2011/09/06

明日(9/7)オンラインのランチョンセミナーに登壇します

いや~、またまた超久々の更新になってしまいました。皆さん、お元気ですか。

明日、9月7日(水)12:00-12:50に熊本大学eラーニング推進機構のeラーニング授業設計支援室で定期開催している「ランチョンセミナー(第103回)」に登壇します。

このセミナーはAdobe Connect を使ってオンラインでの参加(視聴+チャットでの発言)も可能ですので、熊本以外に在勤・在住の方もご参加いただけます。もちろん熊大関係者以外も大歓迎です。

明日の私のお題は「マイケル・サンデル『白熱教室』のスタイルを検討する」です。

去る8月6~8日に開催されたCIEC(コンピュータ利用教育学会)全国大会で、NHKテレビや書籍類で「白熱教室」として紹介された、ハーバード大のマイケル・サンデル教授が行う「正義論」の授業のスタイル(インタラクティブな講義形式)を検討する同じタイトルのパネルディスカッションが行われ、私(北村)もパネリストとして参加しました。

そこで発表した「『白熱教室』でどのような動機付けがされているか」等の話題の提供や、どのような議論があったかというご報告をします。

よろしければ、ご参加ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/18

あなたも参加できる「教育政策ネットワーク」

教授システム学専攻の教員のひとりである大森不二雄教授が西村和雄京都大学教授
(経済研究所長)とご一緒に「教育政策ネットワーク」というWebサイトを立ち上げら
れました

このWebサイトは、教育が目に見えて改善させるための具体策を提言するもの
で、我が国が直面している閉塞感を打破し、活力があって格差が無い日本を創る礎は
教育をおいてほかない、という認識がその源となっています。

http://www.education-policy.jp/

そしてこのサイトは一方的に大森先生や西村先生の主張を述べるだけのものでは
なく、それらの政策提言に対して「投票」できるようになっています。

投票の結果(=政策への支持)が政策提言活動に活かされていくでしょうし、も
しあまり投票されない政策があれば見直されることもあると思われます。また、
コメント機能もありますので、提言に対する意見や自身の考えも述べることができます。

その意味で、来訪者が政策提言に参加できるサイトと言えるでしょう。
ちなみに、数がまとまったら投票結果を公開するようです。

まずは、政策に投票してみませんか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/08/06

e-Learning World2日目

今日はe-Learning Worldの2日目です。
初日の昨日は沢山の皆様に展示ブースに来ていただきました。ありがとうございました。

今日は16時~ビジネスセッションで専攻の紹介をします。
http://www.elw.jp/business.html#bs-10

場所は会場を入って右奥です。
この時間帯には鈴木専攻長をはじめとして、東京に来ている教授陣やスタッフが勢揃いします。
是非お越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/29

「熊本大学 国際セミナー」開催のお知らせ

今日もイベントのお知らせです。
皆さん、お誘い合わせの上ご参加ください。

----------------
「熊本大学 国際セミナー」開催のお知らせ

拝啓 時下益々御清祥のこととお慶び申し上げます。

 熊本大学が昨年度より開催している「国際セミナー」では、高等教育の
国際化をテーマに、海外から招聘した専門家による講演を行っております。
今回のセミナーでは、大学が国際競争力を高めるためには必須とされる国
際産学連携について、英国リバプール大学を事例として講演を開催します。
 英国有数の研究大学であるリバプール大学は、米国の大手教育企業
Laureate Educationとの包括的連携により、100%オンラインの大学院教育
をグローバルに提供しています。英国初のeラーニング学位課程を開始し、
2003年に最初の修了者2名を出した後、急激に規模を拡大し、現在、約180
か国から3,000人以上が学んでいます。分野は、経営、IT、法律、公衆衛生
等であり、修了者には修士号(MBAを含む)が授与されます。
 この講演は、2002年から2008年9月までリバプール大学の学長を務め、
オンライン大学院教育の推進にリーダーシップを発揮した、
ジェームス・ドラモンド・ボーン卿(Professor Sir James Drummond Bone)
を講師に迎え、国際産学連携によるeラーニング戦略について、経営戦略、
IT戦略、国際戦略等の観点を交えつつ、成功の条件を示唆いただきます。
 多くの皆様のご参加をお待ちいたしております。
                               敬具
 (注)本セミナーでの使用言語は英語です。(通訳あり)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 180か国から3,000人以上が学ぶオンライン大学院をいかに実現したか 
  - 英国リバプール大学の国際産学連携によるeラーニング戦略 -
    前リバプール大学長  ジェームス・ドラモンド・ボーン卿
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆日 時 :2009年8月11日(火)15:00-17:00
◆会 場 :キャンパス・イノベーションセンター東京(東京都港区芝浦3-3-6)
http://www.kumamoto-u.ac.jp/syakairenkei/sankangakurenkei/chitekizaisan/tokyo_riezon.html
◆参加費 : 無料
◆申し込み:下記URIより事前登録をお願いします。
 http://gp.gsis.kumamoto-u.ac.jp/i_collabo/

------------------------------------------------------------------
主催:国立大学法人 熊本大学
実施:教授システム学専攻・eラーニング推進機構
・総合情報基盤センター・大学教育機能開発総合研究センター
e-mail: office@ield.kumamoto-u.ac.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/06

CIEC 2008PCconfernce(初日)

今日から8日までCIEC(コンピュータ利用教育協議会)の全国大会であるPCカンファレンス。今回のテーマは「創発する学び」。場所は慶應のSFC(湘南藤沢キャンパス)で、ここに来るのは6年ぶりくらいになる。

初日の今日は基調講演1・2、シンポジウム、イブニングトークという構成になっている。

基調講演1は会長である佐伯胖先生の「学習学ことはじめ~勉強から学びと共感へ~」。「上から読んでも学習学・下から読んでも学習学」で始まった先生の講演は「学習の主導権を学習自身のものとして学習を捉える考え方」である「学習学」の提案。

教師は「うまく知識伝達する人「=「うまく勉強させる人」という「教え主義」の教育から脱し、「教師は学習者と横並びになって、文化的実践をともにし、面白いことを見つけ合い一緒に面白がる人」という「共感的参加型」の学習を提案されていた。

エピソードとして印象的だったのが、浮世絵に描かれる親子は何かを一緒にみている共同注視が多く、古来、日本は親子で共視する文化を持っていて、今の日本は「あの人が見ているのと同じように私も見ている」という感覚の重要性を忘れているのではないか?というお話だった。

講演の最後は「いまこそ、学びにおける能動的共感性の回復を!」というスライドで締めくくられていた。

基調講演2は熊坂賢次 慶應義塾環境情報学部教授の「SFCの挑戦:「未来からの留学生」から未来創造塾へ」。SFCがこれまでにやってきたこと、そしてこれからやろうとしていることをご紹介いただいた。

SFCの当初コンセプは「未来からの留学生」で「21世紀に役立つ知」を20世紀に学ばせようとするものだった。
そして、今のはコンセプトは「未来創造塾<21世紀福沢塾>」。いままでの大学が作ってきた基本的な仕組みを根底から突き崩し、教員にすら分からないものに挑戦しようとするもの、。そこでの教育は当然、知識伝授ではなく、教員と学生と職員が一緒になって考えていくものであり、学生はそのためのパートナーだというお話が印象的だった。

シンポジウム1は「プロジェクトを通じた学びとメディア環境」がテーマで私も出演し、熊本大学教授システム学専攻で行っている「eラーニング実践演習」の事例を紹介した。

プロジェクトを通じた学びについて妹尾先生@東大の司会のもと、熊坂先生、長岡先生@産能大、松沢先生@静岡大と議論していった。

一言でプロジェクト型の学習といっても、私たちがやっているeラーニング実践演習のように割とかっちりデザインして実務能力を高めようとするものから、何をプロジェクトとするかから学習者に考えさせ、学習者の創造力を育もうとするものまで様々であり、学びの目的によって、やりかたも変わってくるというのが結論といえば結論。

私にとっては、私がやったことが無いタイプの「緩い」プロジェクト型学習の事例や考え方を聞くことができたのが大きかった。

夕方からはイブニングトーク。これはPCカンファレンスの名物みたいなもので、立候補したモデレータが話題提供し、それについてお弁当を食べながらワイガヤをするもの。私が参加したのは妹尾先生@東大が提唱した「授業法研究会を立ち上げませんか」で、中学校~大学院の教員、企業の方、研究者らが20人集まり、授業について、プレゼンテーションについてなど様々なことを語り合った。この先、「授業法研究会」を立ち上げることになり、アップルコンピュータの坂本さん、北大の石村さんと一緒に私も幹事の一人になった。

ということで初日は終了。また明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/01

eラーニングワールド3日目

eラーニングワールドも今日が最終日。

私にとっては昨日「見どころ」でお知らせしたように、今日は朝からあちこちをバタバタ移動する一日だった。

まず、午前中はeラーニングカンファレンス特別セミナーで「ICT時代の人材育成に貢献する「eラーニングプロフェッショナル(eLP)資格制度」のプレゼン。

午後は、展示会場ステージプログラムで、「最終日だよ!e-Learning祭り!」の第三部「来場者参加!e-Learningスクランブル!「e-Learning」の現状、課題を来場者とともにディスカッションする90分」に出演。
司会は(株)プロシーズ代表取締役の花田隆典さん。パネラーは(株)アプライドナレッジ 代表取締役 小島政行 さん、(株)ネットラーニング代表取締役社長の岸田 徹さん、(株)デジタル・ナレッジ代表取締役社長のはが弘明さん、学びing株式会社代表取締役社長の斉藤常治さんという蒼々たるメンバー。

このセッションでは、参加者にケータイでアンケートに答えてもらい、その結果を見ながら、みんなで議論した。

ちなみに質問と結果を書くと
Q1:eラーニングワールドの参加回数は?
   始めて12人、2回目5人、3回目4人、4回目9人

Q2:eラーニングワールドは期待通りだったか?
   期待以上2人、期待通り19人 不満9人 やや不満3人

Q3::e-Leaningの学習端末は今後何を利用したいですか?
   パソコン14人 携帯電話16人 iPhone4人 ゲーム機2人

Q4:e-Leaning Worldはこれからの教育の形を変えると思いますか
   劇的に変わる5人 多少変わる18人 それほど変わらない7人 まったく変わらない1人

Q5:e-Leaningの将来に可能性を感じますか?
   非常に感じる14人 多少感じる12人 それほど感じない3人 まったく感じない1人

ディスカッションの内容の報告は端折らせてもらい、セッションを通じて私が発言したこと・したかったことをかいつまんで書かせてもらうと・・・・

1.これからの企業内の人材育成、パフォーマンスアップをより良いものにする上でICTは欠かせないはず。企業の経営にICTが欠かせないのであれば、経営活動のひとつである人材育成やパフォーマンスアップにもICTは欠かせないはずから。ただし、今のいわゆる"e-Learning"と同じ形とは限らない"e"というものをユーザもベンダーももっと柔軟に考えていくべきだろう。

2.eラーニングベンダーにはもっと個性的な商品を求めたいし、展示会でももっと個性を打ち出して欲しい。正直なところ、どこの商品やサービスも、ユーザの視座からは大同小異にしか見えない。また、展示会をユーザとの対話の場と考え、自分の商品やサービスを一方的に売り込むだけでなく、ユーザの声を聞いて、解決策(それを「ソリューション」って言うんだよね!)を考える場にして欲しい。

3.その1や2を実現するには専門人材が不可欠なはず。熊本大学の教授システム学専攻やeLCのeLPでそのための取り組みをしているので、是非活用して欲しい。

まあ、最後は宣伝だけど・・・何はともあれ、結構楽しい90分だった。

ところで、熊本大学ブースにも沢山のお客様に来ていただいた。500部用意した最新情報のパンフレットが今日の午前中には全てはけてしまったくらいで。

ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。
是非、来年1月には願書を出してください!よろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/07/31

eラーニングワールド3日目(8月1日)の見どころ?

またまた、だますような(^_^;)タイトルですみません。

明日の私の出番は2つです。

午前中は11:30から「ICT時代の人材育成に貢献する「eラーニングプロフェッショナル(eLP)資格制度」というプレゼンをeLP委員会の寺田委員長や青学の権藤さんとにぎやかに(^_^;)行う予定です。
午前中~お昼あたりに来る方は、是非お立ち寄りください。
場所は東京ビッグサイト 会議棟6F会議室です。
http://www.elw.jp/conference/seminar.htm

午後は展示会場ステージプログラムで、14:30~16:00に「最終日だよ!e-Learning祭り!」の第三部「来場者参加!e-Learningスクランブル!「e-Learning」の現状、課題を来場者とともにディスカッションする90分」に出演します。私以外はeラーニングベンダの社長さんばかりなので、いったいどうなることやら・・・。

皆さん、煽りに来てくださいね!お祭りですから。

それ以外の時間は熊本大学の展示ブースに居る予定です。皆さん、お気軽にお立ち寄りください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eラーニングワールド2日目その3

そして今日は恒例の船遊び。

eラーニングワールドに来ている熊本大学の教職員、院生、関係者、お友達(^_^;)などが集まり、屋形船での宴会を楽しんだ。

イーラーニングコンソシアムの小松会長(本専攻の非常勤講師も勤めていただいている)に乾杯の音頭をとっていただき、「大宴会」が開催。Img_0312_2


途中、お台場のフジテレビ前で停泊し、かき氷を食べながら夜景を楽しむという粋な計らいもあり、皆、大いに楽しんだ。
Img_0319

ちなみに晴海に上陸したあとは、月島のもんじゃで二次会。
昨年同様、江戸情緒を楽しみまくる一夜になった。

来年も何かやれるといいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eラーニングワールド2日目その2

カンファレンスの中原さんとのセッションが終わると、名刺交換の行列ができている中原さんを置き去りにして(ごめん!中原さん)、展示会の会場に駆け戻る。

夕方には教授システム学専攻のビジネスセッションがあり、その準備をしなくてはならない。
「初の修士の声を聞く」パートで私と掛け合いをしてくれるNTTラーニングシステムズの中西さんと軽く打合せをしたり、一緒にプレゼンをする鈴木先生や喜多先生からPowerPointのファイルを受け取ってまとめたり・・・とバタバタと準備をした。

夕方最後のセッションにもかかわらず、かなりお客様に来ていただき、しかもそのお客様の多くが顔見知りでは無い方で嬉しかった。

ご来場いただいた皆様、中西さん、一緒にプレゼンしていただいた大森・鈴木・喜多先生、ありがとうございました。
Img_0293

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eラーニングワールド2日目その1

eラーニングワールド2日目の今日は大忙し。

朝からブースで設営やら説明をしたあと、午後の前半はeラーニングカンファレンスセッションG-1中原淳さんの「「成果」につながる企業人材育成のあり方は!?」の司会。

カンファレンスの司会の役割はセッションの進行。セッション中も中原さんと細々と打ち合わせながらペース配分をしたり、マイクを向ける人を決めたり・・・ってことをしていました。しょっちゅう組んでいる中原さんとなので、「いつもの」ペースでいけて、やりやすかったけど。

それと、最後の質疑応答で質問が出なかったら自分が質問しなくちゃいけないので、結構真剣に中原さんのプレゼンを聞いて、突っ込みどころを探していました。結局、質問者がいたので突っ込まずにすんだけど。
え?その「突っ込みどころは何?」って。それはナイショです。(^_^;)

Img_0283

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

000_information | 000_お知らせ(旧notebook) | 100_教育・学習 | 110_熊本大学 | 111_教授システム学専攻 | 112_現代GP(elこころ学習) | 113_情報教育 | 114_熊本大学SD(職員の人材育成) | 120_東大先端研&SLC | 121_NPO産学連携推進機構 | 122_日本税理士会知財ビジネスアカデミー | 130_eラーニング | 131_日本eラーニングコンソシアム | 132_日本教育工学会 | 133_CIEC | 134_教育システム情報学会 | 139_sigedu | 140_インストラクショナル・デザイン | 141_授業改善・講師スキル・FD | 142_学習環境デザイン | 150_企業内教育 | 151_教育ビジネス | 151_社会人教育 | 160_キャリア | 170_コンセプトワーク | 180_プレゼンテーション | 190_CS | 200_シスアド稼業 | 210_Linux・Samba | 230_博物館・美術館 | 240_Beatセミナー | 300_身の回りのコト・モノ | 310_萬年筆 | 320_ケータイ(W21SA) | 330_伝統芸能から学ぶ | 390_オモシロイもの | 400_熊本 | 401_熊本土産ミシュラン | 402_お土産ミシュラン@熊本 | 403_熊本ラーメン | 410_秋葉原 | 420_神保町 | 430_丸の内 | 440_福生・青梅・奥多摩 | 450_六本木 | 460_三田線沿線 | 461_三田・田町 | 462_羽田空港 | 500_鹿島アントラーズ | 510_カシマスタジアムの美味・楽 | 600_モータースポーツ | 710_HipHop | 810_アニメ・マンガ | 820_デジタルアート | 830_映画 | 990_ことば | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ゲーム | スポーツ | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 音楽