 500_鹿島アントラーズ 510_カシマスタジアムの美味・楽 600_モータースポーツ 710_HipHop 810_アニメ・マンガ 820_デジタルアート 830_映画 990_ことば ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング ゲーム スポーツ パソコン・インターネット 学問・資格 心と体 携帯・デジカメ 映画・テレビ 書籍・雑誌 音楽