2008/01/12

授業法第3回

20080112jugyouhou
今日は、日本弁理士会知財ビジネスアカデミーの「授業法(基礎)」 。全4回のコースですが、今回、僕は第3回・第4回の模擬授業のコメンテータとして登板。

今日は、本物の学生を前にした模擬授業の1回目で、授業のガイダンスを行い、学生さんたちには「この授業を受講したいか?」といった評価(投票)をしてもらうというもの。

今回、気づいたことは・・・
実務家としての自分のアピール不足
「弁理士の~です」と講師自己紹介をする人が多いのだが、そもそも学生の多くは弁理士という仕事が分かっていないので、自己紹介後も講師を見る目が変わらないことが多い。実務家教員としては「こんな仕事をしていて、こんな実績があります」「こんな修羅場をくぐりました」といったことをアピールし、学生から畏敬の眼差しで見られるようになりたいものです。

グループワークが大流行
模擬授業の中で、シラバスを配布し、どのような授業を展開するかを説明するのですが、「グループワークを取り入れ・・」という人が多かったのが特徴的でした。この模擬授業では「100人を対象とした知的財産概論」を題材としてるため、グループワークは容易ではない(不可能では無いにせよ)のですが、そこを安易に考えてしまった人が多かったようです。

ただ、これは学校現場でも同じでFDの議論でも「双方向の授業をしよう、だからグループワークを取り入れよう」ということをしばしば耳にします。もちろん、それも間違いでは無いのですが、グループワークが崩壊したときの悲惨さが分かっているのかな?とか、講義だって十分双方向にできるのに・・・と思うことが少なくありません。

もしグループワークをするなら、それが何故必要か?グループワークが最善な方法か?実現可能か?リスクマネジメントは?他の手段は無いのか?といったことを考え抜く必要があると思います。

この「授業法」でも「グループワーク」選択の妥当性を考えてもらうと同時に、代替手段を考えていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/09

2007年版「授業法」初日

今日(6月9日)は、ここ数年取り組んでいる「授業法」研修の初日。今年の「授業法」も昨年同様、日本弁理士会知財ビジネスアカデミー(通称「知ビアカ」(^_^;))の一科目として行われる。

この研修はサブタイトル「大学等で知財科目を教える人の必須科目」の名の通り、弁理士や企業の知財部員の皆さんが、大学で知財を教える際に必要な授業設計、シラバスの書き方や授業の進め方を4日間に渡って学んでもらうものだ。大学の経営学部で「知財概論」を教える、というケースに従い、自分なりに授業を組立て、実際に模擬授業を実施する。

このシリーズはすでに4年間やっているけど、修了者の中にも実際に非常勤講師や教員として大学で教える人が増えている。

今年の「授業法」ではテキストを一部改訂することにした。ここ半年で熊大と大分大で教員向けにインストラクショナルデザインのワークショップを行ってきた。そこで得たノウハウをオリジナルテキスト「シラバスの書き方」に反映させた。

初日は、事前課題として「シラバスの書き方」を読んだ上で自分なりに書いたシラバスを持参してもらい、そのシラバスについて受講者の相互コメント+妹尾先生と僕によるコメントで叩き、学んでもらうというプログラム。

去年までは体裁が整っていなかったり、一見してシラバスの体を成していないものが殆どだった。で、それは分かっていながら敢えてそこから「シラバスって何?」といったところ教えることにしていた。つまり、ある種「確信犯」的に不親切なテキストにしていた(去年までの受講者の皆さん、ごめんなさい!)

が、今年はそのレベルは事前に解決してもらい、初日からシラバスの中身に入るように
今年の受講者から出てきたシラバスは、テキスト改訂の結果かなり体裁は整ってきて、一見すると良さそうに見えるものが多くなった。ただし、中身は「このままじゃ授業は出来ないか、出来ても大変」というものが殆ど。

その原因としては・・・
1.授業の「出口」(学習目標)と「入口」(前提知識)が明確になっていない。そのため、最終的にどこに向かうかが自分にも分からなくなったり、あれもこれも押し込んで肥大化してしまったり、逆に必要な学びが欠けていたりする。

2.授業の経験が無いため、90分で収まらない一コマの計画を立ててしまったり、学生に過大な期待をしてしまたり(ちゃんと予習と復習をしてくれるだろう、とか)して、現実性に欠けてしまう。

このあたりのことは、「多分、一度シラバスを書いてみて、叩かれてみないと分からないだろうな・・・」ということで、まさにこの研修を通じて学んだもらいたいことだ。

次回までにシラバスを改訂してきてもらうことになっている。
どんなふうに改善されてくるか、とても楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/16

学生って怖い(?)

今日(12月17日)は東京は秋葉原にある日本弁理士会アキバウイングで日本弁理士会知財ビジネスアカデミーの「授業法(基礎)~大学で知財科目を教える人の必須科目~」第3日。今期は学会などと重なってしまったため、3日目からの登板となった。

初日・二日目はシラバスの試作とクラス内での吟味・議論をする。そこでの議論を知るために、事務局から提出されたシラバスと受講者間の相互評価の結果を書いたフィードバックシートを送ってもらった。興味深かったのは、学習目標や成績評価が曖昧なものは、「Q1.この先生の『知的財産概論』を履修したいと思いますか?」という評価項目についての点数が低かったこと。やはりしっかりしたシラバスは、その科目の魅力にも直結するようだ。

20061216jyugyouhohou
さて、3日目は授業法名物、本物の学生による授業の評価が行われる。受講者は科目の第一回の冒頭10分、つまり科目のガイダンスを行う。通常、この部分を聞いて学生はその科目を履修するかどうかを決める。今日も、「この授業をを履修したいか?」「友人に履修を勧めるか?」「社会人になったときに役立ちそうか?」といった項目について,「学生役」として集まってもらった本物の学生10人から評価してもらう。

今日、学生からのコメントで興味深かったものをいくつか並べると・・・。


<履修したいと評価した学生のコメント>
・講師の人間性に魅力を感じ、授業を聞いてみたいと思った。
・この科目は楽勝そうなので、MLで友人に「単位もらえそうだぜ」と勧めようと思った。
・何人かでローテーションして代返し、毎時間の資料さえゲットすれば単位が取れそう。
・大学の先生からは聞けなそうな、現場の話が聞けそうで勉強になりそう。

<履修したくないと評価した学生のコメント>
・事実の羅列だけの授業はつまらない。何かを語りかけてくれないと。
・(携帯を身近な知財の例として挙げた受講者に)携帯は身近すぎて話題性がない。
・講師の人間性は魅力なんだけど、話が論理的じゃないので聞く気になれなかった。
・大学の普通の先生と同じでつまらなそうだから、履修する気になれなかった。

学生の怖さを受講者は痛感したようだ。
ちなみに「大学の普通の先生みたいでつまらない」という発言が結構多かった。う~む・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/23

「授業法基礎」研修第3日

20060923jyugyouhou
今日は「授業法基礎」の3日目。授業法名物(?)になってきた、本物の学生さんたちを前にした模擬授業を行った。

講師役の受講者は、自分が担当する経営学部の選択科目「知的財産概論」の第一回授業の冒頭10分間を行う。第一回の授業は、通常履修申告前のオリエンテーションを行い、学生はそのオリエンテーションを聞いて、履修するかどうかを決める。学生は、その授業が受けるに足るものか、担当教員が学ぶに足る人かを吟味する。

そのため、受講者は科目の設計と授業の進め方の両方を問われることになり、「授業法」研修としてはデザイン面とプレゼン面の両方をチェックできるということになる。

受講者は模擬授業を行った後、今日来ている8人の学生から「この科目を履修したいか」「この科目は単位がとりやすそうか」といった11の項目についての評価を聞き、コメントをしもらう。ここで受講者は自分の行った授業が学生からどのように評価されるかを知ることとなる。

今日の学生さんたちは結構厳しくて(遠慮なくコメントしてね、と妹尾先生や僕が頼んだこともあり・・・「単調で眠くなりそうだった」「何を伝えたいのかが分からなかった」といった辛口のコメントが連発された。

学生としては、単位や成績が取りやすいかどうか、単位や成績をとるにはどうしたらよいか、というものが最大の関心事なんだけど、それだけではなく、知的好奇心を満たしてくれるか、将来役に立ちそうか、といったこともかなり意識していた。つまり単位や成績をとるための楽勝科目か、楽勝じゃないけど気合をいれてみっちり勉強する科目かを品定めしている、というわけ。

今日の研修を終えて、学生さんたちに総評をしてもらったら、「先生たちがこんなに準備しているんだ、ということに驚いた」というものと「うちの大学の先生たちよりもよほどきっちり準備をしているし、われわれ学生のことを考えてくれている」といったコメントが多かった。(苦笑)

いずれにせよ、受講者にとっては「学生は甘くない」ということを痛感した一日、そして学生さんたちも「プレゼンや人にものを伝えるということの難しさ、面白さ」を学べた一日になったようだ。僕にとっても、受講者にコメントしながら、自分の授業やプレゼンはどうかな?という省察や「そうか、いまどきの学生ってこうなんだ」と再認識することができた一日になった。参加してくださった皆さんに感謝です。

ちなみにこの「授業法基礎」の研修はもう一日あり、次の回では、科目の中の任意の回の任意の10分、それも自分がもっとも得意とする「十八番」の部分を模擬授業として行い、今日と同じように学生さんたちに評価してもらうことになっている。僕は熊本大学の集中授業の日と重なっているため参加できないが、きっと今日と同じ、いやそれ以上に楽しく・激しい学びの一日になるだろう。頑張ってください!>皆さん

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/10

日本弁理士会 アキバウイング教室の秘密

僕が登板させて頂いている「授業法基礎」をはじめ、「知財ビジネスアカデミー」の会場になっているのが、日本弁理士会 アキバウイングの教室だ。この教室には秘密ががある。階段教室なのに床はフラットなのだ。
Jugyouhou0909_001
受講者が増えると階段教室の方が、講師から受講者の顔も見えるし、なによりディスカッションや質疑応答でお互いの顔が見えるので、研修や授業はやりやすい。ところが階段教室にすると、レイアウトは固定されてしまい、グループワークをやるときには不便で、グループワークのために他の部屋に移動したり、受講者に無理な姿勢を強いたりすることになる。

このアキバウイングの教室は、机と椅子の高さに差をつけてあり、フラットな床の上にそれを配置している。そのため、階段教室といえども、人数などに応じて大きさを変えることができるし、グループワークをするときには、机と椅子を簡単に並び替えることで、グループ毎に簡単に分かれることができる。とても使いやすい。Jugyouhou0909_002

この教室になれてしまうと、フラットな教室で受講者が見えないことや、階段教室でレイアウトを帰られないことがとても不自由に思えてくる。

経験的には、座席や機材を作り込んだ研修会場や教室って、案外使いにくいし、機材の陳腐化にも対応できない。教室にはフレキシビリティが大事な気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/09

「授業法基礎」研修第2日

今日は日本弁理士会 知財ビジネスアカデミー2006年度前期『授業法(基礎):大学で知財を教える人の必須科目』 研修の第2日。初日の議論やフィードバックをもとに、改善してきたシラバスを発表し、また受講者や妹尾先生、僕からのフィードバックを受け、議論をした。

今日、自分でコメントしていて気付いたのは、自分なりにだいぶ「大学の授業」のイメージが出来るようになってきたということ。

例えば、受講者が出してきた各回の予定が90分でこなせるか、教室内で行なう課題提出や議論にどれくらいの手間が掛かるか、シラバスに書いてある採点基準で実際に採点する時に困らないか・・といった授業の実施上の問題点について直感的に分かるようになり、大学特有の問題点(単位付与のしかた等)もかなり指摘できるようになってきた。去年はというと、もう少し一般的なインストラクションの話が精一杯で、ちょっと自分に不満だった。

たぶん、、この一年、実際に大学で授業をやってきたことと、熊大の授業改善のプロジェクトで沢山のシラバスを読んだり学生からの授業アンケートや教員からの授業の悩みを見てきたからだろうと思う。

コメントは受講者→僕→妹尾先生の順で言っていくが、受講者の皆さんのコメントや質問、僕のコメントを補足してくれる妹尾先生のコメントからまだまだ学ぶことは多い。この授業法は僕にとってもとても勉強になっている。まさにLearning by Teachingって感じだ。

次回もまたいろいろ学べると思うと楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/26

「授業法基礎」研修初日

今日は日本弁理士会 知財ビジネスアカデミー2006年度前期『授業法(基礎):大学で知財を教える人の必須科目』 研修に講師登板。 この研修は、サブタイトルの通り、大学で知財を教える人に、教育の考え方、授業のデザインなどを学んでもらうための研修で、 妹尾先生と一緒に研修のデザインやインストラクションをして4年目になる研修だ。

「授業・研修のしかた」というと、つい「話し方」「生徒の指し方」といったノウハウ面に終始しがちだが、 この研修ではデザインをメインとし、実際に模擬授業をしてもらうなかでノウハウ面にも触れていくようにしている。

受講者は弁理士さんと企業の知財部員がメインで、多くの皆さんは企業や学校などでの授業・研修経験がある。そして、今後、 大学等で教える予定がある方ばかりだ。

今日は初日で、まず妹尾先生から教育に対する考え方についての講義のあと、事前課題として課せられていた「知的財産概論」 のシラバス案を受講者の皆さんに発表してもらい、それに受講者や講師(妹尾先生と僕)からコメントし、問題点が何か、 改善の方向性について議論した。

「経営学部の3・4年生向けに」「知的財産概論を」「2単位15回の授業で」「約100人のクラスで」といった条件に対し、 11人の受講者が、内容や授業の進め方が全く異なるシラバスを作ってきた。弁理士や知財部員といったも、 ぞれぞれ異なった専門分野を持っているためだが、それにしても同じ「知的財産概論」とは思えないほどのバリエーションだった。

これらのシラバスをインストラクショナル・デザイナーとしてのの目からすると

  • 目標が高すぎて現実性が無かったり、目標と各回の内容と評価(テスト)が不一致
  • 実現可能性に問題があり、授業の実施が困難そう

といったものが多かった。

だいたい、はじめて大学のシラバスを書く実務家・専門家はこれらの問題を抱えることが多い。 自分の専門分野を教えることへの情熱が強く、もちろん、それはとても大事なことなのだが、情熱の強さゆえに、 つい高望みをしてしまうことが多いためと、やはり研修や授業に関する経験が少ないためだろう。

次回(2週間後)までにどのような改善がなされるかが楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/21

日本弁理士会「授業法基礎」第2日

今日は一日、日本弁理士会の皆さんと「授業法基礎(大学で知財を教える人への必須科目)」通称「授業法」の授業(第2回)をしている。

場所は秋葉原クロスフィールドの中にある日本弁理士会東京分室。秋葉原のど真ん中なんだけど、何故か無線LANもなければ、PHSも不安定・・・。ということでオフ書きしなくてはならない典型的な(^_^;)シチュエーションで、コメントでe-Lerninger浦嶋さんにお勧めいただいたunicast Bloggerを早速使ってみている。

今年の「授業法」では、「ある大学の理工学部から、3・4年生の選択必修授業『知的財産概論』を依頼された受講者が、シラバスを書き、教授会でそれをプレゼンし他の受講者+妹尾先生+僕の質問やコメントに応対し、実際に模擬授業をする」というシナリオで、インストラクショナル・デザインの基礎や授業の方法、講義のスキルなどについて学んでいただいている。

受講者は、大学や大学院で授業をしていたり、今後授業をする予定・可能性がある弁理士さん、弁護士さん、特許庁の方、企業の知財部員とバラエティに富んでいる。楽しく、そして激しく授業が進んでいる。

今日は、受講者の皆さんに「教授会」ので「知的財産概論」のWhy(なぜその授業をするのか、学生にとっての学ぶ理由は?)とWhat(何を学ばせるのか)をプレゼンしていただき、ディスカッションしていった。

同じ知的財産を、同じ理工学部の3・4年に、それも選択必修で・・・という条件下でも、様々なアイディアや考え方があり、講師個人の想いと思いこみ(^_^;)で授業を組み立てがちだということが受講者の皆さんにも理解してもらえたと思う。

今は、休憩時間。これからグループワークをし、WhyとWhatの議論を深めていただくことになっている。もちろん、グループで一つの結論を出すのではなく、お互いの相似と相違を見いだすことで、各自の考えをブラッシュアップしてもらうと同時に、自分の「思いこみ」を修正してもらうのが目的だ。

おっと、授業再開の時間だ。

ただいま休憩中

| | コメント (1) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

000_information | 000_お知らせ(旧notebook) | 100_教育・学習 | 110_熊本大学 | 111_教授システム学専攻 | 112_現代GP(elこころ学習) | 113_情報教育 | 114_熊本大学SD(職員の人材育成) | 120_東大先端研&SLC | 121_NPO産学連携推進機構 | 122_日本税理士会知財ビジネスアカデミー | 130_eラーニング | 131_日本eラーニングコンソシアム | 132_日本教育工学会 | 133_CIEC | 134_教育システム情報学会 | 139_sigedu | 140_インストラクショナル・デザイン | 141_授業改善・講師スキル・FD | 142_学習環境デザイン | 150_企業内教育 | 151_教育ビジネス | 151_社会人教育 | 160_キャリア | 170_コンセプトワーク | 180_プレゼンテーション | 190_CS | 200_シスアド稼業 | 210_Linux・Samba | 230_博物館・美術館 | 240_Beatセミナー | 300_身の回りのコト・モノ | 310_萬年筆 | 320_ケータイ(W21SA) | 330_伝統芸能から学ぶ | 390_オモシロイもの | 400_熊本 | 401_熊本土産ミシュラン | 402_お土産ミシュラン@熊本 | 403_熊本ラーメン | 410_秋葉原 | 420_神保町 | 430_丸の内 | 440_福生・青梅・奥多摩 | 450_六本木 | 460_三田線沿線 | 461_三田・田町 | 462_羽田空港 | 500_鹿島アントラーズ | 510_カシマスタジアムの美味・楽 | 600_モータースポーツ | 710_HipHop | 810_アニメ・マンガ | 820_デジタルアート | 830_映画 | 990_ことば | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ゲーム | スポーツ | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 音楽