2006/08/13

ブレイブ・ストーリー

先日、話題の(というか宣伝を良く見る(^_^;))アニメ映画「ブレイブ・ストーリー」を見てきた。

原作は宮部みゆき。彼女はこの原作で「誰かが、このままではいけないから世界を正しい方向に変えてゆこうと思い立ったとき、 目的さえ正当なら、手段を選ばなくてもいいのか?」という問題を提起し、「世界を変えるのか、世界を受け入れるのか?」 「世界の現状をありのままにとらえ、その中で成長していく『勇気』を描きたかった」といっている。(パンフレットより)

どちらも、今の社会を活きる我々にはとても重要なことだと思う。そして、願い事のためなら何をやってもよいのか?」 という問いを主人公や登場人物が何度も何度も繰り返すことで、この意図はよく伝わった。

が、あまり繰り返されすぎて、正直なところ、ちょっとお説教臭くなってしまっている感があった。

その一因だと思われるのが、ストーリーの飛び方。3巻にもなる原作を2時間に収めるために、 ストーリーはかなり端折ったものになっているように感じた。実際、宮部みゆきも「とても長い話ですので、 テレビアニメになればいいなぁと思っていたので、劇場用映画と聞いたときには驚きました」と言っている。長編テレビアニメとして丁寧に、 そしてゆっくりと進んだら、もっと面白い作品になるだろうな、と僕も思った。

一緒に見に行った娘(小学6年生)も、あとでパンフレットを見ながら「あれ~?私居眠りしてたのかなぁ?」と言っていた。実際には居眠りはしておらず、 単に映画以外の情報もパンフレットに書いてあっただけなのだが・・・。ちなみに僕はほんの少しだけ居眠りをしたが、 その間にものすごくストーリーが進んでしまった。

また、「CGを使った」というご自慢のアニメも、表現的には劇場版のエヴァンゲリオンを思わせるようなものが多く、 新味が感じられなかった。

ということで、僕はこの作品を他の人に勧められない。ただし、娘は「良かった」と言っていたので、家族で (家族サービスとして)見に行くには良いかもしれない。

それと、宮部は原作を書くときに「ゲームの中でプレイヤーとして育ててみたくなるような、 動かしてみたくなるような個性や特徴を持たせよう」思ったそうだ。それが原作の人気の秘密だとすると、 ここ数日藤本さんに教えてもらったゲームの魅力に通じるものがありそうだ。

映画に消化不良感があった分、原作を読みたくなってみた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

000_information | 000_お知らせ(旧notebook) | 100_教育・学習 | 110_熊本大学 | 111_教授システム学専攻 | 112_現代GP(elこころ学習) | 113_情報教育 | 114_熊本大学SD(職員の人材育成) | 120_東大先端研&SLC | 121_NPO産学連携推進機構 | 122_日本税理士会知財ビジネスアカデミー | 130_eラーニング | 131_日本eラーニングコンソシアム | 132_日本教育工学会 | 133_CIEC | 134_教育システム情報学会 | 139_sigedu | 140_インストラクショナル・デザイン | 141_授業改善・講師スキル・FD | 142_学習環境デザイン | 150_企業内教育 | 151_教育ビジネス | 151_社会人教育 | 160_キャリア | 170_コンセプトワーク | 180_プレゼンテーション | 190_CS | 200_シスアド稼業 | 210_Linux・Samba | 230_博物館・美術館 | 240_Beatセミナー | 300_身の回りのコト・モノ | 310_萬年筆 | 320_ケータイ(W21SA) | 330_伝統芸能から学ぶ | 390_オモシロイもの | 400_熊本 | 401_熊本土産ミシュラン | 402_お土産ミシュラン@熊本 | 403_熊本ラーメン | 410_秋葉原 | 420_神保町 | 430_丸の内 | 440_福生・青梅・奥多摩 | 450_六本木 | 460_三田線沿線 | 461_三田・田町 | 462_羽田空港 | 500_鹿島アントラーズ | 510_カシマスタジアムの美味・楽 | 600_モータースポーツ | 710_HipHop | 810_アニメ・マンガ | 820_デジタルアート | 830_映画 | 990_ことば | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ゲーム | スポーツ | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 音楽